梅雨の湿気で繁殖する健康被害続出のカビがいる!アスペルギルスって?

6月に入り、じめじめした梅雨になると体調を崩す人が増えるといいますが、もしかしたら風邪ではなくカビのせいかもしれません。
「アスペルギルス」というカビは身の回りにも存在するもので、吸い込むと花粉症のようにアレルギー反応が出ます。
はじめ、軽い咳から始まり、微熱が続き、長期間吸い続けると、アスペルギルスは人間の体温を好むので気管支に住みついて組織を破壊し、最悪は呼吸不全に陥り死亡することもあります。

病院の診察時に普通の風邪と区別がつきにくく見逃されることも多いので重症化するケースも。
最近になって厚生労働省もこのアスペルギルスの危険性に対して予算を組み、全国で調査が行われているそうです。

 

アレルギー体質・喘息の経験がある場合は要注意!


image by Photo AC

アスペルギルスは吸い込み過ぎると誰でもアレルギーが出てしまう可能性がありますが、特に注意が必要なのは、アレルギー体質の人や過去に喘息を患った経験がある人です。
梅雨時期にせき、濃い色のタン、微熱の症状は要注意です。
心配な場合は病院で血液検査をすればアスペルギルスが原因かどうかわかるので医師と相談してください。
 

カビ【アスペルギルス】を吸い込まないようにするには?アスペルギルスは部屋のどこにいる?

カビといったらジメジメしたお風呂場やキッチンを思い浮かべる方も多いと思います。
カビはカビなのですが、アスペルギルスとは種類が違います。

アスペルギルスが住み着いてる所


image by Photo AC

  • 押入れ
  • ベッドの下
  • タンスの隙間
  • エアコン
  • 掃除機のダスト

     

アスペルギルスを追い出す方法!

少しの湿気でなおかつ湿気が逃げにくい所を好みます。
このカビ菌を逃がす為にも部屋を風通し良くしておき、ベッドやタンスは少し壁から離して置いた方がいいでしょう。
梅雨時期は窓を開けるともっとジメジメするんじゃないだろうか・・・と思うかもしれませんが、梅雨時期でも窓を開けた方が湿気が逃げていくので、換気しましょう。
専門家によると掃除機のダストは週に一回取り換えてるとそれだけでも清浄化されるそうです。
これからのシーズンでエアコンを使用することも増えてくることと思いますが、このエアコンこそが絶好の住処となってる場合が多いので大掃除が必要ですね。
シーズン中もできれば週に一回フィルターを掃除し、窓は開けるようにしましょう。
 

まとめ

普通のカビとは別の種類の「アスペルギルス」はエアコン、ベッドの下、タンスの隙間、押入れ、掃除機のダストに潜んでいて、知らずに長期間吸い込むと重篤な症状になってしまいます。
特にアレルギー体質の方は注意が必要ですので、梅雨時期にせき、痰、微熱が続くようでしたら病院での血液検査をオススメします。
最近注目され出したこの危ないカビ菌は、他にもアスペルギルスによる食中毒などの健康被害も出ているそうです。
対処法は部屋の風通しをよくし、こまめにエアコン、掃除機のダスト部分の掃除が必要となります。


image by Photo AC