川崎病はこわい病気?

川崎病は乳幼児に多い全身の血管炎症候群です。

神奈川県川崎市の公害病と勘違いされることもありますが、実際には、1967年に日赤中央病院(現在の日赤医療センター)小児科医、川崎富作博士より発表された「急性熱性皮膚粘膜りんぱ腺症候群」という病気です。

そののち、新しい病気であることから、医師の姓をとって「川崎病」と名付けられました。

この病気は日本で最初に発症が確認され、1982年と1986年に大流行しましたが、その後も増加傾向にあります。

伝染病ではないものの、1982年、86年に大流行した後次第に増加し、2005年以降は毎年1万人を超え、2011年は1万2774人、2012年は1万3917人となっており、2010年からは記録を更新し続けています。

川崎病にかかりやすいのは乳幼児

川崎病は6ヶ月〜4歳以下ぐらいまでの乳幼児がかかりやすい病気です。また、日本人をはじめとするアジア系に多くみられる病気ですが、発展途上国ではあまり発症しないようです。

世界共通で「KAWASAKI DISEASE」と呼ばれ、研究が進められていますが、実のところ原因はまだ明確にされていません。

1歳未満に発症が多く、比較的、男児に多いとのこと。また、通常であれば発病してから2〜3週間ほどで症状がおさまるようですが、1ヶ月以上症状がおさまらなかったり、ときに合併症(冠動脈瘤・心筋梗塞)や重大な後遺症を残すことがあるので注意が必要です。

ただし、心臓異常や治療後に後遺症を残す患者は減少傾向にあるのだそうです。治療法も進化していることから、死亡率も低下していますが、軽症化しても患者数が増えていることは確かなので、原点に戻って原因究明をすることが必要であるといわれています。

川崎病の症状とは?

最初は風邪のような症状から始まりますが、全身の血管に炎症を起こす病気であるため、やがて、カラダ全体に異変が生じます。

  1. 原因不明の高熱が5日以上続く
  2. 手・足・カラダに赤い発疹
  3. 手のひら、足の裏が硬くなって赤く腫れる
  4. 唇が真っ赤になり、イチゴ舌になる(舌がイチゴのように赤いブツブツ)
  5. 発熱から数日後、両白目が赤く充血する
  6. 首のリンパが腫れる

(※回復期には熱が下がり始め、指先の皮がむける)

これらの6つの症状のうち、5つが当てはまると「川崎病」と診断されます。しかし、4つしか認められない場合でも、心臓血管の障害(冠状動脈障害)が確認された場合は「不全型の川崎病」と診断されます。

「不全型の川崎病」の場合は、黄疸(おうだん)、腹痛、下痢、関節痛、頭痛、けいれん などがみられる場合があるとのこと。

BCGを注射したところが赤く腫れ上がることも、特徴的な症状の1つになります。

注意が必要なのは、川崎病によって冠動脈に動脈瘤ができることです。川崎病にかかった子どもは約3%には瘤ができていると言われています。冠動脈に瘤があることによって、将来的に血管が狭くなったり、血栓が冠動脈が詰まったりする冠動脈障害が生じ、狭心症や心筋梗塞を起こす危険性が高まります。

川崎病の原因とは?

川崎病は乳幼児に起こる原因不明の病気として知られています。しかし、以下のように多くの研究が進められ、可能性が高いと考えられる原因の発表なども行われているようです。

体質の影響

遺伝と環境に影響されると考えられる体質についての研究を進めることにより、川崎病にかかりやすい体質であるかのを判定を可能にすることを目指している。

免疫反応の影響

免疫反応が強く、白血球が過剰に反応するため血管の炎症がおこるのではないか、という考察と研究。

カンジダとの因果関係

過去に川崎病が流行した年の気流の解析と、発症が多い月は大気中に「カンジダ菌(Candida)」が多いことをふまえ、カンジダ菌と川崎病の因果関係を研究中

その他

合成洗剤の影響など

国際研究チームによる考察

カリフォルニア大学医学部(University of California, San Diego)と、川崎病研究センターなどの国際研究チームは、2014年5月19日、科学誌「アメリカ科学アカデミー紀要」に「川崎病」は、中国北東部を発生源とする物質が関与している可能性があるという研究内容を発表をしました。

その理由は、日本において大流行した時期の風と、アジアから吹く風に完全な一致が見られるから。

また、その気流のなかには毒性物質があり、それが真菌の一種「カンジダ菌(Candida)」であるとのこと。ちなみに、マウスの実験では「カンジダ菌(Candida)」で川崎病に似た症状を起こすことが確認されているそうです。

そして、突然川崎病が発症するようになったのは、中国の北東部での農業慣習などに変化があったからではないかと考えられています。

しかしながら、カンジダ菌と川崎病の因果関係はまだ明確にされておらず、あくまでも、原因の候補という段階にとどまっています。

なお、フィリピンやインドで発症している川崎病は、別の発生源の、同じ原因によって発症しているとのこと。

おわりに

川崎病は、放置したり、万が一見落としてしまうと冠動脈に影響が甚大です。最大の問題は、症状が急激にあらわれはじめたときに、冠動脈が腫れたか、どのくらい腫れたのか、ということです。いずれにせよ、乳幼児に発疹がでたり高熱がでた場合は、早い段階で医療機関を受診し、早期発見することが非常に重要です。