「これって更年期障害?!」更年期障害が始まりやすい年齢と代表的な症状について

はじめに

男女共に40代の更年期を迎える時期には、原因不明の身体の不調(不定愁訴:ふていしゅうそ)があらわれやすくなります。
特に女性はホルモンバランスの急激な変化により様々な体調不良をきたしやすくなりますが、「更年期障害」は日常生活が困難になるほどの障害が出る状態です。

では、更年期障害はいつから始まるのか、どんな症状があるのでしょうか。
今回は更年期障害のチェック方法も合わせて紹介します。

 

更年期障害の始まりやすい年齢は?

「更年期障害」は自覚症状の個人差が大きく、始まる年齢については明確ではありませんが、目安としては閉経前後の10年間(45歳~55歳)に更年期特有の症状が出やすいと言われています。
しかし近年は30代の若年層にも更年期と同様の症状が出る「若年性更年期障害」が急増しています。

女性の場合はホルモンバランスが体調に大きく影響しますが、更年期障害が起こる鍵となるのが「①エストロゲンの減少」と「②閉経」です。

エストロゲンの働きには

子宮や卵巣の働きを高める
肌のつや、骨を丈夫に保つ
血管を広げ血流を良くする
悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる
血管や骨を丈夫に保つ
脳の働きを活発にする

などがあり、エストロゲンは体を調整する重要な働きがあります。
そのためエストロゲンが減少する更年期の時期に、様々な体の変化や不調があらわれるのも納得です。

また、最も大きな変化としては「閉経」があります。閉経の時期にもかなりの個人差がありますが、平均閉経年齢は50歳~51歳と言われています。
そのため、更年期の症状が強くあらわれやすいのは50歳前後が多いと言えるでしょう。

このように、更年期障害の始まる時期についてはかなり個人差が大きいのですが、大体45歳頃からの不定愁訴については注意が必要です。

 

更年期障害の代表的な症状は?

更年期においてはエストロゲンの減少が、自律神経、精神神経、循環器系、呼吸器系、運動器系など全身の様々な器官に影響するため、主に以下のような症状が起こります。

  • 月経異常
  • ホットフラッシュ(顔のほてり、のぼせ)
  • 異常発汗、寝汗
  • 倦怠感、不安、憂鬱、イライラ
  • 不眠、睡眠障害
  • 食欲不振
  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 動悸、息切れ
  • 肩こり、腰痛、関節通
  • 手足の冷え、しびれ
  • 便秘、腹痛、下痢
  • 頻尿、尿失禁、膣の痛み
  • 肌の乾燥

などが主な症状とされていますが、その他にもさまざまな症状が出る場合があります。

 

更年期障害はどうやって見分ければいいの?

日本産科婦人科学会が日本人女性の更年期症状評価表として1999年に「更年期スコア」を公表しました。
それを簡略化し、更年期の症状の有無、程度の確認の為に利用されているチェック表があります。

 

■簡略更年期指数:SMIチェック

症状 なし 点数
1、顔がほてる 10 6 3 0  
2.汗をかきやすい 10 6 3 0  
3、腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0  
4、息切れ、動悸がする 12 8 4 0  
5、寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0  
6、怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0  
7、くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0  
8、頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0  
9、疲れやすい 7 4 2 0  
10、肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0  
        合計  


■合計点による自己採点の評価法

合計点数  
0~25 異常なし
26~50 食事、運動に注意を
51~65 更年期・閉経外来を受診しましょう
66~80   長期にわたる計画的な治療が必要
81~100  各科の精密検査にもとづいた長期の計画的な治療が必要

引用元:小山嵩夫作成「簡略更年期指数:SMI」
 

症状の程度をチェックし、合計点により、対処方法を判断する手助けになります。
1つの目安として参考にしてみましょう。

 

おわりに ~他の病気の可能性に注意しましょう~

更年期に起こる代表的な症状には、他の病気と区別がつかないことがあります。

更年期だから不調があっても仕方ない、などと放置した結果、実は他の病気だったということがよくあります。

更年期において体の不調があった場合は一度、内科、または産婦人科の受診をしてみましょう。

更年期のお役立ち情報

更年期に関連するQA