はじめに

「川崎病」は、正式には「急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)」といいます。

未だ川崎市の公害病と勘違いしているなど、正確に理解している人は少ないともいわれます。

川崎病は、1967年に最初の報告者が東京都の日赤中央病院(現在の日赤医療センター)小児科医の川崎富作医師であったことにより病名がつけられ、世界共通の病名として「KAWASAKI DISEASE」と呼ばれています。

おもに6ヶ月~4歳以下にかかり、特に1歳未満の発症が最も多く、比較的男の子に多く見られます。

川崎病の患者数と流行の経緯

川崎病は伝染病ではありませんが、日本ではまず1982年、1986年に大流行しました。

その後、1980後半から1990年代には約6000人の子どもに発症。

2005年以降は毎年1万人を超え、2012年には約1万4千人まで増加しました。

川崎病は主に日本で多発していますが、川崎病の原因は明確にされておらず、最初はかぜのような症状から始まる難病ですが、現在は治療法も進歩してるため死亡率は低下しています。

ただし放置すると合併症や急死に至るおそれがあるため、早期発見、早期治療が重要です。

川崎病の診断基準

川崎病は、以下6つの主な症状があります。

診断基準は、6つのうち、5つを満たせば川崎病と診断されます。

① 5日以上続く高熱(ただし治療により5日未満で解熱した場合も含む)
② 全身に不定形の赤い発疹
③ 両目の結膜(白目)の充血
④ 唇が荒れて真っ赤になり、イチゴ状舌(舌がイチゴのようにブツブツ)になる
⑤ 手のひらや足の裏に腫れやむくみ、赤くなり、熱が下がった回復期に指先の皮膚がむけてくる
⑥ 頸部(首)のリンパ節が腫れる

※症例写真はこちら、日本川崎病学会HPをご覧ください

川崎病は全身の血管が炎症を起こす病気のため、このように全身にさまざまな症状が出現します。

ただし、①~⑥の症状がそろわない不全型(ふぜんがた)という川崎病もあります。

不全型の特徴として、6つの症状以外の症状で、冠動脈(心臓の血管​)の障害が見られることがあります。

その他、不全型にみられる症状も含め、検査により川崎病と診断します。

川崎病の合併症

川崎病の合併所で最も心配されているのは

■冠動脈瘤:心臓の冠動脈の壁にこぶができる
■心筋梗塞:血管が狭くなったり詰まってしまい、突然死を起こす可能性がある

症状や後遺症には個人差がありますが、動脈に炎症が起こるため、心臓に障害が出ることです。

心筋梗塞は主に動脈硬化から成人に多い生活習慣病によるものが多いのですが、子どもでも川崎病による冠動脈障害が原因となっておこる場合があります。

冠動脈後遺症は約半数が成人となり大きな問題を抱えているため、早期に発見し、後遺症を残さないことが重要な課題です。

さいごに

川崎病は、子どもの病気の中でもあまり身近に感じられていない傾向がありますが、年々増加し静かな流行を続けている病気です。

特に1歳未満の赤ちゃんには命の危険が及ぶため、川崎病を正しく理解することが必要です。