躁うつ病(双極性障害)で一番苦しいのは本人

「躁うつ病(そううつびょう)」は現在「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」といわれ、多くはうつ病から発症することがありますが、うつ病と双極性障害は全く違う病気です。
双極性障害は脳の神経伝達物質に異常が生じるために「著しく気分が落ち込む:うつ状態」と「病的に気分が高揚し活動的な:躁状態(または軽躁状態)」を繰り返します。

躁状態の時は本人に病気の自覚がなく周りも気づきにくいのですが、躁からうつに変わった時、躁の時の自分の行動に強い自己嫌悪を感じ、更にひどいうつ状態に陥り、ますますつらくなる…ということを繰り返し、最悪は命に危険が及ぶ可能性が高い病気です。

うつ病と勘違いされやすく、思うように治療が進まないケースが多く見られるため、双極性障害の特徴については知っておくことが大切です。

今回は家族や友人、大切な人が躁うつ病「双極性障害」になってしまった時の接し方についてです。

双極性障害には「寛解期(かんかいき)」=「躁でもうつでもない時期」があります

「寛解期」とは、症状が一時的に軽くなったり消えたりしている時期のことです。完治した状態ではなく、病気が再発する可能性があるということです。これは他の病気にも使われる言葉です。

双極性障害においての寛解期は、「躁でも、うつでもない」普通のテンションの状態ですが、躁かうつのどちらかの状態が、いつか不規則に発症する可能性がある状態です。

特徴は、寛解期前後の、躁かうつの出方にパターンがないことです。または寛解期をはさまず、躁とうつが出るなど、ランダムな出方をします。

規則的ならば先手を打てるものの、予想が付きにくいことが難題のため、寛解期に勝手に薬の服用など治療を止めないことが大切です。

再発のサインを見逃さない

双極性障害は寛解期から再発のサインを見逃さないことが大切です。再発のサインは人によって異なりますが、以下のような様子には注意しましょう。

・いつもより睡眠時間が短くなる
・おしゃべりが増える、話し続ける
・人の意見に耳を貸さない
・浪費が増える
・飲酒量が増える
・イライラして怒りっぽい、神経質になる

過去に再発した時を振り返り、再発を引き起こしやすい状況について、家族で話し合うことが大切です。

発症は周りの判断が大切

もともと明るくて社交的で自信にあふれている人もいるため、病的な躁状態なのかどうか判断が難しいことがあります。

周りが「いつもと違う」「あまりにもやりすぎ、行き過ぎ」また「人が変わったみたい」と感じることは病気のサインとして重要です。

大切な人が双極性障害になった時の接し方は?

躁状態の時の接し方

躁状態の時、本人に病気の自覚はありません。そのため病院に連れていくのが困難な場合がありますが放置しないことです。

ポイントと注意点

▶多弁は否定せず聞いてあげる
暴言については根に持たず、病気が言わせていると受け流す
信頼できる人から病院への受診を促してもらう
だまして病院に連れていくことは厳禁(逆効果)
クレジットカードや危険物を本人の手に届かないようにする
高価な買い物をしてしまった場合「クーリングオフ」を消費者センターなどに相談する
入院を拒否し症状の悪化や暴力行為などが見られる場合には警察に相談する

躁状態の時に本人からされた言動は、それば病気だと分かっていても責めたくなったり傷つくこともあります。その際は親しい人に愚痴をこぼす、聞いてもらうなどで自分自身にしこりを残さないようにしましょう。

うつ状態の時の接し方

うつ状態は、躁状態の時にしてしまった自分の言動に強い自己嫌悪が生れ、本人にとって最も苦しくつらい時期です。

ポイントと注意点

躁状態の時の言動は「あなたのせいではなく病気がさせている」と伝えてあげる
怠け者として扱わない
「がんばれ」「元気を出して」「薬に頼るな」「いつになったら治るの?」などは禁句に
本人の気持ちを理解し、優しくなるべくそっとしてあげる
躁を防ぐためにも、しっかりと薬を飲んで下さいと伝える

この時のうつは、普通のうつとは違い、強い自己嫌悪と罪悪感にみまわれています。接する側が病気を正しく理解し、愛情を持って見守ることが必要です。

うつ状態の時、自殺のサインを見逃さない

残念なことに双極性障害で自殺を図ってしまう方は少なくありません。
下記のようなサインの時は孤立させないようにしましょう。

・死にたい、消えてしまいたい、遠くへ行きたいなどと言う
・周りの人に大切なものを渡す
・身の回りのものを整理する
・周りの人にお礼や別れを告げる
・遺書を書く
・無茶な飲酒

・向こう見ずな行動をとる

このような場合、周りが気にして、あえて自殺の話題から話をそらせた方がいいと思い無視してしまうと「やっぱり誰も分かってくれない」と孤独感ががつのり、ひとりで自殺願望を抱え込んでしまうことになります。

特に、過去に自殺未遂をしたことがあったり、身近な人の死や、経済的な損失などは自殺の危険を高めます。もし自殺をほのめかすようなことが見られたら「あなたのことが心配」「あなたに死なれたら家族や友人はとてもつらい」という思いを本人に伝えることが大切です。

思い詰めているようなら、すぐに治療を受けている医師に相談しましょう。

治療を受けながら普通の生活をサポート

双極性障害の治療で最も大切なのは、治療を継続して再発を防ぐことです。普通の生活を送る為に協力しましょう。

・家族で規則正しい生活を心がける
・日頃から出来事や気分、睡眠などの変化を書き留めておく
・再発のサインに気づいたら注意してあげる
・薬の飲み忘れを教えてあげる
・気になることはすぐに主治医に相談する
・職場復帰について主治医や上司とよく相談する

双極性障害(躁うつ病)は周りにはなかなか理解しがたい病気ですが、服薬管理と治療をしっかりと行えば、症状をコントロールしながら普通の生活を送ることが可能です。

さいごに

双極性障害は、治療を怠ると、再発を繰り返すたびに次の再発のサイクルが短くなり悪化しやすくなります。

接し方は容易ではない部分も多いのですが、病気への理解とサポートにより再発を防ぎ、普通の生活を送れるようにすることが、本人にも周りの人にとっても大切です。