脱水症状とは水分や塩分が不足して頭痛、めまい、吐き気などを起こすこと。
脱水症状が悪化すると、意識障害などの重い症状や命の危険まで起こす可能性もあります。

高齢者の体は、成人や子どもよりも脱水症状を起こしやすい状態にあります。高齢者は脱水症状を起こしていることに自分も周囲も気づかないことも多いので、そのまま熱中症につながり命を落とすケースも多くあります。

高齢者がご家庭にいる場合は、家族全員で脱水症状の注意点や予防対策を確認し、脱水症状を起こさないように気をつけていきましょう。
この記事では脱水症状の原因や治療法、取るべき対策まで紹介します。

脱水症状の詳細についてはこちらの記事をごらんください。
関連記事:夏の脱水症状は命の危険も!脱水症状の原因・症状・治療・対策を解説

高齢者は脱水症状を起こしやすい理由

私たちの体のほとんどは水分(体液)でできています。
成人の体内の水分量が約60%ほどであるのに対し、高齢者は約50%しかないため、体は非常に乾燥しやすい状態といえます。そのため、高齢者は少し汗をかいただけでも成人より脱水症状を起こしてしまう危険性が高いのです。

脱水症状を起こしやすい高齢者特有の原因を確認しましょう。

高齢者は喉の渇きを感じにくい

高齢者は喉の渇きを感じる「口渇中枢」という機能が下がってしまい、喉の渇きを感じにくくなります。
「喉が渇いていない」のではなく、「喉が渇いているのがわからなくなっている」のです。そのために水分摂取が遅れがちになり、脱水症状につながっていきます。

たとえ喉が渇いていなくても、こまめな水分補給をしてください。
一気にガブガブと大量の水分を摂取するのではなく、2〜30分から1時間ごとに水分を取るなど、こまめに水分を摂取するようにしましょう。

水分摂取を我慢している

高齢者は加齢とともに薄い尿がたくさん出るようになり、頻尿になりやすくなります。

トイレに行く回数を減らしたい、介護者はヘルバーの手を煩わせたくないことから、意識的に水分摂取を我慢していることも多くみられます。

加齢による頻尿は水分補給を我慢するのではなく、薬を飲んだり泌尿器科や内科に相談してみてください。

腎臓の機能が低下している

腎臓は水分や電解質を再吸収して、体内の水分を保つ働きをしています。
しかしながら高齢者は、加齢とともに腎機能が低下し、腎臓自体が小さくなる傾向があります。

そのため、過剰に水分や電解質が失われて体内の水分量が減りやすくなるので、高齢者は脱水症状を起こしやすいのです。

利尿作用のある薬を飲んでいる

加齢とともに、高齢者は高血圧や心不全が持病になることが多くなります。

高血圧や心不全の治療薬は、血圧を下げ、心臓の負担を減らすために、尿を増やす利尿効果を持つものがあります。

利尿作用を持った血圧を下げる薬は治療のためにしっかりと飲むべきなのですが、これらの治療薬を使用すると尿の量が増えて体が水分不足になりやすくなるので、こまめな水分補給が大切です。

しかしながら、医師から水分摂取量を制限するよう指示されている場合は、この限りではありません。水分摂取が持病の病状の悪化につながる可能性があるため「慢性心不全」や「慢性腎不全」などの場合は、水分制限の有無について確認してください。

筋肉量の低下で体液が減少している

筋肉はもっとも多くの体液を含んでいる場所です。

高齢者は加齢と活動量の低下により筋肉量が低下しがちです。筋肉量が減少していると体液の減少に直結してしまうため、脱水症状を起こすリスクを高めてしまいます。

そのためウォーキングなど適度な運動で、筋肉量をなるべくキープするということは脱水症対策にも有効です。

食事量の減少が水分不足に直結する

人間は食べ物から1日1,000mlもの水分を取っています。そのため水を飲むだけでなく、食事の量も水分摂取に大きく影響しています。

高齢者は食欲の減退にともない、本来食物から摂取できる水分量がなくなってしまうので、1日に必要な水分摂取量が足りないため、水分不足となります。
食欲減退だけでなく、食べ物を飲み込む「嚥下(えんげ)機能」が低下すると、食事の量が減ってしまうので、それに伴い水分や電解質が不足しやすくなります。
極端に食事の量が少なくなった場合は、食事を補完するようなものを摂取する必要があるので、医師に相談してみてください。

高齢者の脱水症状のサイン

高齢者の脱水症状はとくに初期の段階では、風邪と間違われやすくなかなか気づかれません。
また意識レベルの低下で、傾眠状態でうわごとを言ったり、幻覚をみるなどの精神症状が現れるため、脱水症状だと判断することが難しいので注意してください。

高齢者の脱水症状のサインを確認しておきましょう。

①なんとなく元気がない
活動性が低下し、ぼんやりとしてしまったり、ウトウトしやすくなります。

②咳き込んでいる
水分の摂取が極端に少なくなると、痰がからみやすくなります。

③微熱が出ている
高齢者は平熱がひくいため、36.5℃あれば微熱と考えて下さい。

④皮膚が乾燥する
確認しやすいのは脇です。脇の下は湿っているのが普通ですが、脱水状態になると湿り気がなくなります。

⑤立ちくらみやめまいを起こしている
脱水症状で血圧低下を起こすことが原因で、ふらつきを感じることがあります。

脱水症状を起こしているか確認する方法

家族や周囲の人は、高齢者が脱水症状を起こしていないか、ときどき確認するようにしましょう。確認する方法を紹介します。

◼︎ハンカチーフサイン
手の甲の皮膚をつまんで離しても、すぐに戻らずハンカチをつまんだような形のままの場合、脱水症状だと判断できます。

◼︎爪の色
爪を色が白くなるまで5秒ほど押さえてから離し、元に戻るまでの時間で判断します。5秒以上色が戻らないと脱水症状を起こしていると判断できます。

高齢者の脱水症状の対処方法

成人であれば経口補水液などの水分補給で様子をみることが多いのですが、高齢者の場合は気になる症状があれば、病院へ電話したり医師に相談するなどして判断を仰ぎます。

症状が軽度で意識もしっかりしているなど、自宅で様子を見る場合は経口補水液で水分と塩分を補って、涼しい部屋で安静にしてください。

軽度の脱水の場合:体重の減少が3〜5%

コップ1杯に約1gの食塩水を1時間に1度を目安に、尿量が30mL/時になるまで飲ませます。その後はコップ1杯に約0.5gの食塩水で様子をみます。

●経口補水液
4時間以内に経口補水液を体重1kgあたり30~50mLを飲ませます。体重50キロの人であれば、1.5リットル〜2.5リットルをゆっくり取るようにします。
嘔吐がなく、下痢がある場合、下痢をするごとに体重1kgあたり10mLの経口補水液を飲ませ、嘔吐した場合は嘔吐した分くらいの量を飲ませてください。

水分補給の目安は、4時間以内に体重1kgあたり30~50ml、中等度の場合は体重1kgあたり100 mlの経口補水液を飲ませます。さらに、嘔吐がなければ、下痢をするごとに体重1kgあたり10ミリリットルの経口補水液を飲ませましょう。嘔吐した場合は目分量で嘔吐したのと同じくらいの経口補水液を飲ませてください。

なお、医療機関での治療内容は、経口または点滴静脈注射で、水分やナトリウム電解質を補充します。意識がない場合は口から飲ませることはせず、病院で点滴などの処置を受けてください。

高齢者の必要な水分量と脱水症対策

高齢者の脱水症を予防するには、1日に約1.5リットル以上の水分摂取が必要です。
人間の体は、尿や汗、呼吸などでも水分を排出しているので、それ以上の水分量が必要です。食事や体内で生成される水分が約0.8〜1リットル程度あるので、高齢者は目安として、約1.5リットルを摂取するようにします。

また、以下の状況はより多くの水分摂取が必要になのでとくに注意しましょう。
・暑い夏場
・風邪等で発熱したとき
・下痢等のとき

就寝前・起床時・入浴前は必ず水分補給を

あらかじめ汗をかくことがわかっている場合は、必ず水分補給をしましょう。
しかしながら、状況によっては水をたくさん飲めないときもあります。そんなときは水にこだわらず、お茶やフルーツジュース、スポーツドリンクなど飲みやすいものでもかまいません。

最近は水分摂取用に水ゼリーもあるので、家族みんなでおやつや水分補給に取り入れてみるのも良いでしょう。

ハウス食品 お水のゼリー ソーダ味

高温多湿・無風環境に気をつける

クーラーの効かない夏の締め切ったマンションなどの屋内にいると、脱水症状を起こす間もなく熱中症に発展してしまいます。
とくに夜間は脱水症状を起こさないように注意してください。節電をしている人も多いかもしれませんが、扇風機やクーラーをタイマー設定にし、風のある状態にしましょう。

とくに高齢者は長袖を着ていることが多いので、楽な涼しい格好をしているかなども気をつけることが大切です。

おわりに

高齢者の脱水症対策は、家族や周囲の人も気をつける必要があります。
高齢者は身体の機能低下しているため、多くの原因から成人と比べるとどうしても脱水症状を起こしやすいので気をつけて下さい。
夏はとくに脱水症状から熱中症につながるので、毎日の水分と塩分補給を習慣にするようにしましょう。