ヒルドイドと同じ市販薬はある?|ヘパリン類似物質が乾燥肌・手足の荒れに効く!

Date:

ヒルドイド®(後発医薬品:ビーソフテン®)は『ヘパリン類似物質』を含む保湿剤で、乾燥肌などに対して皮膚科で処方されます。この記事では、ヒルドイドと同じ成分が配合され、代用として使える市販薬について解説します。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

高橋 伊津美

高橋 伊津美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

ライター

押切

押切_プロフィール画像

ヒルドイドと同じ成分の市販薬はある?

ヒルドイド®と同じ『ヘパリン類似物質』を含む薬は市販薬としても販売されています。

ヒルドイドには、ソフト軟膏やクリーム、ローションなどの剤形があり、乾燥肌などに対して使用されています。

”ビーソフテン”はジェネリック医薬品

ヒルドイドには様々なメーカーからジェネリック医薬品が販売されており、ビーソフテン®はその中のひとつです。いずれも医師の処方箋が必要な薬のため、薬局などでは市販されていません。

ヘパリン類似物質を含む市販薬

ヒルドイドと同じ成分『ヘパリン類似物質』を配合した市販薬には、100g中0.3g(0.3%)の有効成分が配合されており、処方薬のヒルドイドと同様の濃度となっています。そのため、ヒルドイドと同等の効果が期待できるといえるでしょう。

また、ヘパリン類似物質が含まれている『医薬部外品』も販売されていますが、処方薬のヒルドイドと同様の濃度となっているのは『市販薬(OTC医薬品)』のみです。

ヘパリン類似物質の効果

『ヘパリン類似物質』には、保湿・抗炎症・血行促進の3つの効果があります。

『ヘパリン類似物質』が皮膚に水分を与えることで乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を改善します。

血行を促進する作用があるためすでに出血しているような傷には使用できませんが、皮膚の炎症をおさえ、肌荒れを改善する効果もあります。

ヘパリン類似物質が
使用される主な症状

・手指の荒れ
・ひじ、ひざ、かかと、くるぶしの角化症
・手足のひび、あかぎれ など

剤形の特徴と使用感の違い

『ヘパリン類似物質』が含まれた保湿剤は、その剤形によって使用感や適した部位が異なります。皮膚の状態や部位、使用感の好みにあわせて保湿剤を選びましょう。

特徴・使用感
乳状液

・クリームより水分が多く伸びが良い
・肌になじみやすい

クリーム

・ベタつきすぎない
・手や足などどこにでも使いやすい

ローション

・サラッとしてベタつかない
・毛が生えている部分に使いやすい

乳状液タイプ|さらさらした使用感

ヘパリン類似物質 乳状液 50g【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
ミナカラで購入
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

『ヘパリン類似物質』を配合した珍しい乳状液タイプの薬です。伸びが良く、少量で広範囲に塗ることができます。肌をしっとりとさせながらも、さらさらした使用感の乳状液です。クリームのベタつきが苦手な方にもおすすめです。

無香料・無着色で、ステロイド無配合。赤ちゃんや子どもでも使用することができます。

クリームタイプ|しっとりした使用感

ヒフメイド油性クリーム【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
ミナカラで購入
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

オイルベースのクリームタイプの薬です。肌を保護する作用に優れており、しっとりした使用感がお好みの方におすすめです。

ヒフメイド油性クリームは、ヒルドイドソフト軟膏と同じW/O型のクリームで、ほとんど同じ使用感といえます。

W/O型クリームは、油分に水分を混ぜて作られており、水に溶けにくいという性質があります。そのため、水仕事をする方などでも、薬が流されにくく皮膚をしっかり保護することができます。

ローションタイプ|さっぱりした使用感

HPローション 50ml【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
ミナカラで購入
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ローションタイプで、サラッとした使用感の薬です。広範囲に広げやすく、さっぱりした使用感がお好みの方におすすめです。

クリームタイプも販売されており、頬にはローション、手足などにはクリームといった使い分けも可能です。

ヘパリン類似物質が使用できる症状

『ヘパリン類似物質』は、乾燥による手荒れや、かかとの硬くなった角質に効果をあらわします。手足のひび、あかぎれにも使用できますが、出血をともなうひびわれには使用しないでください。血行促進作用があるため、傷が治りにくくなってしまいます。

ヘパリン類似物質が
使用される主な症状

・手指の荒れ
・ひじ、ひざ、かかと、くるぶしの角化症
・手足のひび、あかぎれ など

硬い角質・角化症に効く市販薬の選び方

ヒルドイドなどの『ヘパリン類似物質』は、かかとなどの硬くなった角質に効果があります。特に、皮膚が乾燥してガサガサしている方におすすめです。

詳しい薬の選び方については以下のリンクからご確認ください。

▶硬くなった角質・角化症に効く市販薬

市販薬を使用する際の注意点

『ヘパリン類似物質』を含む市販薬を使用する際は、出血している部分やジュクジュクした傷がある部分には使用しないでください。

『ヘパリン類似物質』には血液が固まるのを防ぐ作用や血行促進作用があるため、出血している部分に使用すると傷が治りにくくなってしまいます。

薬の使用時には必ず使用上の注意を読み、用法用量を守って使ってください。万が一異変や違和感が起きた時は医師に相談しましょう。

ヘパリン類似物質とは

ヒルドイドの有効成分は『ヘパリン類似物質』は、文字通り『ヘパリン』と似た作用を持った成分のことです。

『ヘパリン』とは、ヒアルロン酸などと同じ『ムコ多糖類(むこたとうるい)』と呼ばれるグループの物質です。肝臓で生成され、私たちの体内にもともと広く存在しています。

保湿だけではなく血行促進・抗炎症作用もあり

一般的に市販されている保湿系のクリームは、以下のように肌の保湿がメインになります。

それに対して『へパリン類似物質』は、保湿だけではなく、以下のような乾燥や肌荒れを修復する働きをもっています。

一般的な
保湿系クリーム

・肌の油分を補うもの(ワセリンなど)
・肌のうるおいを補うもの(セラミドなど)
・保湿し角質を柔らかくするもの(尿素など)

ヘパリン
類似物質

・血行を良くし、肌の新陳代謝・再生をうながす作用
・肌の潤いを取り戻し外部から保護する保湿作用
・炎症を抑えて肌荒れを正常化する作用

『ヘパリン類似物質』は乾燥肌だけでなく、ひびやあかぎれなど荒れてしまった手足の改善や、角質が硬くなりやすいかかと・くるぶし・ひじ・ひざの角化の改善や、かゆみのあるしもやけの改善などに効果を発揮します。血行促進により打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛にも効果があります。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科卒業
  • 調剤薬局
  • 株式会社カメガヤ(ドラッグストア)
  • 一般用医薬品研修講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
高橋 伊津美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

ライター

押切

押切_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。