夏やせの原因や薬など悩みをセルフチェック

2019年10月23日

夏やせの原因・対処・お薬・疑われる病気を解説します。分からないことがあれば薬剤師に相談することができます。

生活の中で考えられる原因

自律神経の乱れ

夏場は高温多湿の室外と冷房のきいた室内との温度差により、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経が乱れると、胃腸機能が低下して食欲不振を招き、夏やせを起こしてしまいます。

冷房や冷たい物の過剰摂取

冷房のあたる部屋にずっといたり、冷たい食べ物や飲み物を取りすぎてしまうと、内臓が冷えて消化器官の機能が低下し、体の不調を起こしやすくなります。

夏やせの対処法

体を冷やさない

乱れた自律神経を整え、弱っている胃腸を回復させるために、体を冷やしすぎないようにしましょう。

冷房のきいた室内では膝掛けや腹巻を使ったり、夜は湯船に浸かって体を温める習慣をつけましょう。

栄養価の高いものを食べる

夏はそうめんやそばなどの炭水化物ばかりを摂取してしまい、栄養が偏りがちです。

たんぱく質やビタミン、汗で流れてしまうミネラルなどが含まれた栄養価の高いものを積極的に食べましょう。うなぎなどもおすすめです。

薬の使用

胃腸の働きを整え、食欲不振を改善させる漢方薬を用います。

体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすい人は、「補中益気湯」を使用します。比較的体力の低下した人で、食欲不振がある場合は「清暑益気湯」が用いられます。「補中丸」は、疲労倦怠感のある場合や頭痛、悪寒などがある場合に使用します。

体質によって使用する漢方は異なります。漢方薬をはじめて使用する場合には、漢方薬局などの専門店で相談してみてください。

なお、体力の低下が著しい場合には点滴なども考慮した方が良いため病院を受診してください。

夏やせに使われるお薬の総合情報

薬剤師に相談する

疑問に思ったことは薬剤師に相談してみましょう。

夏やせに使われるお薬をブランド名から探す