はじめに

プール熱は正式には「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」といい、プールの水を介して集団感染することが多いため、「プール熱」とも呼ばれています。
5歳以下の幼児に多く感染しますが、大人のプール熱も流行しています。

6月から徐々に流行しはじめ、7月~8月にピークを迎えます。
感染力が強く、家族みんなで感染してしまうケースが多いため注意が必要です。


 

プール熱の大人の感染経路は?

感染経路は主に「飛沫感染」と「接触感染」です。
大人の主な感染経路は

・プール熱にかかった子供をマスクを着けずに看病する
・タオルを共有している
・おむつ交換の時など便に触ってしまう

など、感染した子どもの唾液や目やに、便などを介して人から人へ移るため、プールに入らなくても感染します。

 

潜伏期間は5日~7日。症状が治まった後も2週間は注意

プール熱(咽頭結膜熱)の原因は、アデノウイルス(主に3型、4型、7型)による急性ウイルス性感染症です。
ウイルスに感染後、5日~7日の潜伏期間の後発症します。

アデノウイルスは、症状が治まった後も、ウイルスが2週間は排泄物に残っているといわれる程感染力が強いウイルスのため、周囲に感染させてしまうケースが多いのです。

 

プール熱の症状は?

❏高熱
38~40度の高熱が出ることから発症します。
熱は3日~5日続きます。首のリンパ節に腫れと痛みを伴うこともあり、普通の夏かぜよりも熱が下がりにくいのが特徴です。

のどの痛み
発熱と共に、のどが腫れて痛む「咽頭炎(いんとうえん)」の症状が出て、咳を伴うこともあります。

結膜炎
結膜に炎症が起きて赤くなり、目やにが多く涙が出やすくなります。
眼症状は片側から始まり、やがてもう一方にも表れることが多いようです。

その他症状
鼻水、頭痛、食欲不振、全身倦怠感が見られ、また胃腸炎を起こして腹痛や下痢をすることもあります。
熱やのどの痛みによる食欲不振で脱水症状になることもあります。

 

大人と子供の症状は違うの?

大人の症状は、子どもより軽いと思われがちですが、大きく違いはありません。
個人差はありますが、若干、大人の場合は、結膜炎の症状は軽く、のどの腫れや痛みが強く出る傾向があります。

高熱も出るため、熱とのどの痛みがあれば、同じく食欲不振や脱水症状にも陥りやすいため、油断は禁物です。

 

ピーク前から家族で感染予防のレクチャーを!

以下の対策を家族みんなで守りましょう。

  • 流水でせっけんによる手洗い、指もしっかり洗い、うがいもする
  • プールに入ったらシャワーを浴びて、うがいも忘れずに
  • 感染者がいる場合、マスクをして寝室も別にする
  • 家族でタオルの共有はしない
  • 洗濯物も別に洗う
  • 子どもの下痢から感染することがあるため、感染者の汚物処理は使い捨て手袋を使用する
  • トイレはアルコール消毒をする


 

さいごに ~欠勤せざるを得ない~

プール熱(咽頭結膜熱)は、学校保健法では第二種伝染病に位置づけられており、主な症状が無くなった後2日を経過するまで出席停止とされています。
大人に出勤停止の義務はありませんが、感染した際は職場の人にうつしてしまうことがあるため、マナーとしては大人も欠勤せざるを得なくなるでしょう。
まずは子どもに感染させないこと、自分が感染しないために予防策を実行するなどして、プール熱を子どもの病気と軽視せず予防しましょう!

image by Photo AC
image by Photo AC