20代・30代の若年性更年期障害の症状と対応方法を解説

20代・30代の若年性更年期障害の症状を解説します。

一般的に更年期障害は、その名の通り女性であれば更年期(45~55歳)、男性であれば40代から症状が現れるとされる病気です。

しかし、本来ならば更年期障害にかかる要素がないはずの20代30代でも、現代社会における環境や風習などが原因で、更年期障害のような症状を訴える人が多数存在するのです。

そして、若いうちに起こるそのような症状を「若年性更年期障害」といいます。

更年期障害と若年性更年期の違いと原因

通常、年齢を重ねて発症する更年期障害は、男性ならば男性ホルモンの低下、女性ならば女性ホルモンの低下といった、いずれも加齢による性ホルモンの低下が原因となり起こります。

また、年齢に準じた社会的責任の重圧によるストレス、介護などのストレス、真面目で几帳面な性格なども要因の一つであるといわれています。

実は、若年性更年期障害の場合もホルモンバランスの乱れが症状を引き起こすと考えられています。しかし、もちろんホルモンバランスの乱れは加齢によるものではありません。

その一番の要因となるものは

「ストレス」

仕事も多様化し、能力次第で責任の重い仕事も任されるようになるので若い人もストレスを溜め込みやすくなってしまいます。また、休日出勤で身体を休ませることも疎かにして、毎日の残業で食事時間も不規則になったり、外食が増えてしまうことから

「偏った食生活」

などの生活習慣が原因になっているとも考えらえます。また、そのほかに

「過度なダイエット」

が若年性更年期障害の原因になる場合があります。過度なダイエットが身体に及ぼす影響は大きく、食事制限のしすぎて栄養失調になり、その結果月経を止めてしまうことがあるのです。また、極端な食事制限は脳疲労を起こす場合があります。男性・女性ともに性ホルモンの分泌は脳によってコントロールされているため、脳疲労も若年性更年期障害を起こす要因になると考えらえます。

つまり、脳疲労を悪化させる

「睡眠不足」

「過多な情報つめこみ」

なども、若年性更年期障害の一因となっているといえるでしょう。

もしかして私って若年更年期障害?!症状をセルフチェック

女性用

  症状 は い いいえ
1 生理不順である
2 汗をかきやすくなった
3 ささいなことでイライラする・怒りっぽくなった
4 最近とくに腰・手足が冷えやすい
5 やけに疲れやすくなった
6 頭や顔がのぼせたり、ほてることが多くなった
7 頭痛やめまいが多くなった
8 最近あまりよく眠れない
9 肩こり・腰痛がひどくなった
10 動悸・息切れを感じることがある
11 急に不安になったり、気分が落ち込んだりする

※5つ以上「はい(●)」が当てはまる場合「若年性更年期障害」である可能性があります。

男性用

  症状 は い いいえ
1 最近元気が出ない
2 楽しいと感じることが少なくなった
3 体力や持久力が低下している・すぐ疲れる
4 イライラしやすくなった
5 運動能力が低下した.筋力量が減った
6 記憶や集中力の低下・仕事能力の低下を感じる
7 性欲が低下した
8 勃起力が低下している
9 よく眠れない
10 肩こりや頭痛が多くなった

※3つ以上「はい(●)」が当てはまる場合、「若年性更年期障害」である可能性があります。

また、7と8が明確に当てはまる場合もその可能性が高いと考えられます。

若年性更年期障害かもしれないと思ったら

もしかして若年性更年期障害かもしれないと思ったら、「そのうち治る」なんて放置せずに、まずは医師に相談してみましょう。最初は軽い症状でも、徐々に手におえないほど重症化してしまう場合があるからです。

女性ならば、まずは「婦人科」に診察してもらうと良いでしょう。もちろん、ちょっとした身体の不調を相談したいならば「内科」に行くことや、精神的な不安要素が大きければ「心療内科」で診察してもらうことも一つです。

男性ならば、「内科」、もしくは「心療内科」で診察してもらいましょう。まだ数は少ないですが「男性更年期障害外来」を設けている病院もあります。また、勃起不全(ED)の症状がある場合は「泌尿器科」で診察してもらいましょう。

治療法としては

・ホルモン補充療法
・薬・もしくは漢方薬による治療
・生活改善や食事療法

などがあります。

若年性更年期障害の予防と対策

生活改善や食事療法は病院でもカウンセリングしてくれますが、。もちろん自分自身で気をつけることで予防・改善につながります。

何もしないリセットの時間をつくる

仕事、育児や家事、ネット、携帯いじり、SNS等々、何かに追い込まれ縛られることでストレスをためこんでしまうことが、現代ならではの若年性更年期を発症させる要因です。

ぼんやり、何も考えず心地良い空間に身を置いたり、お風呂でゆっくりと瞑想する時間を持ちましょう。パートナーがいる場合は相手の協力が必要になるので、よく話し合って状況を改善しましょう。

朝日を浴びて質の良い睡眠を摂る

朝日をきちんと浴びると体内時計がリセットされ、生体リズムが整うので質の良い睡眠をとることができます。

質の良い睡眠で身体と脳の疲れをとるこによって、ホルモンバランスを整えられます。

適度に毎日できる運動をする

一つ前の駅で降りて歩く距離を増やしたり、エレベーターやエスカレーターをつかわず、階段を上り下りしたりなど、毎日無理せずできる運動を行うことが効果的です。

運動は脳の活性化につながり、ホルモンバランスを整えることにも役立ちます。

食事バランスを整える

たくさんの種類の野菜や果物、きのこ、海藻類、肉や魚、大豆などのタンパク質、糖質の多い米やパン、麺類などは食べ過ぎないよう注意しつつもエネルギーになるので必ずバランスよく摂りましょう。

食生活を整えることは、健康を維持してホルモンバランスを整えてくれます。

おわりに

更年期障害を起こす年齢に達していないことから、なかなか理解されにくいことも多いかもしれません。しかし、発症してしまったからには、更年期障害と同じ症状に苦しむことになるので、我慢は禁物です。

「私はしんどいのよ!」「俺だってしんどいんだ!」と気持ちを内にためこまず、時には声を大にして発散することも大切です。

そして、悩んだら、まずは病院に相談してみること。苦しみを理解されることも症状緩和に役立つので、精神的にだいぶ楽になれるはずですよ!

更年期のお役立ち情報

更年期に関連するQA