はじめに

風邪は冬には注意はするものの、夏風邪は軽視されやすいのですが、夏バテが気になり出す頃に一気に夏風邪を引いてしまうことがよくあります。
風邪の原因となるウイルスは200種類以上あり、夏には一部のウイルスが活性化することによる夏風邪特有の症状があり、夏の風邪は長引き厄介だといわれています。
夏風邪の症状・前兆・対策を知っておきましょう。


 

夏のウイルスは高温多湿が好き

夏風邪の主なウイルスは

アデノウイルス
エンテロウイルス
コクサッキーウイルス

これら夏風邪のウイルスは、「高温で湿度の高い」環境を好みます。

冬の風邪の主なウイルスは「コロナウイルス」「RSウイルス」「インフルエンザウイルス」など「低温で乾燥」を好みます。
 

夏風邪の主な症状

夏に活動的になるウイルスは、エンテロ=(腸)、アデノ=(のど)という意味です。
夏風邪の主な症状は

  • 発熱(高熱)
  • のどの痛み
  • 腹痛
  • 下痢


その他、くしゃみ、鼻水、頭痛などもありますが、冬の風邪より、鼻水などは比較的少なく、のどや胃腸系にくるのが特徴です。
特にエンテロウイルスが腸で急速に増殖します。「夏風邪はお腹にきやすい」といわれるのはそのためです。


 

子どもの夏風邪トリオは大人にも要注意

アデノウイルス・エンテロウイルス・コクサッキーウイルスがもたらす、子どもの代表的な夏風邪には

手足口病=コクサッキーウイルス・エンテロウイルス
ヘルパンギーナ=コクサッキーウイルス
咽頭結膜熱(プール熱)=アデノウイルス

があり、この3つは夏風邪トリオともいわれ、夏季には子供の間に流行することで知られています。
これらは、熱、のどの痛み、口内炎、発疹、水泡、腹痛、下痢、結膜炎なども発症します。

合併症を伴うなど重症化することがありますが、近年、子どもの夏風邪は大人にも流行しています。

夏風邪の前兆

・のどの違和感
・食欲不振
・だるさ、疲労感
・寒気
・熱っぽい

このような前兆が見られたら夏風邪一歩手前です。すぐに悪化することが多いため要注意です。
 

夏風邪対策のポイントは?

多湿・不潔に注意

夏風邪のウイルスは多湿で不潔なところを好みます。以下のことに注意しましょう。

▶湿気を取る
夏風邪ウイルスは湿気が高い環境で繁殖しやすいため、湿気を取り除くことが大切です。
特に頭から腰にかけて汗をかきやすい布団の下に、除湿シートを敷くなどの湿気対策をしましょう。

▶ダニ対策
ダニは呼吸器系に影響を与えます。布団や室内の丹念に掃除し、ダニ防止グッズなども利用してダニを繁殖させないようにしましょう。

▶皮膚を清潔に
汗ばんだ皮膚に夏風邪ウイルスが付着するため、シャワーなどで皮膚を清潔にしましょう。
 

日常の予防策

手洗い、うがいの徹底、目薬も利用して目のほこりを洗い流す
十分な水分補給、脱水対策 
冷房病、クーラーの冷えすぎに注意。エアコンは26度~28度に
のどの乾燥に注意
お腹を冷やさない(腹巻などの利用)
睡眠不足にならないようにする  
人ごみではマスクで予防する

特に夏は、屋外と室内の温度差など、毎日の積み重ねで、体力、免疫力が低下しやすいため風邪をひきやすく一気に悪化します。
思いがけなく長引くことが多いため、夏風邪対策はしっかりとすることが大切です。
 

発酵食品でウイルスから腸を守る

夏風邪予防はバランスの良い食事がとても大切ですが、中でも夏風邪ウイルスは腸で増殖しやすいため、発酵食品を摂りましょう。
特に、キムチ、納豆、ぬかづけ、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品は、
腸からのウイルス感染を防ぐ働きがあります。
毎日の食事に取り入れて、腸からのウイルス感染を防ぎましょう。

 

さいごに

風邪は年間を通して一番かかりやすい感染症ですが、風邪は万病の元といわれるように、油断するとひどく長引いたり、他の病気に発展することも多いため、夏風邪にも家族みんなで十分注意したいですね。