風邪のときにお風呂に入ってもいいの?

風邪のときの入浴に関しては医師によっても意見が分かれるため、実際に症状を把握している医師の指示に従うのが一番です。

特に妊娠中の方や、自分の症状をうまく伝えることが難しい乳児や小さな子どもの場合は担当の医師に確認してください。

医師から特に指示がない普段は健康な人の場合、風邪をひいているときでも症状が軽くつらくなければ、入浴をしても問題ありません。

目安として、熱が37.5℃以下、症状が軽い、さむけ・悪寒がない、だるさがないようなら入浴をしても良いでしょう。

ただし入浴も体力を消費しますので、長風呂は避け手早く入浴を済ませるように心がけましょう。

風邪のときのお風呂の入り方と注意点

まず湯冷めしないように注意してください。湯冷めは症状悪化のもとなので、浴室や脱衣所、部屋を暖かくしてから入浴するなどして、お風呂上がりに体温が下がらないように準備しておきましょう。

またお風呂の温度が熱過ぎると体力を消耗させるので、少しぬるめのお湯に手早く入るのがおすすめです。

お風呂から出たら水気は手早く・よく拭き取り、服を早めに着ましょう。

また、入浴後は体の水分が失われます。特に風邪のときはこまめな水分補給が重要になるので、入浴後にも水分補給を心がけましょう。

水分補給は水でも良いですが、風邪のときにはミネラルも不足しやすいため、ミネラルも補給できる経口補水液やスポーツドリンクがおすすめです。

スポーツドリンクの糖分が気になる方や、経口補水液がしょっぱいと感じる方は水で2〜3倍に薄めて飲んでください。また飲み物の温度は室温程度で少しずつこまめに飲むようにすると効果的です。

【入浴の仕方まとめ】
・熱いお湯は避けて、少しぬるめのお湯に浸かる
・長風呂は避ける
・浴室・脱衣所・部屋を入浴前に暖めておく
・入浴後は水気をよく拭き取る
・入浴後はすぐ服を着る
・入浴後は水分補給をする

お風呂に入らない方が良い場合

風邪の症状がつらい場合は、安静が基本となります。無理な入浴によって体力が消耗し、症状が悪化してしまうおそれがあるため入浴は避けましょう。

具体的には、熱が38℃以上あるときや症状が強いとき、だるいときは入浴を控えた方が良いでしょう。

また症状や熱が軽くなってからすぐに入浴するのはおすすめできません。

また熱が上がることもあるので大人・子どもに限らず症状が軽くなってから24時間以上は様子を見た方が良いでしょう。

また下痢や嘔吐がある場合は脱水状態にも注意が必要で、体の水分を失う入浴は避けた方が良いでしょう。また下痢や嘔吐がある場合は一般的な風邪ではないことも考えられるため、医師に相談するようにしてください。

【入浴を控えた方がよい症状】
・38度以上の熱がある
・熱が下がってすぐの方
・さむけ・悪寒がある
・嘔吐や下痢がある
・めまい・頭痛がある
・動くのがだるくつらい

風邪とお風呂にまつわるQ&A

Q.お風呂に入って汗をかくと風邪が治るって本当?

A.ウソです。

汗はあくまで体の体温調節のために出ているのであり、お風呂でたくさん汗をかくから治るということはありません。

症状がつらいのに風邪を早く治すために無理に入浴をしたり、熱いお湯に浸かったりすると、かえって体力の消耗につながるため無理な入浴は控えましょう。

入浴はあくまで体を清潔にし気分がすっきりする目的で入ることを第一にしましょう。

Q.お風呂で風邪はうつる?

A.お風呂で風邪に感染する可能性は低いです。

風邪のウイルスに感染する主な経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染は風邪をひいている人がくしゃみや咳をしてウイルスの入ったしぶきが飛び散り、そのしぶきをほかの人が吸い込んで感染することで、接触感染は風邪のウイルスがタオルなどの物に付着し、それを介して感染することです。

風邪の原因となるウイルス(ライノウイルス・コロナウイルスなど)がお風呂のお湯を介して感染するようなことは考えにくいといえます。

ただし感染を防ぐため、念のため風邪をひいている人が入浴した後はタオルは交換し、洗面器や椅子も一度洗い流すようにしましょう。

Q.風邪のときにシャワーのみ浴びるのはいい?

A.シャワーでも構いませんが手早く身体を洗いましょう。

夏ならシャワーだけ浴びても問題ないでしょう。ただし身体が冷えないように手早く身体を洗ってください。

寒い季節はシャワーだと身体が温まらないため、湯冷めしてしまうおそれがあります。

寒い季節や寒い日には湯船に浸かるか、無理せずお風呂を先延ばしにするのがおすすめです。

おわりに

風邪のときは汗をかきやすくべたべたするため、入浴してさっぱりしたい方も多いと思います。

しかし体調がすぐれないときは体力の温存・回復を優先し、お風呂は延期することをおすすめします。

また医師によってお風呂に入っていい目安が違うため、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。