近年は富士山への登山が身近になり、登山経験のない人が高い山へ登ったり、ヘリコプターなどで高地へ行くことが手軽にできるようになったため、以前よりも「高山病」への注意喚起が強くされるようになりました。

高山病は適切な対処を行わないと命に関わります。山や高地に行く可能性がある人は、正しい理解が必要です。

この記事では高山病の原因、症状、対処法、対策などを解説します。

高山病の原因

高山病を発症するもっとも大きな原因は、体内の酸素が不足することです。
標高が高くなるにつれ気圧が下がり、空気中の酸素量は減っていきます。アスリートが高地トレーニングを行って身体を鍛えていますが、一般の人たちがいきなり高度の高い場所へ行くと、身体に様々な不調が生じます。

標高2000m前後から気をつけよう

一般的には1800mくらいから高山病になりやすいといわれますが、個人差があります。また、1日のうちに2700m以上の高さに急に登ったときに、高山病はよく起きています。
3000m級の山へ登るときはガイドや人任せだけにせず、体調の変化を自己管理しましょう。
富士山の頂上では、気圧は平地の約2/3、体内の酸素量は1/2となり、十分な酸素が供給されない状態なので、半数もの人が高山病の症状を自覚しています。

症状の現れ方は個人によって大きく異なるので、1000mを超す山や高地に行くときは意識しておく必要があります。

高山病になりやすい人や体質

子どもや高齢者は高山病を発症しやすい傾向にありますが、成人の場合、遺伝の要素が関係しているといわれます。
高山病になりやすいかどうかを検査で調べることはできないため、事前の準備が大切です。高山病のかかりやすさは生まれつきのもので、慣れたり、トレーニングで改善できるものではないともいわれています。

高山病の症状

これまで山に登ったことがあまりなく、身体に症状が出ることを「急性高山病」といいます。高山病は、山酔いacute mountain sickness (AMS)、高地脳浮腫high-altitude cerebral edema (HACE)、高地肺水腫high-altitude pulmonary edema(HAPE)という3種類の症候群に大きく分けられます。高山病が重症化すると、高地脳浮腫や高地肺水腫を発症する恐れがあります。重症化した場合は、即刻下山、酸素吸入が必要です。 

高山病の初期症状

高山病の一番多い初期症状は、頭痛です。その他、吐き気やめまい、倦怠感などがあり、息切れ、動悸などが同時にみられることがあります。
高山病の初期症状は脱水症状に似ています。症状の発生には時間がかかるので、高地にきてから6時間~12時間後に多く始まります。少しでもおかしいなと思ったら、必ず歩くペースを落とし、周りを気にせず休むようにしてください。

山酔い

高山病のなかでも山酔いが一番よくみられる症状で、初期症状の段階で何らかの処置を施さないと、本格的な高山病を発症します。本格化すると、おもに鎮痛剤で治まらない頭痛や嘔吐、手足のむくみ、傾眠傾向、運動失調がみられます。

高地脳浮腫

高地脳浮腫は山酔いが重症化したもので、脳細胞に浮腫ができます。山酔いの症状に加えて倦怠感が強くなり、考えがまとまらなくなったり、脳がむくんだ状態になって、足元がふらつきバランスを崩して転ぶ、意識を失うなど、命の危険が出てきます。

高地肺水腫

高地脳浮腫のほかには、肺胞に水がたまる高地肺浮腫になる可能性もあります。高地肺水腫は単独で起きたり、高地脳浮腫と一緒に起きることがあります。
最初の症状は息切れが激しくなってくることです。次第に安静時にも息切れがひどくなってきます。数分安静にして息切れがなくなるかどうかで判断できます。
肺がむくみ水分が浸み出すため、呼吸が苦しくなり、また呼吸とともにガラガラした音が出たり、せきや血痰がみられます。肺から体に取り込める酸素の量が少なくなるので、命の危険があります。

高山病になってしまった場合の対処法

治療として、休息や高度を下げるなどの対応を行います。
同行者や責任者に必ず身体の不調を伝えてください。周りの方に迷惑をかけてはいけないと頑張り過ぎてしまうと大変危険です。

初期症状の頭痛であれば、市販の鎮痛薬で対処できます。薬を飲んだら必ず横になり休息するようにします。

高山病は解熱鎮痛剤で対処を

高山病で起こる頭痛などの辛い症状には、対症療法ではありますがロキソニンやタイレノールなどの鎮痛剤が効きます。 

市販薬の場合、ロキソニンS(成分:ロキソプロフェン)、タイレノール(成分:アセトアミノフェン)がおすすめです。副作用の出にくい成分ですが、服用するときは念のため軽く何かを食べた後にするか、多めの水で服用してください。

ロキソニンS

ロキソニンSは服用間隔は4~6時間以上あけて1日3回まで服用でき、個人差はありますが30分ほどで痛み止めの効果がでてきます

タイレノールA

タイレノールは1回300~1000mgを経口服用し、服用間隔は4~6時間以上とします。 1日総量として4000mgを限度とされています。

回復がみられないようであれば、高度を下げる必要があります。ガイドや責任者の指示に従ってください。

高山病の予防と対策

高山病は予防するには、登山の際にいきなり高地へ向かうのではなく、ゆっくりと徐々に高度を上げていくことが大切です。また、事前に処方された薬を服用するなどします。

高山病予防にはダイアモックス

ダイアモックスは病院で処方される薬です。この薬は保険適用外ではありますが、高山病の予防・治療に効果が高く、高地に上がる前に飲んでおくと山酔いを防止することができます。また症状が現れてからでもすぐに服用すれば症状の改善が期待できます。

《ダイアモックスの服用方法》

ダイアモックスは「アセタゾラミド」という成分が1錠あたり250mg含まれています。
眼圧の低下、脳の異常な興奮を抑制しててんかん発作の抑制、血中の酸素を増やす、メニエル症の改善、月経前緊張の改善作用などのある薬です。

高山病予防で服用する場合は、高地に行く3日前〜前日から服用を開始します。1回半錠〜1回1錠を、朝夕1日2回飲みます。

高地に滞在、登山期間中も朝・夕に1日2回、半錠〜1錠を飲みましょう。

ダイアモックスは解熱鎮痛剤ではないので、ダイアモックスを服用していても高山病の症状が出てしまった場合は、解熱鎮痛剤や吐き気止めを飲んでも大丈夫です。

薬に関しての詳細はこちらをごらんください。

ミナカラおくすり辞典:ダイアモックス錠

高山病を発症しないよう注意すべきこと

■体調不良・寝不足では登らないこと

寝不足や疲れがたまった状態では高山病に陥りやすいので注意が必要です。必ず事前に体調をととのえておいてください。山を軽く考えてはいけません。

■水分と塩分補給をこまめにすること

水分不足は、高山病を招いてしまう原因のひとつです。 脱水症状を起こし血液の循環が悪くなって、体の隅々にまで酸素が行き届かなくなります。登山中は感覚以上に水分もエネルギーも消費しているので、意識的に水分と塩分を補給してください。

■アルコールや睡眠薬は避けること

アルコールや睡眠薬は呼吸を抑制する作用があり、呼吸が浅くなるなど、高山病を招いたり、悪化させることがあります。「気付けにアルコールだ」と言われる登山家もいますが避けるようにしましょう。

■肥満気味の人は気をつけること

肥満気味の人は高山病になりやすいので、なるべく事前に減量しておきましょう。しかしながら登山の前日〜当日にかけては、しっかりとエネルギー源を補給するようにして、過度な減量に注意してください。

■貧血気味の人はとくに注意すること

呼吸器や心臓が弱い人や貧血気味な人は、体の隅々にまで酸素が行き届かなかったり、高山病になりやすいと考えられます。心配な面がある場合は、医師に相談してください。

■ハイペースな行程を組まないこと

無理な行程やいきなり高度を上げるようなオーバーペースも高山病の大きな原因です。体力に自信があったとしても、なるべく周りのペースと同じくらいで登るように心がけましょう。

■団体登山で遠慮しないこと

個人旅行より団体旅行の方が高山病で死に至りやすいといわれています。団体活動の方が油断があったり、プレッシャーがあったり、ペースを合わせなければという意識で無理をしたりするケースが多くあるためです。

おわりに

山や高地へ行く場合は、平地とは異なる状況にあることを忘れないようにしてください。少しくらいの頭痛なら大丈夫という油断は禁物です。心配な方は事前に医師に相談して、薬を処方してもらうなどすると安心できます。ただし、高山病を予防する薬はどこの病院でも処方できるものではないので、事前に確認が必要です。