ヘルペスで頭痛が起こるの?ヘルペスの症状・頭痛との関係を解説

更新日:

薬剤師監修日:

ヘルペスウイルスによって引き起こされる頭痛について解説。ヘルペスウイルスによる症状は唇や性器、体の疱疹だけでなく、頭痛が起こるおそれもあります。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
高橋 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 薬剤師 高橋
Share

ヘルペスはどんな病気?

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスが原因で起こる感染症のことです。ヘルペスウイルスは皮膚や粘膜に感染し、水ぶくれや潰瘍(かいよう)などの症状を引き起こします。感染力が強く、唾液や患部への接触、せき、くしゃみなどで感染が広がっていきます。

ヘルペスとは単純疱疹または帯状疱疹のことを指します。

単純疱疹は体のどこにでも感染し、唇に症状が現れる口唇ヘルペス、性器に症状が現れる性器ヘルペスなど、感染部位によって名前が異なります。

帯状疱疹は体の痒みが1週間程度続き、水ぶくれが帯状に発生します。

いずれもストレスや疲労、病気などで免疫力が低下したときに症状が現れやすくなります。

■口唇ヘルペス
唇のまわりに違和感、かゆみやほてりを感じます。その後、赤く腫れて水ぶくれになります。水ぶくれがかさぶたになった後は、2週間ほどで回復します。

■性器ヘルペス
性交渉などで感染し、性器やお尻などに水ぶくれや皮膚のただれができます。初めての発症では、激しい痛みや発熱をともなうこともあります。

■帯状疱疹(たいじょうほうしん)
体の一部に帯状の水ぶくれが発生します。

ヘルペスが原因で頭痛が起こるの?

ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの症状を引き起こしますが、ヘルペスウイルスにより頭痛が起こることもあります。

ヘルペスが原因で起こる頭痛

ヘルペス脳炎

単純ヘルペスウイルスの感染や、免疫力低下による再活性化によって引き起こされる急性脳炎のことをヘルペス脳炎といいます。

ヘルペス脳炎は実際のところ発症のメカニズムはわかっていません。最初は軽い頭痛から始まりますが、徐々に発熱、嘔吐、けいれん、頭痛、意識障害、けいれん、幻覚、錯乱、せん妄状態、記憶障害、失語症などがあらわれます。この症状があらわれた場合、神経内科、内科、小児科などに緊急で受診することが必要です。

ヘルペスによる頭痛の症状が出たら

ヘルペスウイルスによる水ぶくれの症状が出た場合、もしくはヘルペスウイルスによる頭痛が発症した場合、症状に合った薬を処方してもらう必要があるため、まずは内科や皮膚科に相談しましょう。症状によっては、神経内科、脳神経外科、ペインクリニック、耳鼻咽喉科での受診が必要な場合があります。ヘルペスウイルス感染症は珍しい感染症ではありませんが、気になる症状があればしっかり病院を受診して早めに対処しましょう。

また、ヘルペスウイルスによる頭痛は、口唇ヘルペスの初感染による一時的な症状であるときもあれば、合併症による発生、さらに脳がウイルスに感染している深刻な状態であるおそれもあります。

初めて口唇ヘルペスを発症した場合は、原因や症状など詳しいことが特定できないため市販薬は使用できません。ただし、再発の場合であれば市販薬による治療が可能です。口唇ヘルペスに効く市販薬や薬の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬や症状について心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みにお応えします。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ薬剤師高橋

高橋 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

参考になった数 参考になった数
2
参考にならなかった数 参考にならなかった数
1
  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。