酔いたくない人必見!乗り物酔いの原因と対策

乗り物酔いにはどんな症状があって、どのような原因で引き起こされるのかについて解説します。また、乗り物酔いが起きたときと起きないようにするための対策と、乗り物酔いに効く薬についても説明します。

楽しい旅行に行くときは乗り物がつきものです。

しかし、乗り物酔いを気にしていては楽しさも半減してしまいますよね。

そのためこの記事では、乗り物酔いの原因と対策について解説します。

乗り物酔いの症状

乗り物酔いは、車やバスなどの乗り物の揺れや、不規則な加速・減速の反復によって、耳の中にある前庭(ぜんてい)や三半規管と呼ばれる器官が刺激されることによって起こる症状です。

医学的には「動揺病」あるいは「加速度病」とも呼ばれます。乗り物に長時間乗った際に起こりやすいです。

主な症状としては、あくび、唾液の分泌の増加、胃の違和感などから始まり、だんだん気分が悪くなって吐き気をもよおしたり、嘔吐(おうと)したりします。

夏場は嘔吐による脱水症状が起こりやすいので注意が必要です。

乗り物酔いの原因は?

乗り物酔いは、乗り物の揺れによって前庭(ぜんてい)や三半規管と呼ばれる器官が刺激されることによって起こります。

一般的には、乗り物の揺れが自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし、吐き気や顔面蒼白などの乗り物酔いの症状が現れると考えられています。

乗り物酔いが起こるそのほかの原因は以下の通りです。

感覚のズレと不快なにおい

停車中の乗り物の中から反対方向へ動く乗り物を見ると、こちらが動いているかのように感じることがあるように、目から得られる情報と体で感じる情報にズレがあると、乗り物酔いの原因になります。

また、たばこやガソリンなどの不快なにおいによる刺激が原因で乗り物酔いが起きることもあります。

疲れや睡眠不足などの体調不良

乗り物酔いは、疲れや睡眠不足など、その日の体調にも左右されやすい傾向があります。

そのほか、過去に乗り物酔いをしたことがあるトラウマによる影響が現れることもあります。

自律神経の乱れ

運転手以外の乗り物に乗っている人は、乗り物の動きに関して脳が予測している情報とズレを感じやすいので、自律神経の働きが乱れて酔いが生じることがあります。

ゲームや読書をすることによる視野の狭まり

乗り物に乗っている最中にゲームや読書などをすると、視野が狭くなり、外部の状況に適応しにくくなるため、乗り物酔いを引き起こしやすくなります。

乗り物酔いの対策は?

一般的に、子どもの頃に乗り物酔いをしていても大人になるにつれて克服できてきます。なぜなら、何度も乗り物に乗ることで、乗り物独特の揺れに三半規管が慣れていくからです。

乗り物酔いは慣れと時間が解決してくれる症状でもありますが、できれば酔うことを避け、症状が出た場合にはすぐに対処したいものですね。

そこで、すぐに実践できる乗り物酔いの対策について解説します。

十分な睡眠

睡眠不足などの体調不良のときは、自律神経が乱れやすいため乗り物に酔いやすくなります。

そのため、乗り物に乗る前日は十分な睡眠を心がけましょう。

揺れが少ない座席に座る

座る座席によって、乗り物の揺れの感じ方が異なります。できるだけ揺れの少ない席を選びましょう。

バスは運転席の近く、船なら中央辺りが振動が少なく、酔いにくい席です。また、進行方向を向いた座席を選びましょう。

乗り物の中でゲームや読書をしない

揺れている乗り物の中でゲームや読書などをすると、視野が狭くなり、文字や画面のチラつきを感じて酔いやすくなります。

酔いやすい人は、乗り物の中でのゲームや読書は極力避けましょう。

体を締め付ける服装を避けて楽な姿勢を取る

乗り物に乗る際、体を圧迫するような服装をしていると酔いやすくなります。ネクタイを外す、靴を脱ぐ、ベルトを緩めるなどの対策をしましょう。

シートを倒したり横になるのも有効です。

外の空気を吸う

外の空気を吸ったり、風にあたるなどしてリラックスしましょう。

可能であれば乗り物から降りて、一度気分転換をするのもおすすめです。

消化の良い食事をする

乗り物に乗る際は、消化の良い食べ物を適量食べ、胃腸の調子を整えておくとよいでしょう。

なお、満腹の状態も酔いにつながるため、乗り物に乗る直前に食事を多くとるのは控えましょう。

また、乗車中お腹が減った際に食べると乗り物酔いに効果のある食べ物があります。

具体的には飴やチョコ、ガムなどがおすすめです。

乗り物酔いにおすすめの食べ物については関連記事をごらんください。

市販薬を使う

酔い止めの薬を飲むと、薬の効果によって酔いにくくなるだけでなく、薬を飲んだという安心感も酔い止めの作用をもたらしてくれます。

乗り物酔い用の薬は、乗り物に乗る前に飲むことが一般的ですが、酔ってしまってから使用しても効果が得られます。

乗り物酔いに効く市販薬には、催眠作用のあるタイプや眠くならないようにカフェインが主成分として配合されているタイプがあります。

乗り物酔いに効く市販薬について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

大抵の場合、乗り物酔いは一時的なものなので、それほど心配する必要はありません。

しかし、今まで何でもなかったのに急に乗り物酔いをするようになったり、頻繁に乗り物酔いを繰り返したりする場合には、耳や脳に関係する病気が隠れているおそれもあります。

そのため、症状がひどい場合には、しっかりと医療機関を受診しましょう。

ピックアップ特集