秋の体調不良は秋バテが原因かも?

お盆休みが終わると、暦の上では夏から秋へと移り変わります。
日に日に秋の気配が漂ってくるかと思いきや・・・暑い!
近年の日本は9月でも猛暑日が続くなど、ひと昔と比べて長期の間、私たちの体は暑さで酷使され続けます。

秋といえば、食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋など、楽しいことが目白押し!
それなのに・・・
「過ごしやすい季節のはずなのに、体が思うように動かない」
「食欲不振や頭痛といった体調不良が気になる・・」
9月〜10月の過ごしやすくなった頃に、そんな悩みを持つ方は「秋バテ」かもしれません。

秋バテは放っておくと免疫力低下を招きます。
免疫力が下がると冬に流行する風邪やインフルエンザにかかりやすくなるので、軽視せず対策をしましょう。

そこで今回は、季節の変わり目の体調不良の原因となる秋バテの症状、原因、対策から薬まで、秋バテに関するすべてを解説します!

目次

⒈秋バテの症状
2.秋バテの原因
3.秋バテ対策:食事編
4.秋バテ対策:生活リズム編
5.秋バテの治療と薬(漢方)

秋バテの症状

秋バテは夏バテの症状とよく似ています。
夏バテのおもな症状は、食欲不振と全身のだるさや倦怠感ですが、秋バテは肩こりや抜け毛などのさらに具体的な症状も現れます。

暑さが落ち着いてきたのに、なんとなく調子が悪いなと感じたら秋バテの可能性があるので、気をつけましょう。

秋バテのおもな症状は、以下の通りです。

だるい(倦怠感)/疲れが取れない/思考力や集中力の低下
食欲不振/胸やけ・胃もたれ
肩こり/頭痛/めまい・立ちくらみ
眠れない
抜け毛(夏の間に頭皮が紫外線を受けた影響)

秋バテの原因

夏バテの一番の原因は冷たいものの取りすぎで体のバランスを崩すことですが、秋バテの原因は、季節の変わり目で起こる自律神経の乱れが大きいといわれています。

自律神経が乱れるとストレスを溜めやすく、体にさまざまな不調をきたしてしまいます。
では、なぜ自律神経が乱れるのでしょうか。おもな原因を確認しておきましょう。

季節の変わり目:気温の変化

自律神経の働きに大きく影響を与えるもののひとつに、気温があります。
これは自律神経には気温変化に対応して、体温調節や代謝の働きを調整する役目があるためです。

夏の間、私たちは35度近くある屋外と、エアコンが効いて25度前後になった屋内という10度近い気温差の中を行ったり来たりしています。
これが少しずつですが、確実に体、そして自律神経に負担を与えているのです。

近年秋バテが増加している理由として、ひと昔前と比較して長期に渡って連続する猛暑日や、真夏の平均気温が高くなったため、知らないうちに体を酷使していることが挙げられます。

夏の疲れが抜けないまま秋に突入すると、季節の変わり目による気温の変化で、自律神経の負担はさらに増加。
屋内外の変化だけではなく、朝と夜という時間帯ごとの気温差にも対応するうちに、自律神経が乱れてしまうのです。

秋の気候:低気圧

夏や冬の高気圧が多い天候に対して、春や秋は低気圧の日が多くみられます。
低気圧による空気中の酸素濃度の低下に体を対応させるため、またしても自律神経の負担が増加します。
さらに酸素が薄いことによる息苦しさで呼吸が乱れることも、自律神経が乱れる引き金を引いてしまいます。

また低気圧は、血管を拡張させ、リラックスモードの自律神経である副交感神経を優位にします。
そのため、倦怠感や思考力や集中力の低下を招きやすいのです。

食生活:食べ過ぎ

普段の食事も秋バテに大きく関わっています。
冷たい食べ物や飲み物ばかり食べるといった夏の食生活をいつまでも続けていると、胃が冷えてしまい、消化機能の低下を招きます。

その一方で「食欲の秋」にも要注意。
食べ過ぎを繰り返していると、胃液が過剰に分泌されてしまい、胸やけや胃もたれの原因となります。

秋バテ対策:食事編

秋バテにおすすめの対策「食事編」を紹介します。

秋バテ対策1)まずは予防から!夏の食事をチェック

夏は食欲不振や、イベントによる食べ過ぎ・飲み過ぎなど、食生活が乱れやすい傾向にあります。こうした食生活が胃腸に負担をかけ、夏バテからそのまま秋バテを招く原因となっていきます。
今からでも遅くありません。以下の点を心がけましょう。

●1日3食、できるだけ同じ時間帯に食事を摂る
●ゆっくり噛んで食べる
●汗で排出されやすいミネラルを積極的に摂取する

秋バテ対策2)秋バテ解消におすすめの食べ物

秋バテのとき意識的に摂取したいのは、体を温める食べ物とビタミン・ミネラルが豊富な食べ物。どちらも免疫力向上の効果が期待できます。

●体を温める食べ物・・・しょうが(根しょうが)、にら、ねぎ、唐辛子

●ビタミン・ミネラルが豊富な秋の食べ物・・・かぼちゃ、さつまいも、さんま、鮭、梨など

秋バテ対策3)冷たい飲み物さようなら!ホットドリンクを飲もう

温かい飲み物による体温上昇は、自律神経を整えるほか、胃腸の消化機能や血流を改善する効果があります。

そこで、朝はコップ1杯の白湯を飲みましょう。
また、食事の献立に根菜をコトコト煮込んだスープを加えることもおすすめです。

ただし、ホットコーヒーなどカフェイン入りの飲み物は、胃酸の分泌を促すので避けるほうが良いでしょう。
どうしても飲みたいときは、食事中や食後に飲むようにします。

秋バテ対策4)「いたわり茶」で胃腸をケア

ふだん飲んでいるお茶にひと工夫くわえるだけで、夏バテ改善と秋バテ対策の「いたわり茶」になります。
そこで、胃腸の機能を助けるとともにストレスも緩和する組み合わせを紹介します。
漢方や薬膳において、自身の体質・体調・好み、そしてその日の天候で変える”ひと工夫”が重要であるように、いたわり茶も調整してみましょう。
なお、ブレンドのさじ加減はお好みで。

■緑茶+レモングラス
緑茶の旨味成分テアニンは心と体をリラックス状態に導き、ストレスを緩和させます。
レモングラスは東南アジアの料理に欠かせないハーブだけあって、夏バテで弱った胃腸の働きをサポートしてくれます。

■麦茶+ルイボスティー
ビタミンやミネラルがたっぷりの麦茶は夏に欠かせない飲み物です。
抗酸化作用が強いルイボスティーを加えることで、イライラでたまった活性酸素を除去。強い日差しでダメージを受けた肌も、体の内側からケアします。

■紅茶+クコの実+ナツメ
血流を改善し楊貴妃も愛したというクコの実と、​胃腸の働きを整え体を温めるナツメは、手軽に入手できる薬膳食材。紅茶との相性もぴったりです。

<入れ方>
湯呑やティーカップにクコの実とナツメを入れておきます。
そこに熱々の紅茶を注ぎ、約10分蒸らします。(小皿などで蓋をしてください)
ほどよく軟らかくなったクコの実とナツメは食べられ、紅茶にもほのかに甘みがうつって子どもから大人まで飲みやすい味です。

秋バテ対策:生活リズム編

ここは普段の生活で気をつけることのできる、秋バテ対策を紹介します。

秋バテ対策5)まだまだ活躍中のエアコン対策

夏のピークが過ぎてもエアコンを使う人は多いと思います。
ここで注意したいのが、屋外との気温差です。その日の気温をチェックし、屋外と屋内の気温差が5度以内になるよう、心がけましょう。

下半身の冷えは胃腸の機能低下を招きます。
オフィスなどで自分で室温を調整できなかったり、肌寒いと感じたときは、ひざかけやカーディガン、靴下などでこまめな体温調節をすることも大切です。

秋バテ対策6)階段昇降から始める運動習慣

運動不足は体内循環を悪化させ、疲労物質を溜めこむ原因になります。
「エスカレーターやエレベーターの代わりに階段を使う」「電車では立つ」といった、ちょっとしたことから意識的に体を動かしていきましょう。

1番おすすめなのは、20~30分程度のウォーキング。
大股で早歩きするのがコツです。運動習慣を取り入れることで、自律神経の機能が改善されます。
ただし、暑さが残っている中での運動やウォーキングは、適度な水分補給も忘れないでください。

秋バテ対策7)秋バテの疲れはお風呂でリフレッシュ

夏はシャワーで済ませていた人も、秋バテ対策のためにゆっくり入浴時間をもうけましょう。
寒くない季節は、38~40度のぬるめのお湯に20分ほど浸かるのがおすすめです。

湯船に浸かることによって副交感神経が優位になり、血流改善や質の良い睡眠、胃腸の機能向上の効果が期待できます。
湯船の中でマッサージをすると、より効果的なのでぜひ実践してみてください。頭皮マッサージも忘れずに。

秋バテ対策8)朝イチに日光浴を

秋バテ対策、最後は睡眠です。季節の変わり目に眠れない人は多いのではないでしょうか。
不眠を解消し、質の良い眠りを得るために朝イチで日光浴を行いましょう。

時間の目安は30分。この間にウォーキングをしたり、何もせず太陽の光を浴びるだけでも充分効果があります。
太陽の光には睡眠ホルモン・メラトニン分泌を助ける働きがあるので、スムーズに眠りやすい体作りを助けます。

秋バテの治療と薬

秋バテは、夏バテと同様「この症状が出たら秋バテ!」と明確なものはありません。そのため病院へ行った場合、頭痛が取れないなどの症状があれば鎮痛薬が処方されますが、多くの場合は様子をみるか漢方薬で治療をします。

私たちの体は温まることで血流が改善し、筋肉も柔軟になります。
血液に溶け込んだ酸素や栄養素は体の隅々まで運ばれて、細胞レベルで健康な体を生み出していくのです。
ところが夏の食生活では、キンキンに冷えた飲み物、かき氷にスイカ、うどんやお蕎麦も冷たくして・・・と、無意識のうちに冷たいものを口してしまいがちなので、体の内側が冷えてしまっています。

漢方では「温」(温め作用)で機能を回復させ、足りなくなった体力を補充する生薬を組み合わせた薬をつかっていきます。

内臓の冷えを改善し、機能を高める漢方薬を症状別に紹介します。

夏疲れタイプ:補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

日頃から体力に自信がない、ストレスを抱えやすく胃腸の働きも弱い、疲れやすい方に用いられる漢方薬の代表です。
しっかり休んだはずなのに気力と体力が回復せずだるい、食欲もないという「夏疲れ」の改善に。

ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒

冷え&ストレスタイプ:安中散(あんちゅうさん)

日頃から冷えやすく、さらに胸焼けやげっぷなど虚弱体質の胃トラブルが出やすい方に用いられる漢方薬です。
冷えやすい体質にもかかわらず、暑さに負けて冷たいものを摂り過ぎて胃がちゃぷちゃぷする方、ストレスも重なって胸焼けが続いている「冷え&ストレス」の改善に。

ツムラ漢方安中散料エキス顆粒

むくみ&下痢タイプ:六君子湯(りっくんしとう)

日頃から疲れやすく、すぐに胃腸の働きが影響を受ける、嘔吐や下痢を起こしやすい方に用いられる漢方薬です。
蒸し暑いと特に下半身がむくみやすい、げっぷがよく出る、食べ過ぎると嘔吐や下痢をしやすいため体力も落ちる一方の「むくみ&下痢」の改善に。

ツムラ漢方六君子湯エキス顆粒

さいごに

近年の猛暑日の増加は、秋の訪れを遅くするだけでなく、私たちの体の機能を低下させます。
秋バテの症状が現れたら、対策を行いましょう。そして秋バテの症状が長引く場合は、病気の初期症状の可能性があります。
不安に思った場合は、ためらわず医師に相談するようにしてくださいね。
冬のインフルエンザや風邪に対抗するためにも、体作りを意識しておきましょう。