30代後半から40代前半は、20代に比べれば体力の衰えや肌質の変化などがありますが、本来ならばまだまだ元気な年齢層。45歳を過ぎた女性のなかには、「40代前後は、まだまだ元気だったよな~」なんて遠い目をする人も少なくないのではないでしょうか。

更年期障害は、閉経を挟む前後10年間の「更年期」といわれる時期に起こるさまざまな身体の不調です。しかし、どうやら30代後半から40代前半の女性も、安心していられないようですよ。

 

プレ更年期障害とは?

「プレ更年期障害 」という言葉を、時折耳にしませんか?実は、”プレ”という言葉が”前の”という意味を持つことからも想像できるように、45~55歳の更年期といわれる時期より”少し前の”30代後半から40代前半に起こる、まるで更年期障害のような症状のことを言います。他にも、「若年性更年期障害」といわれる言葉がありますが、それはさらに若い年齢層に起こる症状のことをいいます。

  20代前半 20代後半 30代前半 30代後半 40代前半 40代後半 50代前半
若年性更年期障        
プレ更年期障害           
更年期障害             

 

プレ更年期障害が発症する【原因】とは?

更年期手前の年齢層が発症するものであるため、更年期障害のような、加齢による卵巣機能の低下が主な原因ではありません。実は、この原因となる多くは『ストレス』によるもの。そのストレスが自律神経の働きを乱して、更年期障害の症状に類似した、自律神経失調症のような症状をあらわしはじめます。

30代後半から40代前半といえば、まだまだ元気だと仕事を頑張り過ぎる人も多いのではないでしょうか。また、育児に追われたり、仕事と育児の両立などで大きな”ストレス爆弾”のスイッチを押してしまっている可能性があります。

また、卵巣機能の極端な低下はありませんが、年齢的にも徐々にホルモンの分泌量が減りはじめ、卵巣が疲れてくる時期であるために、その影響も決してゼロではありません。そんなことから、プレ更年期の世代はホルモンの「ゆらぎ世代」とも言われています。

 

プレ更年期障害の主な【症状】はカラダとココロにあらわれる

「プレ更年期障害」の症状は、身体のみならず、精神面や、肌の状態にもあらわれます。

以下はその症状のチェック項目です。いくつ当てはまりますか?

カラダ ココロ

1.生理の出血量が減った・生理の周期が短い

2.疲れやすい

3.痩せにくい・太りやすくなった

4.身体(特に腰や手足)が冷えやすい

5.顔がほてる・のぼせる・汗をかきやすい

6.動悸・息切れがある

7.頭痛・めまい・肩こりがある

8.トイレが近い・尿失禁がある

9.性交痛がある

10.イライラする・怒りっぽい

11.すぐにクヨクヨする・憂うつになる

12.小さなことが気になる

13.忘れっぽい

14.涙もろくなった

15.意欲の低下

16.寝つきが悪い・すぐに目が覚める 

 

 

 

17.肌がカサつく

18.肌の老化(タルミ・くすみ・しみ・しわ)が気になる

19.髪の毛のハリ・ツヤがない・白髪が目立つ

20.爪が割れやすい・爪にスジができた

21.やけに口の中が乾く

 

 

 

 

 

◇ 上記の項目が、7~13項目ほど当てはまるのであれば「少しプレ更年期障害」

◇ もしも14項目以上当てはまるのであれば、「かなりプレ更年期障害」だと考えられます。

 

「プレ更年期障害」に効果的なこと

◆バランスの良い食事

脂質を控えた野菜中心の、バランスの良い食事を1日3食摂るよう心がけましょう。栄養価が高い旬の野菜を中心にすると効率的に栄養素を摂ることができます。また、フルーツは朝食で摂取することにより、その効果をいかんなく発揮します。果糖などのエネルギー変換がスムーズに行われ、身体や脳の働きを活性させてくれますよ。但し、糖分が肥満につながるので夜のフルーツは避けた方が良いでしょう。まんべんなく栄養素を身体にいきわたらせることは、自律神経を整えることに役立ちます。

尚、「プレ更年期」に効果的な【自律神経の機能を高める食材】は、セロリ・くこの実・春菊・トマト・アサリ・シジミ・牡蠣・ハマグリなど。また、【女性ホルモンに働きかける】大豆食品(豆乳・豆腐・納豆・味噌・黒豆など)も効果が期待できます。

 

◆アロマセラピー

アロマセラピーはアロマオイルの芳香を用いて心身をリラックスさせ、ストレスを取り除いてくれる効果があるために、「プレ更年期障害」には効果的だと言われています。※但しアロマオイルには身体の状態により使用してはいけない禁忌事項があるので、購入先にてよく確認のうえご使用ください。

アロマオイル 効能
ラベンダー 精神の緊張をほぐして自律神経を整える。身体を温める。
ペパーミント イライラを沈め、心身の不調を取り除く。
イランイラン 緊張やストレスの緩和。女性ホルモンの分泌を促進
ローズマリー 精神的な疲れを癒し、新陳代謝を促す。
オレンジ・スイート 緊張を和らげてリラックスさせてくれる
ジャスミン 不安を和らげ、ホルモンバランスを整える
ゼラニウム イライラを沈めて、ホルモンバランスを整える
マジョラム 血行促進。気分を落ち着かせてくれる。安眠。

 

◆ハーブティー

ハーブティには、心身をリラックスさせてストレスを解消する効果があるので、、「プレ更年期障害」には効果的だと言われています。※但し、カフェインレスでも、身体の状態によっては強い作用を発揮するものもあるので、購入先にてよく確認しましょう。

ハーブティ 効能
セントジョンズワート 精神を落ち着かせる。むくみ、ダイエットにも効果的。
フェンネル 女性ホルモンを活発にする。便秘やむくみにも効果的。
ペパーミント  痛みを和らげる。生理痛にも効果的。
カモミール 胃の働きを良くする。生理痛をやわらげる。
セージ 女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つ。血行促進、新陳代謝アップ。
バラ 精神の安定に役立つ。美肌効果もあり。
レディスマントル 女性ホルモンのバランスを整える。美肌、生理不順にも効果あり。

ほか、◆充分な睡眠  ◆適度な運動 も非常に有効です。

 

「プレ更年期障害」の症状がひどいときは

「プレ更年期障害」の症状があまりにもひどいようであれば、「婦人科」を受診してみましょう。基本的に「プレ更年期障害」は、卵巣機能の低下ではなく、ストレスによる自律神経の乱れですが、血液検査により血中のホルモン値を測り、更年期症状の進行状況を調べることができます。時には、早期に更年期症状が進んでいることもあるとのこと。

その状況を把握したうえで症状に合った治療が施されます。主な治療は、漢方処方、もしくはホルモン療法、OC処方(ピルの処方)、メンタルケアなど。

また、精神的な症状が強ければ「心療内科」という選択肢もあります。その場合、精神安定剤、漢方薬などの処方が主になります。

 

おしまいに

「プレ更年期障害」を引き起こす諸悪の根源は「ストレス」。つまり、逆を言えばストレスさえ溜めこまないようにすることで、「プレ更年期障害」を予防・対策できるということです。

頑張り過ぎず、疲れたらひと休みして、何ごとも「ケ・セ・ラ・セ・ラ(なるようになれ!)」の精神で受けとめてみてはいかがでしょう?


(image by Photo AC)
(image by Photo AC)
(image by Photo AC)
(image by Photo AC)