花粉症のお薬

「花粉症のお薬」に関連する記事を40件紹介しています。ミナカラでは花粉症のお薬以外にもさまざまなヘルスケアの情報が掲載されています

  • 【花粉症の目薬】パタノール点眼液の効能効果・副作用・薬価を解説

    【花粉症の目薬】パタノール点眼液の効能効果・副作用・薬価を解説

    パタノールは、アレルギーによって起こった目のかゆみ、涙目、結膜充血などの症状を改善する効果があります。 パタノールの主成分はオロパタジン塩酸塩で、抗ヒスタミン薬と呼ばれる分類の薬です。体内にアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンという物質が発生し、ヒスタミンが活発に働くことで花粉症症状が引き起こされま...

    幼児の花粉症で薬が効かないときの対処法

    幼児の花粉症で薬が効かないときの対処法

    花粉症の点鼻薬:処方薬を比較!

    花粉症の点鼻薬:処方薬を比較!

    花粉症の流行時期になると、多くの患者が病院で薬を処方してもらうもの。 花粉症の症状の中で鼻づまりや鼻水、くしゃみなどの鼻炎症状の改善・緩和を助けるのが点鼻薬です。この記事では花粉症の時に使われる処方薬(保険薬局でのみ購入ができる薬)の点鼻薬について効果や特徴などを比較していきます。皆さんにあった点...

    【花粉症の目薬】フルメトロン点眼液の効能効果・副作用・薬価などを解説

    【花粉症の目薬】フルメトロン点眼液の効能効果・副作用・薬価などを解説

    花粉症の目のかゆみに処方されるフルメトロン点眼液。 フルメトロンは目のかゆみや痛みをやわらげ、炎症による腫れや赤みをおさえます。花粉症のアレルギー結膜炎などにも効果がある薬としてよく使われます。フルメトロンには、フルメトロン点眼液0.02%とフルメトロン点眼液0.1%の2つの製品があります。この2...

    アレロック・オロパタジンの効果発現時間は?効くまでの時間と持続時間について

    アレロック・オロパタジンの効果発現時間は?効くまでの時間と持続時間について

    アレロック(成分名:オロパタジン)は花粉症などによく使われる薬の一つであり、高い効果が確認されている薬剤です。アレロック、オロパタジンについて、今回は効果が出るまでの時間(効果発現時間)や効果の持続時間について確認していきます。 アレロックが効くまでの時間は飲んでから約1時間後と推測されます。その根...

    アレグラとアレロックの違いは?効果・副作用・薬価を比較!

    アレグラとアレロックの違いは?効果・副作用・薬価を比較!

    花粉の飛散もいよいよピーク。毎年つらい症状に悩まされている方には、花粉症の薬が手放せないシーズンですね。 花粉症の薬には、病院で処方される薬や薬局やインターネットなどで購入できる市販薬など、さまざまな種類があります。 薬は体質や相性によっても効き目や副作用に個人差はありますが、それぞれの成分の違...

    アレロックのジェネリックの薬価を比較!

    アレロックのジェネリックの薬価を比較!

    花粉症のシーズン真っ只中。毎年花粉症のつらい症状に悩まされている方は、花粉症の薬が手放せない季節ではないでしょうか。花粉症の薬は花粉飛散シーズンの間は継続して服用することが基本になるので、毎日のこととなると薬の値段も小さな問題ではありません。薬の種類には病院で処方される処方薬、ジェネリック医薬品、市...

    アレロックの副作用と効果:眠気の強さから体重増加まで

    アレロックの副作用と効果:眠気の強さから体重増加まで

    アレロックは花粉症の症状によく処方される第2世代抗ヒスタミン薬です。 アレロックの最大の特徴は、優れた効果。そしてそれに伴う副作用の眠気の出やすさです。弊社薬剤師監修のもと、花粉症の処方薬の効果と副作用の関係を比較しました。 花粉症によく処方されるアレグラやアレジオンと比べてもその効果は高く、ま...

    アレジオンの副作用と効果について:悪夢やアルコールとの関係は?

    アレジオンの副作用と効果について:悪夢やアルコールとの関係は?

    花粉症の薬として有名なアレジオン。 アレジオンは花粉症のアレルギー症状に効く第2世代抗ヒスタミン薬です。 アレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックしてアレルギー症状の発症を緩和させる作用があり、花粉症のアレルギー性鼻炎だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。アレジオ...

    シングレアの花粉症への効果を解説!効かないと思った場合も飲み続ける?

    シングレアの花粉症への効果を解説!効かないと思った場合も飲み続ける?

    医療用医薬品のシングレア(成分名:モンテルカスト)は気管支喘息や、花粉症などのアレルギー性鼻炎に使われる薬です。今回の記事ではこのシングレアに関して、主にその効果の面について解説していきます。シングレアが効かない、効果を感じないと思っている方やその作用に仕方について確認したい場合にも参考にしていただ...

    【花粉症の薬】小児におすすめジルテックドライシロップについて

    【花粉症の薬】小児におすすめジルテックドライシロップについて

    今や大人だけでなく子どもにも身近な花粉症。 中には1歳未満の赤ちゃんでも花粉症を発症する場合もありますが、通常は2歳を過ぎると花粉へのアレルギー反応がみられるようになり、3歳を過ぎると花粉症の発症も珍しいことではなくなります。子供の花粉症の症状を緩和するために、花粉症の薬は役立ちますが、小さな子供...

    花粉症に効く!市販のステロイド点鼻薬3選

    花粉症に効く!市販のステロイド点鼻薬3選

    鼻づまりは花粉症の激しい症状のひとつ。鼻づまりで口呼吸が苦しいとき、即効性がありすぐに助けになるのが点鼻薬です。花粉症に効く点鼻薬には、ステロイド、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、血管収縮剤などがあります。この中で、鼻づまりに特化した血管収縮剤を除いて比較すると、効果の強さを以下の順にあらわせます。...

    【花粉症の薬】ジルテックとザイザルを比較!ザイザルに似た市販薬の選び方まで

    【花粉症の薬】ジルテックとザイザルを比較!ザイザルに似た市販薬の選び方まで

    毎年つらい症状に悩まされている方には、花粉症の薬が手放せないシーズン。 花粉症の薬には、病院で処方される薬や薬局やインターネットなどで購入できる市販薬など、さまざまな種類があります。処方薬ジルテックは花粉症の症状に効果を発揮する第2世代抗アレルギー剤。 そのジルテックの後継薬として2010年に認...

    【花粉症の薬】ジルテックは処方薬、市販薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

    【花粉症の薬】ジルテックは処方薬、市販薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

    花粉症のシーズン真っ只中。毎年花粉症のつらい症状に悩まされている方は、花粉症の薬が手放せない季節になってきました。花粉症の薬は花粉飛散シーズンの間は継続して服用することが基本になるので、毎日のこととなると薬の値段も大きな問題。薬の種類には病院で処方される処方薬、ジェネリック医薬品、市販薬とさまざまあ...

    アレジオンは市販薬、処方薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

    アレジオンは市販薬、処方薬、ジェネリックどれが一番安い?価格を徹底比較!

    2月中旬から春先にかけてやってくるのが、花粉症のシーズン。寒い冬も終わりに近づき、春の訪れに胸を躍らせる方が多い中、憂鬱な気持ちを抑えきれないのが花粉症を患っている方ではないでしょうか。症状がひどい患者さんは、お仕事や勉強に支障をきたすほど。そんな方達にとって救世主となり得るのが花粉症の薬ですね。た...

    アレジオン点眼液はコンタクト装着OK!効能・副作用・薬価について解説

    アレジオン点眼液はコンタクト装着OK!効能・副作用・薬価について解説

    2月中旬から春先にかけてやってくるのが、花粉症のシーズン。 花粉症の代表的な症状はくしゃみや鼻づまり、鼻水などですが、もう1つ厄介な症状が目の症状です。花粉症のシーズンなると、目を真っ赤にしている人を見かけることも多くなるでしょう。 目がかゆくてかゆくてしょうがない、でもかくとさらにかゆい!とい...

    アレグラFX とアレジオン20の違いは?効果・副作用・価格・服用回数を徹底比較!

    アレグラFX とアレジオン20の違いは?効果・副作用・価格・服用回数を徹底比較!

    2月中旬から春先にかけてやってくるのが、花粉症のシーズン。現在国民の4分の1が花粉症を患っている、とも言われていますが、多くの花粉症の方が花粉症対策に使用しているのが、花粉症の薬ですね。花粉症の薬は、病院で処方される薬と同成分の薬を薬局でも購入することができるスイッチOTC医薬品として、様々な種類の...

    【花粉症の薬】ジルテックの効果・副作用:市販薬の比較まで徹底解説

    【花粉症の薬】ジルテックの効果・副作用:市販薬の比較まで徹底解説

    ジルテックは花粉症のアレルギー症状を緩和する第2世代抗ヒスタミン剤です。 その効果は処方薬の中でも比較的強く、アレルギー症状の諸症状を抑える作用があります。 即効性もあるため服用後にすぐ効果は現れます。1日1回の服用で効果が持続することも特徴です。 【ジルテック】ジルテック錠10、ジルテック錠...

    アレグラ・フェキソフェナジンの効果時間は?効くまでの時間、持続する時間を徹底解説!

    アレグラ・フェキソフェナジンの効果時間は?効くまでの時間、持続する時間を徹底解説!

    花粉症にお悩みの方の中にはアレグラを服用している方も多いのではないでしょうか?アレグラはアレルギー性鼻炎や蕁麻疹に効く薬で、花粉症やハウスダストなどによる鼻炎症状によく用いられています。この記事では、アレグラの効果時間や効くまでの時間、持続時間について解説します。また、アレグラは医師の処方箋を必要と...

    【花粉症の薬】クラリチンにジェネリック・市販薬はあるのか?

    【花粉症の薬】クラリチンにジェネリック・市販薬はあるのか?

    クラリチンは花粉症に効く第2世代抗ヒスタミン薬です。 花粉症のアレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックしてアレルギー症状の発症を緩和させる作用があり、花粉症のアレルギー性鼻炎だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。クラリチンは、他の処方薬に比べても副作用の眠気が極めて...

    セレスタミンの副作用と効果:初期症状からアルコールとの関係まで

    セレスタミンの副作用と効果:初期症状からアルコールとの関係まで

    セレスタミンは1965年3月から販売開始され、古くから使用されている薬です。歴史が長い分、使用実績も豊富なため、医師・薬剤師の指示のもと用法容量を守り、正しく使用すれば、比較的安全に高い効果が期待できます。優れた効果があれば、その分気になるのは副作用。この記事ではセレスタミンの副作用と効果について解...

    【花粉症の薬】セレスタミンのジェネリック・市販薬はあるのか?

    【花粉症の薬】セレスタミンのジェネリック・市販薬はあるのか?

    セレスタミンは1965年3月から販売開始、古くから使用されている薬です。 抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモンを配合していて、アレルギー症状の緩和、湿疹や蕁麻疹に効果を発揮します。抗ヒスタミン剤はアレルギー症状の原因となるヒスタミンの作用を抑制し、副腎皮質ホルモンはステロイドの一種で炎症を抑えてアレル...

    【花粉症の薬】タリオンにジェネリック・市販薬はあるのか?

    【花粉症の薬】タリオンにジェネリック・市販薬はあるのか?

    タリオンは2000年10月から販売開始されている、花粉症に効く第2世代抗ヒスタミン薬です。 花粉症のアレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックしてアレルギー症状の発症を緩和させる作用があり、花粉症だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。タリオンは効き目の強さに比べて副作...

    【花粉症の薬】タリオンの副作用は?眠気や酒・アルコールとの飲み合わせについて

    【花粉症の薬】タリオンの副作用は?眠気や酒・アルコールとの飲み合わせについて

    タリオンは2000年10月から販売開始されている第2世代抗ヒスタミン薬です。 花粉症のアレルギー症状の原因となるヒスタミンをブロックしてアレルギー症状の発症を緩和させる作用があり、花粉症だけではなく皮膚のかゆみや湿疹、じんましんにも効果を発揮します。タリオンは効き目の強さに比べて副作用の眠気も少な...

    アレグラ・フェキソフェナジンとお酒やアルコールとの飲み合わせは?

    アレグラ・フェキソフェナジンとお酒やアルコールとの飲み合わせは?

    アレグラ(成分名:フェキソフェナジン)やそのジェネにリック医薬品であるフェキソフェナジンは、花粉症などで現在非常によく使われる薬の一つです。よく使われるが由にお酒やアルコールとの飲み合わせを心配する人も多いのではないでしょうか。今回はアレグラやフェキソフェナジンとお酒、アルコール類との飲み合わせとい...