インフルエンザの薬

インフルエンザの薬に関する記事を掲載しています。イナビルやタミフルなどの治療薬や頭痛薬・風邪薬についても解説しています。|ミナカラ

  • 【インフルエンザの薬まとめ】タミフル・イナビル・リレンザの違いは?

    【インフルエンザの薬まとめ】タミフル・イナビル・リレンザの違いは?

    インフルエンザは、38℃~40℃の高熱や悪寒・寒気、筋肉痛・関節痛、頭痛などの全身症状をはじめとして、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、喉の痛み、咳、痰などといった風邪と似た症状もあらわれます。インフルエンザの症状はとても激しいため、熱が下がらずにつらい、頭が痛いといったときに薬の使用を考える方も多いかもし...

    【インフルエンザ薬】リレンザの使い方・吸入方法!間隔はどれくらい空けたらいい?

    【インフルエンザ薬】リレンザの使い方・吸入方法!間隔はどれくらい空けたらいい?

    リレンザは、A型・B型インフルエンザウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬です。他の抗インフルエンザ薬と異なり吸入型で、喉や気管支に直接薬の成分が届くためウイルスの増殖を防ぐ効果が高いとされています。ただし、一番の難点が使い方。吸入器を使って薬を吸い込むという方法が難しいと感じる方も多いようです。...

    インフルエンザの解熱にポンタールは危険!避けるべき理由を解説

    インフルエンザの解熱にポンタールは危険!避けるべき理由を解説

    インフルエンザは、発症から数時間~1日ほどで高熱が出るのが特徴の一つです。この発熱は身体の防御反応なので、基本的には薬で熱を下げずに、安静にしている方が良いとされています。しかし、39℃以上の高熱が出ると意識が朦朧としたり、頭痛や関節痛などの症状が辛くて眠れないことも。高熱などが原因で眠れずに十分な...

    クラビット(レボフロキサシン)はインフルエンザの合併症を予防する薬!副作用・飲み合わせについて

    クラビット(レボフロキサシン)はインフルエンザの合併症を予防する薬!副作用・飲み合わせについて

    毎年、流行の猛威をふるうインフルエンザ。インフルエンザは、急激な高温、寒気や全身の痛みなどとても辛い症状をもたらします。また、ひどい症状をもたらすだけではありません。インフルエンザは、二次感染や合併症にも注意な病気。ここでいう二次感染とは、インフルエンザウイルスに感染したことによって体の抵抗力が弱ま...

    インフルエンザにプレコール!病院へ行くまでの応急処置に使える総合感冒薬

    インフルエンザにプレコール!病院へ行くまでの応急処置に使える総合感冒薬

    インフルエンザを治すには、タミフル・イナビル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬を使う必要があります。抗インフルエンザ薬は病院でもらう処方箋がなければ購入することのできない処方薬。夜中にインフルエンザを発症してしまい、翌朝、病院へ行くまでなんとか乗り切りたい、そんなツラい時は市販薬に頼ることも可能です...

    インフルエンザの時に風邪薬は効果がある?

    インフルエンザの時に風邪薬は効果がある?

    インフルエンザの症状は、38℃以上の高熱、咳、鼻水など風邪の症状と似ています。そのため、風邪薬でも対処ができるのでは?と思ったことのある方もいるのではないでしょうか。しかし、風邪薬でインフルエンザウイルスを撃退したり、治療することはできません。インフルエンザウイルスに直接効く薬は、タミフル、リレンザ...

    インフルエンザは発症72時間後がピーク!薬を飲むタイミングは?

    インフルエンザは発症72時間後がピーク!薬を飲むタイミングは?

    寒い季節の体調不良。インフルエンザなのか風邪か分からず、家で寝込む人は少なくありません。どちらも咳や鼻汁、頭痛といった症状が共通しているので、自己判断は難しいことでしょう。インフルエンザと風邪の大きな違いは、発症のスピードにあります。潜伏期間が5~6日ある風邪に対して、インフルエンザの潜伏期間はわず...

    インフルエンザの解熱に座薬は使える?座薬の正しい使い方

    インフルエンザの解熱に座薬は使える?座薬の正しい使い方

    インフルエンザで病院を受診した際に、解熱剤として座薬を処方されたことのある人も多いのではないでしょうか。 特に小児科では、子どものインフルエンザに対して座薬を処方することが多いようです。解熱剤の使用にはさまざまな意見があり、特にインフルエンザの際には合併症などの危険性から解熱剤は使用すべきではない...

    インフルエンザにメイアクトは効く?!抗生物質がインフルエンザに処方される理由を解説!

    インフルエンザにメイアクトは効く?!抗生物質がインフルエンザに処方される理由を解説!

    インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスというウイルスになり、ウイルスに有効な治療薬は抗インフルエンザ薬です。しかし、インフルエンザや風邪で病院を受診したとき、細菌感染による病気に使われるメイアクトというセフェム系の抗生物質を処方されることがまれにあります。しかし、メイアクトのような抗生物質では...

    インフルエンザにクラリスは効果あり?!インフルエンザの時に処方される理由を解説

    インフルエンザにクラリスは効果あり?!インフルエンザの時に処方される理由を解説

    一般的にインフルエンザというと、冬に猛威をふるう流行性感冒を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。インフルエンザの原因はインフルエンザウイルス。しかし、似たような名前でまったく違う病気を引き起こすインフルエンザ菌というものがいることをご存知でしょうか。抗生剤であるクラリスは、このインフルエンザ菌...

    インフルエンザにカロナールは使える?頭痛や子供にも使える解熱剤を解説

    インフルエンザにカロナールは使える?頭痛や子供にも使える解熱剤を解説

    インフルエンザの高熱が疑われるけど、休日や夜間で病院に行けない・・家にあるカロナールを飲んでもいいの?インフルエンザのときは飲んでもいい薬と避けるべき薬があるため、家にある薬や市販の薬を使いたいときは注意して薬を選択しなければなりません。カロナールはインフルエンザのときでも安心して服用できる解熱剤で...

    インフルエンザの解熱にボルタレンは危険!使用禁忌の成分と理由は?

    インフルエンザの解熱にボルタレンは危険!使用禁忌の成分と理由は?

    インフルエンザに感染すると、特徴的な症状として高熱があらわれます。 高い熱があると苦しく、よく眠れないために一時的にでも熱を下げようと解熱剤を使いたくなるでしょう。しかし、インフルエンザの際には使用に注意が必要な解熱剤があります。 ボルタレンもそのひとつであり、インフルエンザの際に独断で使用する...

    インフルエンザにルル・ルルゴールドは使える?市販の風邪薬の効果と使用の注意点

    インフルエンザにルル・ルルゴールドは使える?市販の風邪薬の効果と使用の注意点

    インフルエンザは、38℃以上の高熱、悪寒や筋肉痛などの全身症状から始まることが多く、咳・鼻水・のどの痛みなどの風邪症状も出ますが、インフルエンザと風邪は全く別のものと考えることが必要です。インフルエンザウイルスは増殖力が強く、短期間で重症化することもあり合併症も多く見られます。そのため発症から48時...

    【薬剤師が解説】インフルエンザで抗生物質が出されるのはなぜ?

    【薬剤師が解説】インフルエンザで抗生物質が出されるのはなぜ?

    インフルエンザの感染が確認されると、基本的に病院ではタミフル・イナビル・リレンザといった抗インフルエンザ薬が処方されます。 こういった薬と一緒に、抗生物質(抗生剤・抗菌剤)も処方されるケースがあります。薬に詳しい方は「あれ、インフルエンザウイルスに抗生物質って効くんだっけ?」といった疑問を感じるこ...

    インフルエンザにパブロン?インフルエンザで使える風邪薬を解説

    インフルエンザにパブロン?インフルエンザで使える風邪薬を解説

    インフルエンザといえば、高熱、悪寒、筋肉痛などつらい全身症状ですよね。 本来は栄養をとって安静にしていれば症状は自然と治ってくるものですが、インフルエンザの症状は普通の風邪よりつらいことが多く少しでも症状をやわらげたいもの。 そんな時に市販の風邪薬は使用してもいいのでしょうか。市販の風邪薬は...

    インフルエンザにパナドール(解熱鎮痛剤)が有効!使用上の注意を解説

    インフルエンザにパナドール(解熱鎮痛剤)が有効!使用上の注意を解説

    パナドール(Panadol)は、マレーシアのGSK社(グラクソ・スミスクライン社)が販売している解熱鎮痛剤。日本では販売されていませんが、マレーシアのみならず、多数の国で販売されている海外ではメジャーな薬です。オーストラリアでは、頭痛、腹痛、腰痛、発熱、風邪・・・何かあったら「パナドールを飲みなさい...

    インフルエンザの解熱剤:アンヒバ座薬の使い方

    インフルエンザの解熱剤:アンヒバ座薬の使い方

    アンヒバ坐剤(アンヒバ座薬)はインフルエンザの解熱に処方されることが多い座薬の解熱剤です。特に子どもに多く処方される薬です。大人より体が弱い子どもにとって、発熱はデリケートな問題です。どんな種類の解熱剤でも熱が出たら好きなように使用してもよいという訳ではありません。 発熱への対処や解熱剤の使用を誤...

    インフルエンザとピルの関係は?予防接種や薬の飲み合わせ

    インフルエンザとピルの関係は?予防接種や薬の飲み合わせ

    ピルは女性ホルモンが含まれているホルモン剤です。 今や世界180ヶ国で約1億人以上の女性が使用しているといわれ、以下のような女性に嬉しいさまざまな効果があります。・避妊目的 ・生理周期の調整 ・生理トラブルの改善 ・婦人科系疾患(子宮体がん・卵巣がんなど)の予防 ・ニキビや多毛症の改善しか...

    インフルエンザにピーエイ(感冒薬)は要注意!ピーエイ使用上の注意

    インフルエンザにピーエイ(感冒薬)は要注意!ピーエイ使用上の注意

    ピーエイ配合錠は、病院で処方される総合感冒薬、いわゆる風邪薬です。 ピーエイをはじめとする総合感冒薬は、熱や咳・鼻水などの風邪症状に処方されます。インフルエンザで高熱が出たとき手元に総合感冒薬があった場合、辛い症状を和らげられるのでは?と思ったことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、インフ...

    インフルエンザにNSAIDsは禁忌?!インフルエンザとNSAIDsの関係を解説

    インフルエンザにNSAIDsは禁忌?!インフルエンザとNSAIDsの関係を解説

    NSAIDs(エヌセイズ)は抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を持つ非ステロイド性抗炎症薬の総称。 一般的には解熱鎮痛剤として、処方薬から市販薬まで、幅広く活用されています。 代表的なNSAIDsには、PL顆粒、ボルタレン、ロキソニン、ポンタールなど、私たちがよく耳にする薬もあります。インフルエンザ...

    インフルエンザに使えるベンザブロックは?注意すべき解熱剤の成分を知ろう

    インフルエンザに使えるベンザブロックは?注意すべき解熱剤の成分を知ろう

    「急に熱が上がってきた!インフルエンザかもしれない・・でもすぐに病院にいけない‥家に解熱剤があるけど飲んでも平気?」急な高熱でインフルエンザが疑われるとき、病院にいけない夜間や休日の応急処置に、市販の解熱剤は使用可能なのでしょうか。結論は、インフルエンザ脳症患者においては禁止されている薬はありますが...

    インフルエンザに処方されるアルピニー坐剤の正しい使い方

    インフルエンザに処方されるアルピニー坐剤の正しい使い方

    「初めて座薬を処方されたけど、うまくできるかな・・」 「座薬って強い解熱剤のイメージがあるけど、子どもに使って大丈夫なのかな・・」大人になって縁遠くなった座薬に対し、このように悩むお母さんもいるかもしれません。子どもの場合、高熱が出て座薬を処方されるケースは珍しくありません。経口薬と座薬では解熱鎮...

    インフルエンザの頭痛に使える市販薬を解説!【薬剤師監修】

    インフルエンザの頭痛に使える市販薬を解説!【薬剤師監修】

    インフルエンザによる頭痛は、風邪と比べると激しい痛みを伴う場合が多いとされています。痛くて我慢できない!なんとかしたい!そんな時はまずは病院へ行きましょう。 インフルエンザが発症し、頭痛がひどいからといって自己判断で市販薬を飲むことはあまりおすすめできません。インフルエンザで発熱したり痛みを発する...

    インフルエンザにバファリンは要注意!注意すべき成分と市販薬を解説

    インフルエンザにバファリンは要注意!注意すべき成分と市販薬を解説

    バファリンは解熱や痛み止めで有名な市販薬です。頭痛、生理痛、歯痛、肩こり痛から外傷痛まで、さまざまな痛みと解熱の万能薬ともいえるでしょう。しかしながら、インフルエンザで高熱が出ている時には要注意!インフルエンザのときは成分によって使用を控えるべき市販薬があり、バファリンシリーズの中にも注意すべき商品...

    ステロイド内服時のインフルエンザ対策は?ステロイドと予防接種・抗インフルエンザ薬の関係

    ステロイド内服時のインフルエンザ対策は?ステロイドと予防接種・抗インフルエンザ薬の関係

    皮膚疾患や喘息などの治療薬で知られているステロイド。炎症を鎮めたり、異常な免疫反応を抑える作用があり、様々な病気の治療薬として使われています。ステロイドは、もともと体内で作られるもので、腎臓の上にある副腎皮質でつくられ分泌されています。いざ、やけどや感染症、アレルギー反応やストレスなど、体に強い炎症...