市販薬の禁煙への効果は?

市販の禁煙補助薬はニコチンを成分としており、ニコチンのみを体内に摂取します。

禁煙すると血液中のニコチン濃度が下がり、イライラする・集中力がなくなる・落ち着かないなどの症状が起こります。

禁煙補助薬にはこの症状を緩和する効果があり、薬を使用することで禁煙をサポートします。

たばこには、ニコチンの習慣性による精神的依存があります。

過去に何度も禁煙に失敗している方は精神的依存度が高いと考えられるため、禁煙外来の受診をおすすめします。

禁煙を助ける市販薬の選び方

市販の禁煙補助薬は、ガムとパッチの2種類です。

2つの薬の効果に違いはなく、肌が弱い方にはガム、ガムを噛むことが難しい方にはパッチがおすすめです。

そのほか、ガムとパッチには次のような違いがあります。

自身の状況や好みに応じてガムかパッチのどちらかを選びましょう。

禁煙補助薬のタイプ おすすめの方
ガム ・肌が弱くかぶれやすい方
・朝や外出する前にたばこを吸う方
・日によってたばこの本数が違う方
・口寂しさを紛らわせたい方
パッチ ・歯の状態や仕事の都合によりガムを噛むことができない方
・禁煙していることを人に知られたくない方
・1日1回の使用で済ませたい方

ニコチンガム

ガムに含まれたニコチンを、口の粘膜から吸収します。

たばこを吸いたくなった時に1粒口に入れ、30〜60分噛み続けることで喫煙欲求をおさえます。

たばこを完全にやめてから使用し、徐々にガムの使用個数を減らしていきます。

ニコチンガムは医薬品であり、普通のガムとは噛み方が異なります。

ピリッとした味を感じるまでゆっくり噛んだ後、頬と歯茎の間にしばらく置き、これを約30~60分かけてくり返します。

ニコチンガムにはニコレットとニコチネルの2つのブランドがあり、どちらもニコチンの配合量は同じであるため、噛み心地や味で選びましょう。

市販薬 特徴
ニコレット ・味と噛み心地の異なる4タイプ
・ニコレットはニコチンのピリピリ感があり甘みのないベーシックタイプ
・ニコレットクールミントは、キシリトール配合で甘みのあるミント味
・ニコレットアイスミントはキシリトールとl-メントール配合で清涼感のあるミント味
・ニコレットフルーティミントはキシリトール配合でフルーティなミント味
ニコチネル ・ガムベースにもシュガーレスコーティング層にもフレーバーを含んでいる3つの糖衣タイプ
・ニコチネルマンゴーはフルーティーで豊かな甘みがある
・ニコチネルスペアミントはマイルドな甘みがある
・ニコチネルミントは甘さをおさえたすっきりとした味

ニコチンパッチ

パッチはニコチンを含んだ貼り薬で、皮膚からニコチンを吸収します。

パッチに含まれるニコチンが少しずつ放出され、1日を通して血中のニコチン濃度が保たれるため、朝貼るだけで禁煙効果を持続できます。

朝起きた時に二の腕・お腹・腰のいずれかに貼り、寝る前にはがします。

禁煙開始から6週間ニコチンを摂取するパッチを貼り、その後2週間は半分以下の量のニコチンを摂取するパッチに変えることで、無理のない段階的な禁煙を目指します。

ニコチネルとシガノンでは、ニコチンの含有量は異なりますが、実際にニコチンを体内に吸収する量にはほとんど違いがないため、パッチの形状の好みや、貼る場所で選ぶとよいでしょう。

市販薬 特徴
ニコチネル ・肌色の円形タイプのパッチ
・体毛の濃い部分は避け、左右の上腕部、腹部、腰背部のいずれかに貼る
シガノン ・貼っているのがわかりにくい透明のパッチ
・体毛の少ない、胸、背中、肘から肩にかけての腕の外側のいずれかに貼る

市販の禁煙補助薬のおすすめ

ニコチンガムのおすすめ

ニコレット

たばこをやめたいと望む人のための医薬品で、禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和します。

ニコチンのピリピリ感のあるベーシックタイプでしっかりとした噛み応えがあります。

ニコチネルマンゴー

糖衣タイプでマンゴー風味のニコチンガム製剤です。

禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和し、禁煙を成功に導く事を目的とした禁煙補助薬です

ニコチンパッチのおすすめ

ニコチネルパッチ20

ニコチンの放出をコントロールする「マトリックス層」によって、ニコチンを時間差で摂取します。

シガノンCQ1

貼ってすぐにニコチンが出る層と、その後ゆっくりと出続ける層の「デュアルアクション」によって、ニコチンを時間差で摂取します。

禁煙補助薬の使用上の注意

禁煙補助薬の副作用

禁煙補助薬の主な副作用には、頭痛・異常な夢や不眠などの睡眠障害などがあります。

またガムでは口内炎や喉の痛み、パッチでは皮膚のかぶれ・発赤・発疹・かゆみなどの副作用が起こることがあります。

副作用が現れた場合は、薬の使用を中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

禁煙補助薬の使用中に喫煙しない

パッチやガムの使用中に喫煙すると、ニコチンの過剰摂取となり副作用が現れやすくなります。

ニコチン製剤を使用中、または使用直後には喫煙しないでください。

パッチとガムは併用しない

ニコチンパッチを貼った状態でガムを使用すると、ニコチンの過剰摂取となり吐き気、唾液増加、腹痛、下痢、発汗、頭痛、めまい、聴覚障害、全身脱力などの急性ニコチン中毒の症状が現れるおそれがあります。

パッチとガムは併用しないでください。

妊娠中・授乳中は使用しない

妊娠中や授乳中は、胎児や乳児への影響が考えられるため使用しないでください。

妊娠中や授乳中の方で、禁煙を考えている方は、担当の医師または禁煙外来に相談しましょう。

そのほか禁煙補助薬を使用できない方

非喫煙者、重い心臓病のある方、急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)と医師に診断された方、うつ病と医師に診断された方は、禁煙補助薬を使用できません。

薬を使用してよいか迷った場合は、弊社の薬剤師に無料で相談できるサービスがあります。ぜひご利用ください。

薬剤師に無料で相談する

市販薬を使用しても禁煙できない場合は医療機関を受診

市販の禁煙補助薬を使用しても完全に禁煙できなかった場合、禁断症状が十分におさえられない場合は、禁煙外来など医療機関を受診してください。

おわりに

禁煙補助薬を使用することで、ニコチンパッチでは約1.7倍、ニコチンガムでは約1.4倍も禁煙率が高まるという報告もあります。

少しでも禁煙の成功率を上げるために、禁煙補助薬を効果的に使ってみてはいかがでしょうか。