冬なのにひどい寝汗|原因と考えられる病気について徹底解説

冬でもかいてしまうひどい寝汗の原因と対策について徹底解説。甲状腺の異常や白血病などの寝汗から考えられる病気についても詳しく解説します。また、男性が寝汗をかくときに考えられる原因についてもあわせて紹介。そして、寝汗対策としてミナカラ薬剤師おすすめの漢方薬をピックアップして紹介します。

夏のような暑い時期でなく寒い冬だというのにも関わらず、夜中に暑苦しくて目が覚めたり、朝起きると汗まみれになっていたりしたことがある方もいるのではないでしょうか。

寝苦しい夏や、暖房器具で部屋が暖まりすぎた場合の寝汗は気にする必要のないものですが、部屋が寒いのに寝汗をかく場合、なんらかの体の不調や病気の症状のサインであるおそれがあります。

この記事では、冬でもかく寝汗の原因と考えられる病気について解説します。

冬なのに寝汗がひどい原因と対策

寝汗をかくときは、部屋の室温や布団の中の温度も原因の一つですが、冬のように寒いにも関わらず寝汗が出る場合には他の原因があることがあります。

部屋の室温が低い状態でも寝汗が出る原因と対策は、以下の通りです。

妊娠

妊娠の後期に入ると基礎代謝が妊娠前と比べて約20%向上するので、熱も多く発生します。暖かい日だけでなく、寒い日であっても暑く感じて汗をかくことがあります。

特に、夜間に汗をかきやすくなる傾向があるため、寝汗をかくことが多くなります。汗をかきやすいために脱水症状を引き起こすこともあるため、こまめな水分補給を意識しましょう。

薬の副作用

薬の副作用によって寝汗の症状が現れることがあります。

特に、うつ病などの治療のために使用する向精神薬の副作用として寝汗がでることが多く報告されています。また、アスピリン(アセチルサリチル酸)などの解熱鎮痛剤で寝汗やのぼせ、ほてりの症状が現れることがあります。

寝汗の症状から薬の副作用が疑われる場合は、主治医または薬剤師に相談しましょう。

自律神経の乱れ

汗を分泌する汗腺は自律神経によってコントロールされています。ストレスや生理前のホルモンバランスの乱れなどによって自律神経のバランスが乱れると、寝汗をかく原因になります。

また、自律神経が乱れると、倦怠感・息切れ・動悸・めまい・食欲不振・胃痛・不眠といったさまざまな症状が現れることもあります。うつ病やパニック障害といった病気が自律神経失調を起こし、寝汗の原因になることもあります。

アルコール

体内にアルコールが残っている状態で就寝すると、寝ている間にアルコールの分解が進み、分解されたものの一部が汗となって体外へ排出されます。また、アルコールの摂取後は通常に比べて体温が高くなりやすいため、寝汗をかく原因になることがあります。

寝汗を改善するために、寝る3時間前までのアルコールの摂取はできるだけ控えるようにしましょう。

冬のひどい寝汗から考えられる病気

寝汗は病気のサインとして現れることもあるため、突然寝汗をかくようになった場合などは注意しましょう。

病気による寝汗の場合は、自分で治すことが難しい場合が多いため、病気の症状に当てはまると感じた場合は近くの病院を受診してください。

寝汗の原因となるおそれのある病気は次のようなものがあります。

AIDS(エイズ)

エイズは、HIVが感染することによって発症し、体の免疫機能が働かなくなる病気です。しかし、正確には「HIVの感染=エイズ」ではなく、厚生労働省が定めた合併症を発症した場合に初めてエイズと診断されます。

エイズの感染経路には、性行為による感染・血液による感染・母子感染の3種類があります。HIVは体外に出るとすぐに不活化してしまう程脆弱なウイルスであるため、咳やくしゃみなどから感染することはありません。

HIVに感染するとほとんどは無症状のまま経過する時期が長く続きます。しかし、数年かけて症状が進行していくと、寝汗・発熱・首などのリンパ腺の腫れ・倦怠感・下痢・食欲低下・帯状疱疹などの症状が現れることがあります。

エイズは感染に気付くことが難しいため、気になる症状があれば一度医療機関で検査をしてみましょう。

肺結核

肺結核とは、肺に結核菌という細菌が感染して起こる病気です。

感染経路は、主に咳やくしゃみなどによる飛沫感染で、肺結核に感染している人から排出された結核菌が肺にまで及ぶと感染します。感染者のうち発病する人は約1割で、免疫が落ちたときに発病することがあります。

主な症状としては、咳・痰・血痰・だるさ・胸の痛み・発熱・寝汗・体重減少などがよく現れます。2週間以上咳が続く場合や血痰の症状がある場合は肺結核の疑いがあるので、医療機関で胸部エックス線検査を受けましょう。

慢性骨髄性白血病

慢性骨髄性白血病は血液のがんで、骨髄の中で白血球が過度に多く作られる病気です。発症の原因のほとんどは遺伝子の異常によるものです。

慢性骨髄性白血病は、血液のがんの中でも病気の進行が比較的ゆっくりなため、初期症状はほとんどありません。だんだんと病気が進行していくと、寝汗・発熱・全身の倦怠感・体重減少・腹部の膨満感などの症状が現れます。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、血液細胞のがんの一つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化する病気です。発症の原因はまだ明らかではありませんが、細胞内の遺伝子の異常によりがん遺伝子が活性化することが主因であると考えられています。

悪性リンパ腫の最も多く現れる症状は、リンパ節の腫れです。首や脇の下、足の付け根などに痛みのともなわないしこりが現れます。症状が進行すると、しこりや腫れが全身に広がり、その他の症状として盗汗(ひどい寝汗)・発熱・体重減少・皮膚の発疹といった全身症状が現れるようになります。

バセドウ病

バセドウ病は、交感神経を刺激したり細胞の新陳代謝を高めたりする役割を担う甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。女性に多く見受けられる病気で、発症者の内男性1人に対して女性は5~6人程度です。

バセドウ病の主な症状は、頻脈・眼球突出・甲状腺の腫れの3つがあげられます。そのほかの症状としては、倦怠感・手足の震え・動悸・寝汗・多量の発汗・夜中に目が覚める・イライラ・発熱・体重減少・体重増加などがあります。

どのような症状が起こるかについては、年齢・性別によって大きく異なるため、一概にはいえません。

更年期障害

更年期障害とは、閉経を挟んだ前後約10年間(45~55歳前後)を指す更年期に、さまざまな体の不調が起こる女性特有の病気です。主な原因は、エストロゲンというホルモンの低下と、年齢にともなう体の変化に対する精神・心理的な要因があげられます。

更年期障害の主な症状としては、発汗・寝汗・肩こり・動悸・頭痛・めまい・冷え症・不眠などに加えて、抑うつ・イライラ・情緒不安定といった精神症状も現れます。多様な症状が現れますが、症状の原因が他の病気でないことが更年期障害と判断できる条件となります。

男性の寝汗の原因は?

基本的に、女性と男性が寝汗をかく原因は同じですが、男性の場合は男性更年期障害が原因になることもあります。

男性更年期障害とは、中高年に発症するさまざまな精神的あるいは身体的不調のことをいいます。原因は、加齢による男性ホルモン産出量の急激な低下です。

男性ホルモンの量が緩やかに低下する場合には体の不調は起こりにくいのですが、急激に低下した場合にはホルモンバランスが乱れるため、男性更年期障害を引き起こす原因になるのです。

主な症状は、女性の更年期障害とほぼ同じで、寝汗・肩こり・頭痛・頭重感・めまい・不眠・息切れ・抑うつ・イライラなどがあげられます。さまざまな症状が日替わりで現れるのが男性更年期障害の特徴です。

寝汗対策におすすめの漢方薬

漢方薬を選ぶときのポイント

漢方薬の性質上、同じ漢方薬を使用しても、体質や性別などによって作用が変わることがあります。

また、漢方薬は症状ごとに選ぶだけではなく、自分の体の状態に合わせて選びます。たとえば、同じ寝汗という症状であっても、病気からくる寝汗なのか自律神経の乱れからくる寝汗なのかによって、選ぶ漢方薬も異なります。

漢方薬を選ぶときは、一つの症状だけで考えずに、今の自分の体の状態に合わせて選びましょう。ここではミナカラ薬剤師おすすめの漢方薬を3つ紹介します。

更年期の寝汗を改善する漢方薬

更年期の寝汗の解消に効果の期待できる漢方薬は「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」がおすすめです。

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は血行を良くする作用のある漢方薬で、生理痛や更年期障害など女性の症状に多く使われる薬です。体内で停滞した血液循環を促進することでのぼせなどを鎮め、寝汗を改善する効果が期待できます。

のぼせや頭痛をとりのぞく発散作用のあるケイヒを中心に、気分を落ち着かせて水分循環を助けるブクリョウや、血液循環を改善するトウニン・ボタンピなど全部で5種類の生薬が配合されています。

ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、血流を良くすることで生理に関わるトラブルや更年期障害、冷えやのぼせなどを改善する効果のある漢方薬です。血流の異常で起こるさまざまな症状を改善する効果があり、手足は冷えるのに顔はのぼせて汗をかくなどの症状に適しています。

血流を良くする効果のあるトウキや体を温めるショウキョウのほか、水分循環を改善するソウジュツ・ブクリョウや穏やかな緩和作用を持つカンゾウなど全部で10種類の生薬が配合されています。体力がなく虚弱気味で、冷えの症状とのぼせが併発して汗をかくような人に向いている薬です。

体や胃腸の疲れをともなう寝汗を改善する漢方薬

補中益気湯エキス錠クラシエ

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、胃腸のはたらきを改善することで体のさまざまな不調を改善する効果のある漢方薬です。体の疲れや食欲不振などに効果的なため、心身ともに疲れがあり寝汗をかいてしまうという人におすすめです。

胃腸のはたらきを助けるチンピやショウキョウのほか、水分循環を改善するソウジュツや、体内の炎症をひくサイコなど全部で10種類の生薬が配合されています。体力がなく虚弱気味で、心身の疲労があるような人に向いている薬です。

おわりに

寝汗をかく量や頻度は人の体質にもよりますが、あまりにも多くの寝汗が出たり突然寝汗が出始めるようであれば病気のおそれもあるので、気になるようであれば近くの病院を受診しましょう。

また、寝汗対策におすすめの漢方薬を紹介しましたが、漢方薬を使用しても改善が見られない、あるいは悪化してしまうような場合は、近くの病院を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

なお、寝汗のことに限らず、漢方薬などの市販薬の選び方やどんなときに病院に行った方がよいのかについての相談は、ミナカラ薬剤師Q&Aでも無料で受付けていますのでご活用ください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A

ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒

補中益気湯エキス錠クラシエ

汗が多い(多汗症)のお役立ち情報

dメニュー