赤ちゃんはよく下痢をするといわれますが、ミルクが原因の可能性があります。

赤ちゃんの大切な栄養源であるミルクや牛乳、乳製品が原因で下痢が続くとしたら、ママにとっても赤ちゃんにとっても大変ですよね。

また大人でも、牛乳や乳製品を取ると、下痢になってしまうという方もいると思います。

この症状を「乳糖不耐症」といい、母乳や乳製品に含まれる乳糖を分解することで起こります。

この記事では、「乳糖不耐症」の症状や原因、対策について解説します。

 

乳糖とは?

乳糖とは哺乳類の乳汁に含まれている成分で、ラクトースと呼ばれており、ミルクや牛乳に含まれる糖質です。

乳糖は糖類の中では腸内の細菌の繁殖を助けて、エネルギーの消化吸収を良くする作用があります。

消化酵素によってブドウ糖とガラクトースに分解されて、初めて体に吸収されます。

乳糖不耐症の症状

乳糖を分解する消化酵素(ラクターゼ)が欠乏すると、乳糖は分解されず消化吸収できなくなります。

吸収されない乳糖は小腸を通過して大腸に入り、腸内細菌によって発酵します。乳糖を含む食品を摂取した後、30分から2時間程度で急激な便意が起こります。

子どもの場合は下痢を起こし、成人では、下痢に加え、ガスが溜まる、腹部の張り、胃けいれん、吐き気、腸がゴロゴロ鳴るなどの症状があります。

便の状態は、水様便(水っぽい便)や酸性便(すっぱい臭いの便)になります。

乳糖不耐性の原因

乳糖不耐症の原因には先天的なものと後天的なものの2つのタイプがあります。

①先天的なもの

生まれつき乳糖を分解する消化酵素(ラクターゼ)が欠けているため、母乳やミルクを飲み始めてすぐに下痢を繰り返します。この状態が続くと、栄養が吸収されず、体重が増えません

また脱水症状や発育障害を起こすこともあります。

母乳やミルクを飲み始めてすぐに水様便や酸性便を繰り返す場合は、早期に対処する必要があります。なるべく早く小児科を受診しましょう。

②後天的なもの

乳糖不耐症のほとんどは後天的なもので、ウイルスや細菌による急性胃腸炎が原因の一つです。

腸の粘膜に炎症が起こり、機能が低下するため、一時的に消化酵素(ラクターゼ)の分泌が悪くなります。そのため水様便や酸性便を繰り返します。

急性胃腸炎のあとなどに起こるものは、「2次性乳糖不耐症」と呼びます。

後天性の場合、粘膜の機能が回復すれば、症状が改善します。

 

乳糖不耐症の対策法

赤ちゃんの場合

ミルクは赤ちゃんの大切な栄養源です。乳製品が消化できないとからといって、むやみに摂取をやめると栄養不足になってしまいます。

対策としては、次のような方法があります。

・一時的に母乳、ミルクを止めてみる

・乳糖分解酵素を、母乳やミルクを飲む前に服用したり、母乳やミルクに混ぜてみる

・乳糖を含まないミルク(ラクトレス、ボンラクト、ソーヤミルクなど)に変えてみる

特殊なミルクは薬局で購入できますが、先天的なものか、後天的なものかも含めてまずは診断を受けましょう。

ミルクを切りかえる必要があるか、どの方法がいいか、自己診断せずに、医師の指示に従いましょう。

便の回数や色、におい、状態などメモをしておくといいでしょう。

成人の場合

成人の場合も、乳糖を含む食品、主に乳製品を避けるようにし、乳糖分解酵素を使用したり、乳糖を減らした牛乳を摂取してください。

カルシウムが不足するので、小魚や海草、豆腐や納豆、緑黄野菜などのカルシウムをたくさん含む食材を積極的に食べましょう。

おわりに

今回は、乳糖不耐症について紹介しました。乳糖不耐症はとくに赤ちゃんに多く見られる症状です。

赤ちゃんは下痢をしやすいといっても、原因や病気によって対処法が違います。赤ちゃんの主食であるミルクや牛乳が原因になることも、知っておきましょう。