高血圧は生活習慣病で最も多い病気!

日本における高血圧性の病気の患者数は、厚生労働省が平成26年に行った調査では、1,010万にのぼることがわかりました。平成23年に行われた同様の調査と比較すると、約104万人ほど増加している結果となりました。

男女別では、男性が約445万人、女性が約567万人と女性の患者数がやや多いことがわかりました。

高血圧のメカニズム

血液は、ポンプの役割を持つ心臓から押し出され、体に酸素と栄養素を運びます。

血液が血管を通る際にかかる圧力のことを「血圧」といいます。高血圧では、通常よりも血管に強い圧力がかかる状態をさします。

長期に渡り血管に負担をかけ続けると、血管が破れたり詰まったりするおそれが出てきます。

血管が詰まったり破損することで、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)・心筋梗塞・狭心症・心肥大・心不全・腎不全・蛋白尿・慢性腎臓病・大動脈瘤・末梢動脈疾患などの深刻な病気を引き起こすことになります。

高血圧は「特定の病気」ではありませんが、病気を引き起こす原因となる身近な状態であるといえます。

血圧値の呼び方

心臓は収縮と拡張を繰り返しており、血圧値には二通りあります。また、それぞれの血圧値には呼び名が三通りあります。

心臓が収縮して、血液を押しだした瞬間の血圧 上の血圧/最高血圧/収縮期血圧
心臓が拡張したときの血圧 下の血圧/最低血圧/拡張期血圧

高血圧の目安

病院と自宅では測定値が異なる場合があります。病院で血圧を測定した場合、緊張などの理由から高めの数値になりやすいといわれています。

最高血圧と最低血圧のどちらかが高い場合も高血圧と判断されます。

分類 上の血圧/最高血圧/収縮期血圧   下の血圧/最低血圧/拡張期血圧
病院測定の場合の高血圧 140以上 かつ/または 90以上
自宅測定の場合の高血圧 135以上 かつ/または 85以上

 ※病院測定値は【高血圧治療ガイドライン2014年版】参考

高血圧の症状とは?頭痛・動悸・眠気

高血圧は、個人差はありますが自覚症状があまりありません。自覚症状がでにくいため、早期治療に至らず症状が進行してしまうこともあります。

高血圧の状態に早めに気づくためにも、疑わしい症状を紹介します。

頭痛

高血圧緊急症は、血圧が異常に高くなリ、脳や心臓、腎臓、大動脈などに障害を起こすため、緊急に降圧治療が必要となる病気です。

症状として頭痛から始まり、不穏状態(緊張が高まり落ち着きがなくなる)、吐き気、視力や言語障害に発展します。血圧の上昇で脳内の血管が拡張し、神経が刺激されることが原因で痛みが頭痛が生じると考えられています。

最悪の場合は生命の危険もあるので、上記のような症状が出たときはすみやかに医療機関を受診しましょう。

動悸

動悸とは、普段は感じない心臓の拍動を感じる状態のことをさします。激しい運動などをしたわけでもないのに、心臓がドキドキする場合は高血圧が関係している可能性があります。

高血圧の場合、心臓には大きな負担がかかる状態であるため、高血圧が進行すると心臓は次第に大きくなって心肥大となります。心肥大となると、さらに心臓に負担がかかり心臓が血液を正常に押し流すことができずに不整脈が起こり動悸の原因となります。

動悸の原因は高血圧だけではありませんが、動悸はあらゆる病気のサインでもあるため、頻発する場合は医療機関に相談しましょう。

眠気

睡眠の質が悪いと高血圧を発症しやすくなるといわれています。

就寝中は通常、休息の副交感神経が優位になっていますが、血圧の高い状態では交感神経が活発になるため、就寝時でも寝つきが悪かったり、眠りが浅かったり、睡眠の質が落ちていると考えられています。

しっかり寝ているはずなのに、なんだか眠い、頭がボーっとする、という状況が日中に続くときは、一度病院で検査を受けることをお勧めします。

高血圧は何科を受診する?

高血圧の診療科は一般内科・循環器内科・腎臓内科・神経内科です。

必ずしも総合病院など大きな病院である必要はありません。個人の病院でも検査結果や症状の経過によって、必要に応じた専門医や総合病院を紹介してもらうことも可能です。

高血圧の治療は長期に渡るため、担当の医師との相性や通いやすさを重視して病院を選ぶことをお勧めします。

高血圧の問診で聞かれること

病院を受診した際には、生活習慣や病歴などの問診があります。事前に問診事項を確認し、回答を準備しておくことで治療をスムーズに進めることが可能です。

問診には正直に答えることが治療の近道になるため、可能な限り正確に答えましょう。

なお、病院によって問診項目が異なります。基本的な問診事項を紹介します。

「血圧が高い」といわれたことはありますか?また、その時の血圧値は?
血圧が高いといわれる以前に血圧を測ったことがある場合、時期や血圧値は分かりますか?
心血管疾患、腎疾患、糖尿病、脳血管疾患にかかっていますか?
気になる身体の症状はありますか?(頭痛、腰痛、めまいなど)
今までに大きな病気をしたことはありますか?(病名・いつごろ)
家族に高血圧や心血管疾患の人はいますか?
胸が痛くなることはありますか?(どのあたり/持続時間)
血圧に影響を与える薬を服用していますか?(ピルなど)
生活状況について(食生活、職場、喫煙、ストレスなど)

高血圧のスクリーニング検査とは?

高血圧の治療では、スクリーニング検査という一般的な検査が行われます。

主な検査項目は、血液検査・尿検査・心電図検査・胸部レントゲン検査・眼底検査です。

血液検査 ・貧血や赤血球増殖症の有無
・心筋梗塞の危険因子「ヘマクリット値」の確認
尿検査 ・糖尿病や腎盂腎炎の発見
・タンパクが多い場合は「腎実性高血圧」、少ない場合は「腎障害」の診断を行う
心電図検査 ・高血圧による心臓合併症の発見
・脳卒中や心筋梗塞の危険因子の異状確認
胸部レントゲン検査 体全般、病気全般に関する検査
眼底検査 高血圧による細動脈の病気を調べる

高血圧の診断の確定で行われる検査

高血圧かどうかは、一度の測定では判断できない場合もあります。診断の確定のために以下の検査を行うこともあります。

・寝転んだ状態、座位、立った状態での2回以上の血圧測定
・両腕での血圧測定、脚による血圧測定
・身長・体重の測定と腹囲測定。(BMIの計算)
・頸動脈、甲状腺の触診・聴診
・腹部検査(腎臓の大きさ、大動脈・賢動脈の聴診、腫瘤の有無)
・心臓検査(心拍数、大きさ、聴診)
・四肢検査(浮腫の有無、末梢血管の触診)

検査の結果、合併症の疑いがあったり、高血圧と診断された場合には精密な検査が行われたりします。精密検査は、脳に関する検査なら頸動脈のエコーや造影、MRIなど、医師の判断で必要に応じて行われます。

高血圧ではないと診断された場合は定期的な健康診断の指導を行います。軽度の高血圧や合併症が見つからなかった場合などは、生活習慣に関する指導が行われます。

おわりに

高血圧は、症状が重くなる前にしっかりとした生活習慣の改善などを行えば自宅で治療できる病気といえます。

食生活では、ナトリウム値の高い加工塩ではなく、天然塩のみ摂取するなど減塩を心がけましょう。野菜や果物、食物繊維をとり、適度な運動をしてストレスをため過ぎないことも大切です。

規則正しい生活習慣や栄養バランスのとれた食事は、高血圧だけではなくあらゆる病気の予防にもなるので、身近にできることから始めましょう。