アデノウイルスは大人も注意が必要!

アデノウイルスは風邪などの身近な病気の原因となるウイルスです。
ウイルスの種類により流行する季節が異なりますが、感染自体は季節を問わず1年中みられます。
冬の風邪と夏風邪の原因として、幼児から小学生の子どもの間で流行することが知られていますが、アデノウイルスは子どもだけでなく大人にも感染します。
子どもと大人では同じアデノウイルスでも発症しやすい病気が異なるため、それぞれの特徴をしっかり確認しましょう。
アデノウイルス感染症で大人が気をつけるべきポイントと感染症対策を解説します。

アデノウイルスの症状

アデノウイルスの症状の最大の特徴は三つです。

◼︎高熱(39度前後が3~5日続く)
◼︎咽頭炎(のどの腫れや痛み)
◼︎結膜炎(目の充血や目
やに)

どれか一つの症状だけが出る場合もあれば、三つの症状がすべて重なる場合もあります。また、熱が出てから喉の痛みや結膜炎が出たりと症状の出方や程度には個人差があります。
その他の症状として、咳、鼻水、鼻づまり、腹痛、下痢、嘔吐、食欲不振、倦怠感、関節痛など、一般的な風邪のような症状をともなうことも多くあります。

大人の症状の特徴

アデノウイルスは現在51種類の型が確認されていて、型によって発症する病気が異なります。子どもの場合は夏場に流行するのは咽頭結膜熱や流行性角結膜炎がほとんどですが、大人がかかりやすい病気は多岐にわたります。

咽頭結膜熱(プール熱) 39度前後の高熱、結膜炎、のどの痛み
流行性角結膜炎(はやり目)  目の充血、目やに、涙目、目の痛み、耳の前のリンパの腫れ
扁桃炎 高熱、のどの痛み、扁桃に膿が付く
胃腸炎 腹痛、下痢、嘔吐
上気道炎・気管支炎  発熱、鼻水、咳、のどの痛みなど
肺炎 髄膜炎、脳炎などの併発もある
出血性膀胱炎 下腹部痛、血尿、頻尿、排尿痛、残尿感

アデノウイルスの感染経路

アデノウイルスの感染経路は三つです。

■飛沫感染…感染者の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込む
■接触感染…感染している人の皮膚や粘膜、汚染された物に触る
■糞口感染…汚染された食物や感染者の便に触った手を介して口に入る

感染した子どもの咳・くしゃみ・唾液や目やになどを介して人から人へ移ります。
アデノウイルスは感染力が強く、ドアノブなどに付着しても10日以上も感染力を持つほど非常に強いウイルスです。

大人が感染する場合は、子どものおむつを処理した時や子どものくしゃみや咳など、家族からの感染がほとんどです。

アデノウイルスの潜伏期間

アデノウイルスは潜伏期間が5〜7日間と長いのが特徴です。
また、潜伏期間から完治するまで、他人へ感染させる可能性がある期間が続きます。アデノウイルス感染症は、通常発病から約1週間ほどで症状は軽くなりますが、症状が治まった後もウイルスが約2週間は排泄物にウイルスが残っているといわれているため、周囲に感染させてしまいます。
特に大人は子供からの二次感染で感染することが多いため、子どもがアデノウイルス感染症にかかっている場合は完治した後も家族みんなで注意が必要です。

アデノウイルス感染症の診断と治療法

アデノウイルス感染症と疑われる症状がでたら、まずは内科を受診しましょう。
アデノウイルスは綿棒で鼻やのどをこすって体液を採取して検査を行います。15〜20分ほどで検査の結果がでるため迅速に診断をすることができます。

治療法は対症療法が基本

アデノウイルスに対しての特効薬はいまだ開発されていないため、治療の基本は症状に合わせた以下のような対症療法が行われます。

◼︎高熱・・必要であれば解熱剤を使用。4〜7日ほど続く。
◼︎咽頭炎・・のどの炎症を押さえる抗炎症剤を使用。3〜7日ほど続く。
◼︎結膜炎・・目薬など眼科医による治療を併用。7〜10日ほど続く。
◼︎脱水症・食欲低下・・点滴治療

高熱は3日~5日程度続きますが、熱が上がったからといってすぐに解熱剤は使わず様子を見ます。
目の炎症については、対症療法と併用して眼科医による治療が必要になります。

病院を受診した後は自宅で休養して免疫力を高めましょう。
のどごしのよい食事を取り、栄養と休養をしっかりとることが完治の近道になります。
脱水を防ぐためにこまめな水分補給も大切です。
通常1~2週間で完治しますが、高熱が続いたり水分が取れずに脱水症や昏睡などが起きた場合は、入院治療になることもあるため初期段階の対処が大切です。
症状の悪化や体調の異変がみられる場合は早急に医療期間を受診しましょう。

アデノウイルス感染時:会社や学校はどうする?

大人がアデノウイルスに感染した場合でも、出勤を控える法律などはありません。体調をみながら出勤して問題ありません。
ただし、アデノウイルスはとても感染力の強いウイルスなので、他人への感染を広げないためにも必ずマスクを着用し手洗いを徹底するなど配慮しましょう。
症状が重い場合は医療機関を受診して適切な治療を受けてください。

子どもの場合は出席停止期間あり

子どもがアデノウイルスに感染した場合は、学校保健安全法により出席停止期間が定められている病気があります。
咽頭結膜熱(プール熱)は学校感染症の第二種に定められていて、主要な症状が消えたあと二日間は出席停止になります。
流行性角結膜炎では、眼の症状が軽減してからも感染力がある場合があるので、医師により他人への感染のおそれがないと認められるまで出席停止になります。

アデノウイルス感染症の予防法

家族に感染者がいる場合

家族間での感染を広げないために以下のポイントに注意してください。

感染者と密接な接触は避ける
タオルの共有はしない
洗濯物も別に洗う
おもちゃや子どもがよく触るものやトイレの消毒を行う
便やおむつはしっかりビニールに入れて処理し、後はしっかり手を洗う

日常の注意点

▸流水と石鹸で手洗いし、うがいも徹底
▸プールの後は必ずシャワーで洗い流す
目も洗い、目薬も利用する
人ごみではマスクで予防する
のどの乾燥に注意
冷房などで体を冷やし過ぎない
睡眠不足など体力が落ちないようにする

さいごに

インフルエンザやノロウイルスなどは良く知られていますが、アデノウイルスも感染力が強く、さまざまな病気の原因になる身近なウイルスです。
特に子ども特有の感染症は大人に二次感染するものが多いため、アデノウイルス感染症の特徴や症状を知って日頃から家族みんなで感染予防を心がけましょう。