【薬剤師監修】口内炎に効く薬の選び方・使い方を解説

薬剤師監修で口内炎に効果的な薬の選び方や使い方を解説しています。あなたにぴったりのお薬がきっと見つかります

2017年03月14日

質問に答えてあなたに適した薬を選びましょう

※本記事の内容(使用感や味など)には編集者が実際に医薬品を使用した際の感想も含みますので、必ずしもすべての利用者に当てはまるとは限りません。

口内炎の塗り薬

口内炎の塗り薬一覧

口内炎の塗り薬はステロイド成分の有無や剤形、定着力、使いやすさ、味などを選ぶための参考にしてください。
以下の表の薬品名をクリックすることで、指定の薬品の詳しい情報へ移動することが可能です。

薬品名 剤形 定着力 使いやすさ
しっかりした効きめ(ステロイド成分含む)
口内炎軟膏大正クイックケア 軟膏
トラフル軟膏Proクイック 軟膏
ケナログA口腔用軟膏 軟膏
副作用が出にくい(ステロイド成分含まない)
サトウ口内軟膏 軟膏
口内炎軟膏大正A 軟膏
トラフル軟膏 軟膏
新デスパコーワ クリーム
レビオ

口内炎軟膏大正クイックケア

ステロイド成分 含む
スッキリさわやかミント風味で清涼感が長続きします
定着力 舌の側面でもしっかり密着します
使いやすさ 狙った箇所に塗りづらいです
使用感 ざらつきはないです
口いっぱいにヌルヌル感が広がることはないです

トラフル軟膏Proクイック

ステロイド成分 含む
さわやかメントール味。清涼感があり、メントール感は強くありません
定着力 舌の側面でもしっかり密着します
使いやすさ 狙った箇所に塗りづらいです
使用感 塗り始めは患部にべたべたした感覚があります
時間が立つと溶け出し、口いっぱいにヌルヌルした感覚があります

ケナログA口腔用軟膏

ステロイド成分 含む
無味
定着力 一度くっつけば、取れにくいです
使いやすさ ガーゼで唾液取らないと患部に付けづらいです
使用感 唾液と混ざるとだまになります

口内炎軟膏大正A

ステロイド成分 含まない
スッキリさわやかミント風味。清涼感が長続きします
定着力 患部にすぐにくっつき、はがれにくいです
使いやすさ 狙ったところにつけるのが難しいです
使用感 ざらつかないです
口いっぱいにヌルヌル感が広がらないです
舌の側面でもしっかり密着します

トラフル軟膏

ステロイド成分 含まない
さわやかメントール味。清涼感があり、メントール感は強くないです
定着力 舌の側面でもしっかり密着します
使いやすさ 狙ったところにつけるのが難しいです
使用感 塗り始めは患部にべたべたした感覚があります
時間が立つと溶け出し、口いっぱいにヌルヌルした感覚があります

サトウ口内軟膏

ステロイド成分 含まない
苦味・甘みなし
定着力 唾液に反応し、すぐにコーティングされる
使いやすさ 狙ったところにつけるのが難しいです
使用感 塗り始めはザラザラ感があります
時間が立つと溶け出し、口いっぱいにヌルヌルした感覚があります

新デスパコーワ

ステロイド成分 含まない
清涼感があり患部に塗った直後に少し甘く感じます。あまり癖がありません
定着力 軟膏ほどの定着力はなく、すぐに溶けます
使いやすさ ガーゼで唾液を拭かなくても塗りやすいです
使用感 塗った瞬間に患部に馴染む感じがします
押すと患部に薬が染み込む感じがします

レビオ

ステロイド成分 含まない
はちみつのような甘い味がします
定着力 薬が長く付着している感じがありません
使いやすさ ガーゼで唾液を拭かなくても塗りやすい
使用感 患部に塗るというよりは、液体を流すような感覚で使用できます
クリームや軟膏と違い、手を汚さずに使用できます
流れた薬剤を飲み込んでしまうような使用感があります

口内炎の貼り薬

口内炎の貼り薬一覧

口内炎の貼り薬はステロイド成分の有無や剤形、剤形の大きさ、使用感などを選ぶための参考にしてください。
以下の表の薬品名をクリックすることで、指定の薬品の詳しい情報へ移動することが可能です。

薬品名 剤形 剤形大きさ 定着力
しっかりした効きめ(ステロイド成分含む)
口内炎パッチ大正クイックケア パッチ 10mm
トラフルダイレクト フィルム 12mm
アフタッチA 貼付錠 8mm
副作用が出にくい(ステロイド成分含まない)
口内炎パッチ大正A パッチ 10mm

口内炎パッチ大正クイックケア

ステロイド成分 含む
無味
定着力 箇所(舌の側面など)によってははがれやすいです
使いやすさ 塗り薬よりも使いやすいです
使用感 貼り付け時に少々違和感がありますが、時間が立つに連れて違和感が緩和されます
貼ることで喋りにくくはなりません
フィルムや貼付錠よりも患部の形状にフィットする感覚があります

トラフルダイレクト

ステロイド成分 含む
無味
定着力 箇所(舌の側面など)によってははがれやすいです
使いやすさ 塗り薬よりも使いやすいです
使用感 パッチよりもやや硬さを感じます
貼った時の違和感はパッチ以上にありますが、貼付錠よりはありません

アフタッチA

ステロイド成分 含む
無味
定着力 箇所(舌の側面など)によってははがれやすいです
使いやすさ 塗り薬よりも使いやすいです
使用感 パッチ、フィルムよりも厚みがあるため、付けてる感覚があります
貼ることで喋りにくくはなりません

口内炎パッチ大正A

ステロイド成分 含まない
無味
定着力 箇所(舌の側面など)によってははがれやすいです
使いやすさ 塗り薬よりも使いやすいです
使用感 貼り付け時に少々違和感がありますが、時間が立つに連れて違和感が緩和されます
貼ることで喋りにくくはなりません
フィルムや貼付錠よりも患部の形状にフィットする感覚があります

口内炎のスプレー薬

口内炎のスプレー薬一覧

口内炎のスプレー薬は味や噴射の勢い、噴射の範囲などを選ぶための参考にしてください。
以下の表の薬品名をクリックすることで、指定の薬品の詳しい情報へ移動することが可能です。

薬品名 噴射の勢い 噴射の範囲
トラフルクイックショット さわやかメントール味
コウナキッズ ぶどう味
チョコラBB口内炎リペアショット さわやかメントール味

トラフルクイックショット

ステロイド成分 含まない
さわやかメントール味。
定着力 塗り薬や貼り薬と比較すると患部に長くとどまりません
ジェル状なのでスプレー薬の中では患部に定着している感覚があります
噴射の勢い コウナキッズやチョコラBB口内炎リペアショットと比較すると強いと感じます
使いやすさ 患部に吹きかけるように使用するため、使いやすいです
使用感 使用後すぐにスースーする感覚があり、2〜3分で和らぎます

コウナキッズ

ステロイド成分 含まない
ぶどう味
定着力 塗り薬や貼り薬と比較すると患部に長くとどまりません
噴射の勢い トラフルクイックショットやチョコラBB口内炎リペアショットと比較すると弱く感じます
喉にも問題なくとどます
使いやすさ 患部に吹きかけるように使用するため、使いやすいです
使用感 清涼感が無く、甘い味なので子供にも使いやすいです
小さな形状(リップよりも一回り大きいぐらい)なので持ち運びやすいです

チョコラBB口内炎リペアショット

ステロイド成分 含まない
さわやかメントール味
定着力 塗り薬や貼り薬と比較すると患部に長くとどまりません
噴射の勢い コウナキッズよりは強く、トラフルクイックショットよりは弱く感じます
使いやすさ 患部に吹きかけるように使用するため、使いやすいです
使用感 使用後すぐにスースーする感覚があり、2〜3分で和らぎます

口内炎の飲み薬

トラフル錠

ステロイド成分 含まない
無味
使いやすさ 飲みこむだけなので、塗り薬や貼り薬に比べると使いやすいです
使用感 少し舌に置くと溶けだし、舌にくっつく感じがします
ペラックT状よりぬるっとした感じが続きます
錠剤が少し大きいので、喉に引っかかる感じがします

ペラックT錠

ステロイド成分 含む
無味
使いやすさ 飲みこむだけなので、塗り薬や貼り薬に比べると使いやすいです
使用感 少し舌に置くと溶けだし、舌にくっつく感じがします
トラフル錠ほどぬるっとした感じはないです
周りのコーティングがすぐはがれ、その後にしょっぱくなり、苦くなります
錠剤が少し大きいので、喉に引っかかる感じがします

口内炎のお薬の使い方

塗り薬(軟膏、クリーム、液体)の使い方

  • うがい(可能であれば歯磨き)をする
  • 患部の水分をガーゼなどでとる
  • 清潔な手または綿棒に少量をとり、患部を覆うように薬をつける
  • 付着した薬の上を湿らせる。付けた薬の周りを軽く濡らしてから軽くうがいをして口の中を潤しておくと薬がはがれにくくなります。
  • ※30分以上飲食は避けたほうが薬が取れにくくなります
  • ※ご使用になる市販薬の用法・用量を守ってください

貼り薬(パッチ、貼付錠)の使い方

  • うがい(可能であれば歯磨き)をする
  • 患部の水分をガーゼなどでとる
  • 清潔な手または綿棒に少量をとり、患部を覆うように薬をつける
  • 指で数秒間おさえ、そっと指を離す
  • ※ご使用になる市販薬の用法・用量を守ってください

スプレー薬の使い方

  • うがい(可能であれば歯磨き)をする
  • 患部に噴射する
  • 息を吸いながら使用すると、薬液が気管支や肺に入ることがありますので、のどの奥に使用する場合には、声を出しながら噴射してください。
  • ※ご使用になる市販薬の用法・用量を守ってください
佐藤友彦

軽度な症状の口内炎であれば、市販薬を活用して様子を見ることができます。口内炎が気になってしまって、食事もできない、笑うこともツライ。そんなときは対処療法として口内炎のお薬の使用を検討してみてはいかがでしょうか。