たばこに依存するメカニズム

禁煙がなかなかうまくいかない人も多いのではないでしょうか。禁煙できない原因は、たばこに含まれる「ニコチン」に依存することにあります。

ニコチン依存症とは?

たばこを吸うと、ニコチンが肺から血液中に入り脳内のニコチン受容体に結合します。

すると、快感物質である「ドーパミン」が放出され、たばこを吸った人は「ホッとする」「落ち着く」などの快感を得ます。

この快感はニコチンが体内に残っている30分ほどしか持続せず、ニコチンが体内から消えるとイライラしたり不安を感じるなどの「離脱症状」が現れます。

離脱症状をおさえるためにたばこを再び吸うという流れを繰り返すことで、ニコチン依存症になるのです。

禁煙の体への効果

禁煙すると体内が健康な状態に戻っていき、さまざまな良い変化をもたらします。

寝つき・寝起きがよくなる

たばこに含まれるニコチンには強い覚醒作用があるため、日常的な喫煙で寝つきや寝起きが悪くなることがあります。

禁煙することでニコチンによる覚醒作用がなくなり、夜はすんなりと眠れるようになり、朝は気持ちよく目覚めることができます。

ニコチンが体から完全に抜ける、48〜72時間の禁煙で効果を実感できるでしょう。

食べ物を美味しく感じる

味覚には、「亜鉛」という成分が関わっています。

亜鉛は、舌の表面にある味覚細胞の新陳代謝を行いますが、たばこを吸うことで発生する活性酸素を壊すために亜鉛が奪われてしまいます。これによって味覚細胞が十分に働かず、味覚障害が起きます。

味覚障害には、何にでもマヨネーズをかける・自分が作った料理の味が濃いといわれる・異常にからいものが好きなどといった例があります。

禁煙することでたばこによる亜鉛の消費を防ぎ、食べ物を今まで以上に美味しいと感じるようになります。

ニコチンが体から完全に抜ける、48〜72時間の禁煙で効果を実感できるでしょう。

肌の調子がよくなる

たばこを1本吸うと、ビタミンCが約20mg失われます。1日1箱たばこを吸う人は、レモン約2個半分のビタミンCが失われていることになるのです。

ビタミンCは肌のもとであるコラーゲンを生成するのに非常に重要な役割を果たしており、また老化を防ぐ抗酸化作用もあります。

禁煙することでたばこによるビタミンCの消費を防ぎ、肌の調子が改善されることが期待できます。

効果を実感するまでの時間には個人差がありますが、ビタミンCの消費は禁煙直後から防ぐことができます。

スタミナが戻る

たばこに含まれる「一酸化炭素」が、酸素より先に赤血球に結合してしまうことで、体のすみずみまで血液が行き渡らなくなります。

そのため心臓や血管などの循環機能・筋肉などの機能が低下し、スタミナが低下します。

禁煙することで酸素が赤血球に正常に結合し、血液が体中に行き渡るようになり、スタミナが戻ります。約1か月〜9か月で効果を実感できるでしょう。

口臭がなくなる

たばこに含まれる「ニコチン」や「タール」が口腔内に付着することによって、口臭がきつくなります。

禁煙することでニコチンやタールの付着がなくなり、口臭が改善されます。約1日で効果を実感できるでしょう。

また、ニコチンによって引き起こされる歯周病も口臭の原因となります。

歯周病が改善される

たばこに含まれる「ニコチン」によって、歯ぐきが炎症を起こし歯周病が引き起こされます。

禁煙することで免疫力が回復され、歯周病が改善されていきます。約1か月で効果を実感できるでしょう。

禁煙と歯の関係について詳しくは関連記事をごらんください。

せき・たんが改善される

たばこを吸うと、煙の刺激によって気管支をきれいに保つ「線毛(せんもう)」が炎症を起こして抜けてしまいます。また、同じ働きをする「気道液」の分泌量も低下します。

これによって肺の浄化機能が低下し、SOSのサインとして慢性的な咳やたんになって現れるのです。

禁煙すると線毛と気道液が正常に働き、せき・たんが改善されます。約1か月〜9か月で効果を実感できるでしょう。

禁煙の心への効果

禁煙は、精神の健康にもつながります。

たばこを吸うことでストレスが解消されたり精神が安定したと感じるのは、たばこを吸っていない間の離脱症状(イライラや不安など)が緩和されたことによるものです。

たばこを吸い終わると、次にたばこを吸うまでの間にどんどん「吸えない」というストレスが溜まります。

このように、喫煙者は非喫煙者よりもストレスを感じることが多くなり、心の健康が奪われていきます。

また、喫煙によってストレスが増加し、うつ病や不安障害などの精神疾患へのリスクが高まっていることも報告されています。

おわりに

たばこは健康面において「百害あって一利なし」です。吸うか吸わないかは個人の自由ではありますが、家族などの身近な人と少しでも長くいるために、禁煙を始めてみてはいかがでしょうか。