免疫力を強化して風邪ウィルスを寄せつけない!

免疫力を強化して風邪ウィルスに負けない体づくりをしましょう。

免疫力を上げるには栄養バランスの摂れた食事、水分補給。十分な休養と睡眠。体温を上げるための運動。が必要です。

風邪予防に効果的な食事


風邪予防にはタンパク質やビタミン類をどんどん摂りましょう。ただ、風邪にかかってしまった時は栄養をとることはもちろん大切ですが胃腸も弱っています。
たまに「体力をつけるために焼き肉!」なんて人もいますが消化機能が落ちているので胃腸に負担のかかるようなものはやめて消化のいいものを摂るように心がけましょう。

風邪予防に効果的な栄養素

●たんぱく質 肉、魚介類、卵、乳製品、豆類など
豚肉はビタミンB1も入っているので風邪予防の強い味方です。
風邪をひいてる時に食べる場合は胃腸に負担をかけないように脂っぽくならないように気をつけて下さい。

●ビタミンC ほうれん草、春菊、小松菜、ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、イチゴ、かんきつ類、さつまいも、キウイ
ビタミンCは免疫力を高めるにはかかせません。できれば風邪をひく前に多めにどんどん摂取してください。
さつまいもは熱してもビタミンCが壊れないのでこれからの季節にオススメです。

●ビタミンA ほうれん草、春菊、小松菜、にら、水菜、にんじん、かぼちゃなど
ビタミンAもCと同様に免疫力を高めてくれる大事な栄養素です。

●ビタミンB群 豚肉、とりにく、豆腐、納豆、サバ、イワシ、牛乳、しめじなど
体のだるさや疲れを回復してくれたり、免疫力を高めたり、粘膜や皮膚を保護する作用があります。


食材を見ているとなんだかお鍋が浮かんできます。体をあたためてワイワイお鍋を囲むことは風邪予防にとっても効果的ということですね。
お鍋は風邪予防にもってこいのレシピです!

 

体温を上げて体の免疫力を高めましょう。

運動や普段の生活で体を冷やさないように気をつけましょう。

その際、いくつか注意点があります。

・普段運動不足の人はこの時期にいきなりジョギングなど慣れない激しい運動を始めることはオススメできません。
寒い時期ですので普段より筋肉がずっと硬くなっているので筋肉を痛めたりケガをしやすくなります。
呼吸を深くして自律神経を整えるヨガや、ウォーキングなどの軽い有酸素運動をしましょう。

・汗で体を冷やさないようにしましょう。運動した後はすぐに汗を拭いて着替えて下さい。

・過度な厚着は体温調節機能を低下させるので気をつけて!!
特に屋内と屋外の寒暖差が激しいと自律神経が狂いやすくなるので気温に合わせて調節できるような服装にしましょう。
厚着しすぎて汗をかいて逆に体を冷やしてしまう可能性があります。


 

まとめ


これから秋が深まれば冬が来ます。年末年始は忙しくなり風邪なんてひいてられないという人も多いと思います。
楽しい季節です。おいしいものを食べて体を動かして風邪はできるだけ門前で食い止めるようにしましょう。
以下の記事も風邪の予防についてご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!