脱水症という言葉を一度は耳にしたことはあると思いますが、ただの水不足だと考えている方もいるのではないでしょうか?
成人の体の約6割は体液という水分で占められています。お年寄りの場合約5割、小児では7割〜8割と、年齢によって水分の割合は異なりますが、それぞれバランスが保たれています。
脱水症では、水だけではなくナトリウムなどの電解質を含む体液が失われることで起こる病気です。
脱水症にはさまざまな症状がありますが、もし症状があらわれた場合、水の補給だけでは処置することができません。それだけではなく、放置して重症化してしまうと命に関わる危険な病気でもあるのです。

脱水症は日頃から予防策をとることで防ぐことのできる病気です。脱水症の症状や処置方法、予防方法について確認しましょう!

脱水症はただの水不足ではありません

脱水症の原因はいくつかあります。体調不良などにより飲食量が減ることで摂取する水分の量が減ったり、発汗や下痢、嘔吐、多尿、出血などにより体外へ排出する水分の量が増加した場合に体液の量が減少して起こります。

脱水症にもタイプがあり、それぞれ原因が違うことに注意しなければなりません。

脱水症状のタイプ

脱水症状には3つのタイプがあり、それぞれ原因が異なります。

脱水のタイプ 特徴
高張性脱水 ・電解質より水分が多く失われる
・汗や水分不足が原因
・乳幼児や高齢者に多い
等張性脱水 ・電解質と水分が同じくらい失われる
・下痢や嘔吐が原因
低張性脱水 ・水分より電解質が多く失われる
・汗、下痢や嘔吐などが原因
・初期は自覚症状が少ない

①高張性脱水
ナトリウムなどの電解質よりも水分が多く失われ、体液が濃い状態になる脱水症です。
大量に汗をかいたり、水分の摂取量が不足することが原因で、自分で水分を摂取することができない乳幼児や高齢者に多く起こりやすいタイプです。
発症すると発熱や口の渇きを伴い、口から喉にかけての粘膜が渇きます。意識を失うことはほとんどありませんが、不穏・興奮状態に陥ることがあります。手足の冷えはなく、脈拍もしっかりと触れます。

②等張性脱水
電解質と水分がおなじくらいの割合で失われることで起こる脱水症です。下痢や嘔吐のような体液を一気に排出するときに生じやすい症状です。
口の渇きを感じるために水を飲む人が多く、そのために低張性脱水に変化するケースが多々あります。

③低張性脱水
水分よりも電解質が多く失われ、体液が薄い状態になる脱水症です。
大量に汗をかいたり、下痢や嘔吐などで体液を一気に排出してしまったときに、電解質濃度の低いお茶や水などの飲み物を大量に飲んだときに起こります。
発熱や口の渇きはなく皮膚や粘膜の乾燥も少ないため、初期段階では自覚症状は少ないですが、進行すると全身の倦怠感や眠気が生じ、手足が冷えて脈拍も弱くなります。

脱水症の症状と治療方法

脱水症の症状は重度別に異なり、体重の減少でもわかります。
特に小さな子どもやお年寄りなど、自分で症状に気づくことができない人が身近にいる場合は注意しましょう。

軽度脱水(体重の減少が1〜2%)

前脱水とも呼ばれる状態です。これはまだ自分で水分補給をすることで回復できる段階なので、家庭で治療ができます。
しかし、軽度脱水は見た目にはわかりにくく、放っておくと深刻な脱水症状を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。
意識がはっきりしていて、口の中も湿っており、手足の冷えがない状態を示します。喉がかわいたり、尿の量が少なくなったりすることに気を付けましょう。
症状がみられる場合は直ちに水分を補給します。飲み物は、10度前後の冷たいものの方が吸収が早いため、ぬるま湯や温かいお茶、また、極端に冷たい飲み物も避けましょう。特に、経口補水液という電解質と糖質の配合のバランスが考慮された飲み物を摂取するのが効果的です。

中等度脱水(体重の減少が3〜9%)

この段階になると、家庭での治療ではなく、病院へ行き点滴などの治療を受ける必要があります。症状がひどくなったら、すぐに救急車を呼びましょう。
症状としては、強い目まいや頭痛、吐き気、動くのがだるくなったり、眠くなることがあります。軽度脱水とは違って口の中や粘膜が渇き、血圧や臓器の血流低下といった症状が出たりします。また、人によっては急激に興奮する場合もあるので気を付けましょう。

高度脱水(体重の減少が10%以上)

かなり危険な状態です。意識障害やけいれんなどを引き起こします。そのほかにも、昏睡や錯覚、幻覚などの精神症状が起こることもあります。
緊急の処置を受ける必要があるので、高度脱水の症状がみられる場合は、すぐに救急車をよびましょう。

脱水症の予防対策!

脱水症は、重症化すると死に至るケースもある大変危険な病気です。特に夏の暑い季節には脱水症を予防する対策をとることが大切です。

水分補給を忘れずに!

日頃からこまめに水分をとるようにしましょう。
特に寝る前や起きてすぐ、入浴後、運動の前後、運動中など、日常生活で水分が失われがちな時間帯やその前後には必ず体に水分を補給しましょう。

汗や尿だけではなく、皮膚の表面や呼吸からも水分は排出されます。運動をしない人でも、1日に2リットルもの水分を失っているのです。
人間の体は、1度に飲んで吸収できる量がある程度決まっています。1度に大量の水分を摂取するのではなく、1回あたり200ミリリットル程度を目安に、こまめに水分補給をしましょう。

また、水分だけを補給していると、自発的脱水を起こす可能性があります。
大量に汗をかいた後などに水だけを飲むと血液中の電解質の濃度が下がり、体がこれ以上電解質の濃度を下げないために水の吸収を避け、さらに尿の量を増やします。こうして体内の水分が失われ、脱水が進行してしまいます。
水分を補給するときは水だけではなく、経口補水液などナトリウムなどが入った飲み物を摂取しましょう。

経口補水液は聞き慣れない名前かもしれませんが、脱水症や熱中症予防に効果的であるとして、薬局などで市販されています。

おすすめ経口補水液

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン

味の素 アクアソリタ

家でもできる経口補水液の作り方!

脱水症の症状が出てしまったときや、脱水症の予防には、経口補水液が有効です。
風邪などによって下痢や嘔吐、発熱、激しい発汗などで体から水分が排出されたときも、この経口補水液を飲むことで脱水症状になることを防いでくれます。

*経口補水液1リットルの作り方*

【材料】
・水………… 1リットル
・塩………… 3グラム
・砂糖……… 40グラム

【作り方】
上の分量の材料を、水が透明になるまで混ぜて溶かします。
溶けやすくするために、一度沸騰させたお湯を少し冷ましてから使うこともできます。飲みやすくするために、レモンやグレープフルーツの果汁を搾って入れることも可。

【注意点】
・飲むときに氷を加えてしまうと濃度が薄くなり、効果が出にくくなるのでやめましょう。
・自宅で経口補水液を作る場合は、食中毒を防ぐためにも冷蔵庫に保存し、その日のうちに飲みきるようにしましょう。
・一度使ったペットボトルなどを再利用する場合は、雑菌などに注意し、清潔なものを使うようにしましょう。

おわりに

脱水症は誰にでも起こりうる病気です。体力に自信があったり、普段体を壊しにくい人も、しっかり水分補給をして脱水症状を予防することが大切です。
また、家族や身近な人に少しでも症状がみられた場合、軽度だからといって放って置かず、適切な処置を行い重症化を予防しましょう。