はじめに

「川崎病」は正式には「急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)」いう世界中で見られる難病の一つです。

主に4歳以下にかかり、特に1歳未満の発症が最も多く、比較的男の子に多く見られます。

​日本では夏と冬に多く発症し、年々増加傾向にありますが、初期症状では風邪などと間違えやすく、治療が遅れると合併症や後遺症、死に至る可能性もあるため、川崎病の様々な症状を正しく知っておくことが大切です。

川崎病には診断基準となる主要な6つの症状の他に、定型外の症状の「不全型」があります。

見逃さないために、不全型の症状の特徴も合わせて知っておきましょう。

川崎病の主な6つの症状

川崎病には主に以下のような症状が見られます。

① 5日以上続く高熱(ただし治療により5日未満で解熱した場合も含む)
② 全身に不定形の赤い発疹
③ 両目の結膜(白目)の充血
④ 唇が荒れて真っ赤になり、イチゴ状舌(舌がイチゴのようにブツブツ)になる
⑤ 手のひらや足の裏に腫れやむくみ、赤くなり、熱が下がった回復期に指先から手や足の皮膚がむけてくる
⑥ 頸部(首)のリンパ節が腫れる

※症例写真はこちら、日本川崎病学会HPをご覧ください

川崎病はこれら6つの主な症状のうち、5つを満たせば川崎病と診断されます。

ただし、6つのうち4つしか認められない場合でも、不全型の川崎病と診断されるケースがあります。

不全型川崎病の症状は、主要症状4つ+冠状動脈障害

川崎病の主要症状6つのうち、4つの症状しか認められなくても心臓の血管の障害=「冠状動脈障害」が確認され、他の疾患が除外されれば川崎病とします。

また不全型川崎病はその他の症状として

・BCG接種部位が赤くなっている
・黄疸
・腹痛、下痢
・関節痛
・頭痛
・けいれん

などがみられることがあります。

これら不全型川崎病が15~20%存在するとされています。

不全型は決して軽症ではなく合併症も少なくないため、主要6症状以外の診断も重要になります。

特に1歳前後の赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、①~⑥またはその他症状が見られたら、この病気を疑う必要があります。

主な検査方法

心臓障害をもたらす病気のため、心臓の検査も主流に行われます。

■心エコー検査
超音波を利用して心臓の動きや冠動脈瘤の有無などを調る。

■心電図検査
不整脈や心臓の障害の有無を調べる。

■胸部レントゲン検査
心臓の形や大きさを検査する。

■カテーテル検査
足の付け根からカテーテルを血管の中に入れ心臓の冠動脈まで到達させて造影剤を注入し冠動脈の状態を映し出す。

など、検査はこの他にもあります。

現在は川崎病の治療法も進歩してるため死亡率は低下していますが、最初はかぜのような症状から始まり、主な症状の他にも様々な症状があるため、正しい診断、早期の発見、早期治療が重要です。

さいごに

川崎病の症状は見ていただいた通り全身症状が出るのですが、風邪や結膜炎、イチゴ状舌などがあれば溶連菌感染症など、間違いやすい症状が色々あります。

病気の症状は一つだけではないため、今回紹介したような症状がみられたら「川崎病」の可能性もあることを知っておき、早期に受診することが大切ですね。

また、川崎病の治療方法について気になる方は、アスピリン療法について以下の記事で解説していますので、ご参照ください。

関連記事:川崎病のアスピリン療法について徹底解説!