音がしないけど確実に起きられる自動起床装置やすらぎ

その不快さに確実に目覚めることができるという自動起床装置やすらぎの存在をご存知でしょうか。


image by 楽天HP

やすらぎは音のしない目覚まし。
タイマーをセットし、時間になると空気袋が膨らむことによって強制的に上体が起こされ目覚めることができるという画期的な目覚ましです。

空気袋が最大に膨らんだ状態がコチラ。


image by 楽天HP

上体が弓のようにしなっていますね。

タイマーを止めない限り約9秒間隔で膨らんだりしぼんだりが繰り返されるそうで、あまりの不快感に確実に起きることが出来るんだとか。

元々は絶対に寝坊が許されないJRなどの鉄道会社の乗務員宿泊施設や、消防署などで使用されていたそうなのですが、個人からの注文が増えたため、写真にある個人簡易型のやすらぎが作られたんだとか。

 

やすらぎが欲しい!気になる購入方法とお値段は?

朝起きれない人にとって救世主となり得るこのアイテムですが、購入したい場合はどこで買えるのかというと、ネットでの通信販売で手に入れることが可能です。

大手インターネットショッピングサイト楽天や、製造会社である新光電業(株)えきねっと店のホームページなどで販売されていますが、現在は残念ながら人気沸騰中のため在庫切れ。
次の入荷は4月上旬の予定とのことですので、どうしても欲しいという人は4月からはこまめにネットをチェックしておいた方が良いでしょう。

そして気になるお値段はなんと約10万円!
た、高い!目覚ましに10万円は高い!と思う人も多いでしょうが、朝寝坊をすることによる損失と比べると安い買い物であると考える人も多いため、在庫切れの状態となっているのでしょう。

 

やすらぎに頼らず朝の目覚めをスッキリさせる方法

やすらぎが手に入れば朝確実に起きられるかもしれませんが、在庫的にもお値段的にも入手は困難という人が多いはず。
そんな人はやすらぎに頼らなくても朝快適に起床する方法を知りましょう。

快適な朝を迎えるためには、質の良い睡眠を取ることは勿論ですが、朝の起床の仕方にも気を使うことが大事です☆
 

朝起きたらすぐにカーテンを開ける


image by pixabay
朝起きたら一番にしたいことが、朝日を浴びること。
朝日を浴びることで脳に「起きる時間だよ!」と知らせて、体を覚醒させることができます。

また、外の景色を見ることによって、目から入った刺激で脳から分泌されていた睡眠ホルモンが止まります。
反対にセロトニンという覚醒ホルモンが分泌されるので、朝起きたら必ずカーテンを開けるようにしましょう。

ベッドからカーテンまでの距離があると、足取りが重くなってしまうため、ベッドは窓際に置くことをおススメします☆
 

毎朝同じ時間に起きる


image by PHOTOZOU

毎朝の起床時間を同じにすることによって、脳が体が起きる時間を記憶し、それに合わせて脳を覚醒するようにしてくれます。
平日に関しては、毎朝同じ時間に起きる人が多いかと思いますが、休日の起床時間を2.3時間遅らせると睡眠のリズムが狂ってしまうため、毎日の寝起きが悪くなってしまいます。
休日くらいは朝寝坊させて、と言いたい気持ちは分かりますが、休日の朝寝坊は1時間くらいまでに留めておいた方が良いでしょう。

 

朝ごはんを食べる


image by pixabay
睡眠時は血糖値が下がっているため、脳がぼーっとした状態になってしまいます。
朝から脳をしっかり働かせるためには、炭水化物などの糖質を摂取して血糖値を上げることが大切です。

炭水化物の中でも、菓子パンなどの消化吸収が早い食べ物は血糖値が急上昇しますが、その後は急降下してしまうため、すぐに空腹感や疲労感を感じてしまいます。
朝ご飯は血糖値の上昇が緩やなご飯やお餅などを摂取することで、お昼までスタミナが続くでしょう。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか!

やすらぎがどうしても欲しい人は次のチャンスは4月上旬です!
やすらぎの購入は難しそうだけど、早起きしたいという人は、上記でご紹介した方法を参考にしてみてくださいね☆