はじめに  ~更年期(こうねんき)とは~

女性の一生はホルモンの変化によって、小児期、思春期、成熟期、更年期、老年期の5つのサイクルがあります。

「更年期」とはこのサイクルの1つの時期を指す言葉です。

更年期の時期は女性ホルモンの関係で身体に大きな変化が起こります。この時期に、ほとんど何も感じずに過ごせる人もいれば、めまいやひどい倦怠感などの様々な症状により、日常生活が困難になるほどの障害が出る人もいます。

後者のように、更年期の時期に、様々な心身の症状が出ることを一般的に「更年期障害」といいます。
 

更年期の年齢とは?

「更年期」は閉経前後の10年間をいいます。

閉経年齢にはかなりの個人差がありますが、平均閉経年齢は50歳~51歳といわれています。
そのため更年期の年齢は、だいたい40代後半〜50代前半(45~55歳)くらいと考えることができます。
 

閉経のしくみとプロセスは?

女性ホルモンは卵巣の中の「卵胞」で産生されますが、卵胞は新しく作られることはなく年齢と共に減少していきます。
40歳頃からエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が低下します。

そのため月経に次のような変化が起こります。

  • 周期が短くなる
  • 周期が飛び飛びになる
  • 予定日が分からなくなる
  • 頻度が少なくなる
  • 日数や月経量が減る


このようなプロセスが見られるケースが多いのですが、閉経の時期やプロセスには個人差が大きく、中には日数が2週間程度続いたり、月経量が増えるケースもあります。

いずれも40代中ばに月経の変化や異常が続いた場合は閉経の兆候と言えるでしょう。
ただし出血には子宮筋腫や子宮がん、甲状腺の病気などによる不正出血の場合があり、区別がつかないことがあるため注意が必要です。

閉経とは「卵巣の活動が低下し、排卵が無くなり月経が止まった状態」をいいます。
通常12ヵ月連続で月経がない場合、閉経と判定されます。
 

更年期の不調はなぜ起きるの?

脳からの指令が受け止められないため混乱する

卵巣の働きが衰えて行き、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が低下すると、脳はエストロゲン分泌量の減少を感知し、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌してエストロゲンを作るよう指示します。

ところが卵巣には力がないため、エストロゲンの量は増えず、2つのホルモンの分泌のバランスの乱れます。
その結果、自律神経のバランスも壊れやすくなります。自律神経は私たちの意志とは無関係に全身の機能をコントロールしているため、自律神経の乱れにより全身の機能に支障をきたし様々な症状が出るのです。

このように閉経を迎える更年期には、体に大きな変調が起こりやすい時期なのです。
 

更年期に出やすい症状は?

更年期に出やすい主な症状は、月経異常、ほてりやのぼせ、頭痛、めまい、肩こり、手足のしびれ、動悸など、他にも様々なものがあります。

症状は比較的軽いものから、日常生活が困難な「更年期障害」に至るまで大きく個人差があります。
また、更年期だから不調があっても仕方ない、などと放置した結果、実は他の病気だったということがよくあります。

まずは体の不調があった場合は一度、内科、または産婦人科の受診をしてみましょう。

 

おわりに

近年では更年期になる前の20代~30代の「若年性更年期障害」も増えており、また男性にも更年期障害はあります。

それぞれの年代や性別により原因は異なりますが、特に女性には自然の流れとして必ず閉経があり、更年期に起こる体の変化については、その原因やプロセスを知っておくことは必要ですね。