はじめに

毎日の生活にかかせない「水」。
普段当たり前のように飲んだり、料理に使ったり、お風呂やトイレなどの生活用水として使っていますが、人体にとっての水はどれほど大切なものなのでしょうか?

水は人間の体に必要不可欠なものです。
健康や美容などには気をつかっていても、毎日触れている水にまで気にしていますか?

水にもこだわることで、また一段と体の中から健康になることができるのです。
水を飲むにあたっての使える知識をご紹介していきます。

人間の体に水分がもたらす効果とは?

人間の体は、成人の場合だと約60%が水分で占めています。

赤ちゃんは約80%、子どもは約70%で、老人では約50%程度とされており、年齢とともに水分量が下がっていきます。

水分補給は健康にとって、体温調整や老廃物の排出、血液の流れを良くしてくれるなどの大切な役割があり、毎日こまめに適量の水を摂ることで健康が保たれます。

まず、食べ物を摂取したらその栄養素は、水分によって全身を巡る血液に取り込まれ、そしてそれは水を飲むことで栄養分を体内の隅々にまで補給し、体に吸収させることができるのです。

さらに、人間の体は汗をかいて体温調節をします。

暑いときは体内の水分を汗として出し、汗の蒸発によって皮膚が熱を奪われて体温の上昇を防いでいます。

人間の体温がどんなに気温が変動しても一定の体温を保つことができるのは、体に水が多く含まれているおかげなのです。

よく「熱が出たときは水分をたっぷり取ったほうがよい」なんて言われるのは、汗が蒸発するときに体の熱を奪ってくれ、体温を下げる役割とともに、発熱によって失われた水分の補給のためです。

食欲がないときでも、水分は摂るようにしましょう。

水分補給のタイミングはいつが良い?

汗をかくというと夏場をイメージしがちですが、冬場でも体は汗をかいています。

夏に比べるとのどが渇かないから平気と思いがちですが、水分補給を怠っていると、逆に体が冷えてしまうのです。

冬場はのども乾燥しやすいのでより水分が必要です。

就寝前の水分補給

眠っているときも汗をかいています。

呼吸による水分の放出を含めて、コップ1杯~約500ml程の水分が失われているとされており、起きると体はカラカラになっています。

就寝前の水分補給は、睡眠中に失われる多くの水分の補給のためと、睡眠中に血液中のミネラル濃度が高くなることを抑え、酸性に傾いた体内をアルカリ性に戻す効果があります。

そのためにも寝る前にきちんと水分補給しておくことは大切です。

起床後の水分補給

朝起きたら睡眠中に失った水分を補給するために目覚めの1杯も大切です。

朝は1日のうちで、体が最も水を求めているときです。

寝ている間、血液中のミネラル濃度も高くなり粘度が増してドロドロになった血液をサラサラにしてくれます。

水を飲むことによって腸の働きが活発になり、お通じがよくなるという効果もあります。

入浴前後の水分補給

お風呂に入ると発汗して体から水分が失われるため、喉が渇くので水分補給をする人は多いでしょう。大切なのは入浴前にも水分補給をすることです。

入浴中に汗をかいて毒素を出すためもありますが、入浴中に汗をかくと、血液の粘度が増してドロドロ状態となり、血のかたまりができやすくなり、血管が詰まりやすくなってしまうのです。

水を飲んでから15分ほどで血液がサラサラになる効果があるので、入浴する15分前に水分補給をすることを心がけてみるとよいでしょう。

水分補給は水だけでなく、汗で失われやすい成分を含んだスポーツドリンクなどもおすすめです。

運動やスポーツをするときには、特にこまめな水分補給が必要になります。

運動中には大量の汗をかき、体重の2%の水分を失うと脱水症状などの症状があらわれてしまいます。

適切に水分補給をしましょう。

体に良い水の飲み方とは?

健康な成人男性の場合、体が1日に排出する水分の量は約2.3リットルといわれ、その分の水分補給を必要とすることになります。

食べ物にも水分は含まれているので、飲料水からは約1.5リットルほど摂取すると良いとされています。

水分補給の方法としては、一気にたくさん飲むのは胃腸に負担がかかるためおすすめできません。

コップ1杯程度(150~250ミリリットル)の量の水を1日に6~8回飲むのが目安です。

水の温度の好みはありますが、一般的には5~12℃が水を飲んで心地よいと感じる冷たさになります。

一番体に良いとされるのは常温の15~17℃です。

冷蔵庫は1~5℃に設定されているので、冷蔵庫に入れてあったものをすぐ飲むには冷たすぎてしまいます。

冷蔵庫から出したものをしばらく出して常温に戻すか、野菜室は5~7℃と少し高めの設定なので、野菜室に保存しておくのもよいでしょう。

 

さいごに

今回ご紹介したように、水分補給といってもただ漠然とたくさん水を飲めばいいというわけではありません。

普段何気なく飲んでいる水について、補給のタイミングや量、温度など見直してみましょう。