アスピリン(アセチルサリチル酸)が配合された市販薬を紹介|頭痛、発熱などに

更新日:

薬剤師監修日:

アスピリンは、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)に分類される鎮痛解熱剤です。 一般的にNSAIDsとは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を示す薬剤のうち、ステロイドと似た構造を持たないものの総称で、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれます。 アスピリンが含まれた市販薬は販売されています。剤形も錠剤、散剤などさまざまです。 この記事では、アスピリンが配合された市販薬や、解熱鎮痛剤(アスピリンなど)に関するQ&Aについて紹介しています。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
朝比奈 裕介 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 朝比奈 裕介
Share

アスピリン(アセチルサリチル酸)とは|市販されている?

アスピリンは、1897年にドイツのバイエル社が開発し、発売から100年以上経った今でも、世界80か国以上の医療現場をはじめ、一般家庭でも重宝されています。

アスピリン(アセチルサリチル酸)は成分をあらわす名称ですが、薬の名称(商品名)としても使用されています。

アスピリンはNSAIDsのひとつ|抗炎症・鎮痛・解熱作用

アスピリンは、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)に分類される鎮痛解熱剤です。

一般的にNSAIDsとは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を示す薬剤のうち、ステロイドと似た構造を持たないものの総称で、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれます。

アスピリンが配合された市販薬はある|バファリンなど

アスピリンが含まれた市販薬は販売されています。剤形も錠剤、散剤などさまざまです。

アスピリンが含まれた市販薬には、バファリンAやエキセドリンA錠などがあります。

アスピリン(アセチルサリチル酸)を配合した主な市販薬一覧|解熱鎮痛剤

アスピリン(アセチルサリチル酸)が含まれた市販薬は、頭痛などの痛みや熱に効果をあらわします。

商品画像 特徴
バファリンA

バファリンA

・アスピリン(アセチルサリチル酸)配合

・合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)配合

・眠くなる成分無配合

・15歳以上

・1回2錠、1日2回までを限度

エキセドリンA

エキセドリンA錠

・アスピリン(アセチルサリチル酸)、アセトアミノフェン、無水カフェイン配合

・眠くなる成分無配合

・15歳以上

・1回2錠、1日2回までを限度

バファリンA|胃への負担を軽くする成分配合

バファリンA 10錠【指定第二類医薬品】

効能効果
○頭痛、月経痛(生理痛)、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、肩こり痛、咽喉痛、歯痛、抜歯後の疼痛、打撲痛、ねんざ痛、骨折痛、外傷痛、耳痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

バファリンAは、アスピリン(アセチルサリチル酸)と合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)が配合された解熱鎮痛剤です。

アスピリン(アセチルサリチル酸)が頭痛などの痛みや熱に効果をあらわし、合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT)が胃への負担を緩和します。

なお、5〜6回服用しても症状がよくならない場合は、市販薬の服用をやめ、病院を受診するようにしましょう。

エキセドリンA錠|3つの有効成分配合

エキセドリンA錠 20錠(指定第2類医薬品)【指定第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
効能効果
○頭痛、肩こり痛、腰痛、月経痛(生理痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、筋肉痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、咽喉痛、耳痛、関節痛、神経痛、外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

エキセドリンA錠は、アスピリン(アセチルサリチル酸)とアセトアミノフェン、無水カフェインが配合された解熱鎮痛剤です。

3つの有効成分が、頭痛などの痛みや熱に効果をあらわします。

なお、5〜6回服用しても症状がよくならない場合は、市販薬の服用をやめ、病院を受診するようにしましょう。

アスピリン(アセチルサリチル酸)の効果|用量による違い

病院で処方されるアスピリンには、商品や使用量によって効能が変わるという特徴が挙げられます。つまり、同じアスピリンを成分にしている薬でも、効果や作用が異なるため、症状に合わせて医師が適切な薬や量を処方します。

高用量のアスピリンの効果|頭痛や生理痛、発熱など

高用量のアスピリンには、抗炎症作用・解熱作用・鎮痛作用があり、生理痛、頭痛、筋肉痛といった日常的な痛みや発熱・炎症を抑える目的で広く使われています。

また、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、歯痛といった症状の消炎・鎮痛や、急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の解熱・鎮痛にも効果があります。

低用量のアスピリン(バイアスピリン)の効果|抗血栓作用(心筋梗塞、脳梗塞などに)

低用量のアスピリン(バイアスピリン)には、血栓(血液が固まる)を防ぐ作用があり、主に心筋梗塞、脳梗塞などにおける血栓の形成抑制に使用されます。

血液をサラサラにする薬には、抗血小板薬と抗凝固薬があり、バイアスピリンは、血小板の働きを抑えて血栓(血液が固まる)を防ぐ抗血小板薬です。

なお、低用量のアスピリン(バイアスピリン)と同じ作用をもつ市販薬はありません。(2022年11月現在)

アスピリンは川崎病の治療にも使用される

川崎病(急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群)は全身の血管に炎症が起こる子どもの難病です。アスピリンは血管の炎症を抑え、血液を固まりにくくすることで血栓予防として使用されることもあります。

アスピリン(アセチルサリチル酸)の副作用|胃炎や胃部不快感など

病院で処方されるアスピリンの副作用には、以下のようなものが報告されています。

・胃炎、胃部不快感、胸焼けなどの胃腸症状
・出血、発疹などの過敏症
・めまいや貧血 など

なお、眠気の副作用は報告されていません。

アスピリンの重大な副作用

発生頻度はまれですが重大な副作用として以下のようなものが報告されています。いずれも頻度不明の状態となっており、基本的にはかなり稀なものとなります。

しかし、万が一発現した際には重大なものとなるため、初期症状をご確認いただき、該当するものがある場合はよく注意してください。

重大な副作用名称 初期症状など
ショック、アナフィラキシー 皮ふのかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、冷や汗、息苦しさ、どうき、めまい、血の気が引く、息切れ、判断力の低下、意識の混濁など
出血等の頭蓋内出血 運動のまひ、意識がうすれる、考えがまとまらない、突然の頭痛、嘔吐、しゃべりにくい、判断力の低下
肺出血、消化管出血、鼻出血、眼底出血等 咳と一緒に血が出る、痰に血が混じる、黒い痰が出る、息切れがする・息苦しくなる、咳が出るなど、血を吐く、吐き気、嘔吐、腹痛、血が混ざった便、黒色便、鼻血、視力の低下、明るい壁面を見たとき蚊が飛んでいるように感じる
中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、はく脱皮膚炎 高熱(38℃以上)、目の充血、めやに(眼分泌物)、まぶたの腫れ、目が開けづらい、唇や陰部のただれ、排尿・排便時の痛み、のどの痛み、皮ふの広い範囲が赤くなるなどがみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする、かさぶた、皮膚がはがれおちる
再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少 あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、のどの痛み、皮膚や粘膜があおじろくみえる、疲労感、どうき、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿、発熱、歯ぐきの出血、出血が止まりにくい
喘息発作の誘発 息をするときヒューヒューと音がする、息苦しい、息切れ
肝機能障害、黄疸 からだがだるい、吐き気、嘔吐、食欲不振、かゆみ、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる
消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍 胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐き気、嘔吐、胃が痛い、空腹時にみぞおちが痛い、血の混じった便、便が黒くなる、吐血などがみられ、これらの症状が持続する。
腹痛、下痢

アスピリン喘息について

アスピリンに密接な関係のある副作用としては、アスピリン喘息があげられます。

アスピリン喘息は、その名称からアスピリンだけで起こると思われがちですが、アスピリンを含むさまざまな解熱鎮痛剤によって引き起こされる可能性があります。

■アスピリン喘息の特徴
呼吸器症状と鼻症状が見られるのが特徴です。薬の使用後、数分から1時間以内に激しい咳や息苦しさ、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)、鼻水・鼻づまりなどの症状があらわれます。

喘息発作は急速に悪化し、呼吸困難、血圧低下、意識障害などのアナフィラキシー症状により命にかかわることもあります。

解熱鎮痛剤(アスピリンなど)に関するQ&A

ここでは解熱鎮痛剤に関するQ&Aについて解説します。

Q1 アスピリンと一緒に飲んだり食べたりしてはいけないものはある?

アスピリンは、ワーファリンなど血液が固まるのを防ぐ抗凝固剤と併用することがありますが、相互作用で出血の危険性が高まるおそれがあるため、併用している時は特に出血を伴うけがなどに注意をしておくことが必要です。

他にも糖尿病用剤やリチウム製剤など、多くの薬と相互作用を起こす可能性があります。アスピリンの他に飲んでいる薬がある場合には、医師や薬剤師に伝えておきましょう。

医薬品以外の飲み合わせ・食べ合わせについては、以下を確認してください。

主な飲みあわせ・食べあわせ
納豆 アスピリンと納豆の食べあわせは問題ありません。
血液をサラサラにする薬は、ビタミンKによって作用を弱めるといわれていますが、納豆が禁止されている薬は抗凝固薬のワルファリンです。アスピリンとワルファリンは作用が異なるため、アスピリンを飲んでいる人が納豆を食べても問題ありません。
グレープフルーツ アスピリンとグレープフルーツの食べあわせは問題ありません。
グレープフルーツの併用に注意が必要なのは高血圧に使う薬などです。併用すると作用が効きすぎて低血圧を招くことがあります。
アルコール アスピリンを服用中は、飲酒はできるだけ控えてください。
アルコールとの併用は、消化管出血などの副作用が出やすくなります。

Q2 アスピリンの使用の注意が必要な人は?

アスピリンを使用する際、アレルギーのある方、その経験がある方はアスピリンを使用することができません。

他にも消化性潰瘍の方や、肝障害、腎障害、心機能不全の方、血液の異常がある方、出血傾向のある方、気管支喘息(アスピリン喘息)のある方、出産予定日12週以内の妊婦さん、授乳婦さん、高齢者、手術、心臓カテーテル検査又は抜歯前1週間以内の方も、アスピリンを使用できないことがあるため、必ず医師、薬剤師に相談してください。

Q3 アスピリンを15歳未満の子ども(小児)に使用してもいい?

アスピリンは15歳未満の水痘(水ぼうそう)、インフルエンザの治療には使用しないことを原則としています。

しかし、医師の判断によってやむを得ず投与する場合もありますので、その際には医師の指示に従ってください。

Q4 アスピリンとロキソプロフェン、イブプロフェン、アセトアミノフェンの違いは?

解熱鎮痛剤はアスピリンなどNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるグループと、アセトアミノフェンの2つに大きく分けられます。

NSAIDsにはアスピリンの他にも、イブプロフェンやロキソプロフェンなどがあります。

NSAIDsとアセトアミノフェンの主な違いは、以下のとおりです。

特徴
NSAIDs ・15歳未満では服用できる市販薬がない
・アセトアミノフェンに比べて解熱鎮痛効果が強い
・アセトアミノフェンに比べて胃への副作用が出やすい
アセトアミノフェン ・15歳未満も服用できる小児用の薬がある
・NSAIDsに比べて解熱鎮痛効果がおだやか
・NSAIDsに比べて胃への副作用が出にくい

NSAIDsに分類されるアスピリンなどは、アセトアミノフェンよりも解熱鎮痛効果が高いとされています。ただし、市販薬では15歳未満の子どもが服用できる薬がありません。また、副作用として胃腸障害があらわれることがあります。

一方、アセトアミノフェンの市販薬には、15歳未満の子どもが服用できる小児用の薬もあります。また、NSAIDsの特徴のひとつである胃腸障害が起こりにくく、授乳中の方でも使いやすい薬です。

Q5 アスピリンとロキソプロフェン、イブプロフェンは併用してもいい?

添付文書では、アスピリンと解熱鎮痛剤によく含まれるイブプロフェンについて、相互作用を起こす可能性が指摘されています。

また、イブプロフェンに限らず、ロキソプロフェンなどを含むNSAIDs全般との相互作用にも注意する必要があります。

アスピリンを他の薬と併用する際は必ず医師、薬剤師に報告をするようにしてください。

Q6 妊娠中、授乳中に解熱鎮痛剤を使用してもいい?

妊娠中・授乳中の解熱鎮痛剤の使用については、場合によっては赤ちゃんへ影響をおよぼす薬もあるため注意が必要です。

■妊娠中の場合
『産婦人科診療ガイドライン2020』によると、妊娠中の解熱鎮痛薬はアセトアミノフェンが勧められています。

市販薬でもアセトアミノフェンを含む薬は数多く販売されていますが、妊娠の経過や体調・体質は個々で異なり、アセトアミノフェンが服用できない可能性もあるため、服用する前にかかりつけ医に相談してください。

なお、妊娠中の場合はNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)に注意が必要です。妊娠後期にNSAIDsを使うと動脈管という血管が収縮し、胎児に影響が出るおそれがあるため、妊娠後期は服用が禁止されています。

妊娠中の薬の使用については、妊娠時期や薬の性質を考慮しながら使用できる薬を選ぶ必要があるため、まずはかかりつけ医に相談することが大切です。

■授乳中の場合
国立成育医療研究センターでは『授乳中に安全に使用できると考えられる薬』として、アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェンなどが紹介されています。したがって、軽い頭痛などですぐに病院を受診できない場合はアセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェンなどが配合された薬を使用するとよいでしょう。

ただし、薬によっては解熱鎮痛成分以外の成分が一緒に配合されてる、他の薬との飲み合わせや授乳頻度など気をつけなければいけないこともあるため、市販薬を購入する際は薬剤師に相談することをおすすめします。

また、服用の際は添付文書に記載の使用期間や用法・用量を守り、服用は短期間にとどめ、症状が改善しない場合はかかりつけの産婦人科や内科を受診しましょう。

以下の記事では、妊娠中・授乳中に使用できる市販の解熱鎮痛剤について解説しています。

Q7 インフルエンザに解熱鎮痛剤は使用できる?

インフルエンザに解熱鎮痛剤を使用することはできます。しかし、市販薬のなかには、使用が禁止されている成分が含まれているものがあるため注意が必要です。

■NSAIDsが配合された市販薬の使用は避けましょう
インフルエンザの疑いがある場合は、年代に関わらず、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が含まれた市販薬の使用を避け、アセトアミノフェンが含まれた市販薬を使用しましょう。

因果関係がはっきりとしていないことが多いですが、NSAIDsを使用するとインフルエンザ脳症のリスクが高まるという報告もあります。

アセトアミノフェンが配合された市販薬について、以下の記事で紹介しています。

Q8 新型コロナワクチン接種後の発熱や痛みに解熱鎮痛剤は使用できる?

発熱など新型コロナウイルスの感染疑いがある場合、まずはかかりつけ医か受診・相談センターに電話しましょう。

病院を受診する前に解熱鎮痛剤を使用したいとき、基本的には市販の解熱鎮痛剤を服用しても問題ありません。ただし、解熱鎮痛剤の種類や服用する方の年齢や体質によっては、服用をさけたほうがよい場合もあるため注意が必要です。

厚生労働省では、以下のように回答しています。

Q5. 市販の解熱剤は服用しても問題ないでしょうか?

A5. 問題ありません。用法・用量等をよく確認の上、ご使用ください。なお、下記のような場合には主治医や薬剤師にご相談ください。
・他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気療養中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

引用:厚生労働省|健康や医療相談の情報-よくある質問Q5

以下の記事では、新型コロナウイルスの発熱に効く市販の解熱剤、解熱剤の選び方などを紹介しています

Q9 新型コロナウイルスの感染疑いがある時に解熱鎮痛剤を使用してもいい?

厚生労働省は新型コロナワクチン接種後の発熱や痛みに対して、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)や、アセトアミノフェンなどの解熱鎮痛剤が使用できると公表しています。※予防目的での服用は推奨されていません。

ただし、症状が重い場合や、咳やのどの痛み、鼻水、味覚・嗅覚の消失、息切れなどの症状がみられる場合、数日が経過しても改善しない場合は病院を受診してください。

市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。

引用:厚生労働省|新型コロナワクチンQ&A

以下の記事では、新型コロナワクチン接種後の副反応(発熱や痛み)に使える市販薬を紹介しています。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。

ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
編集者ページへ
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター朝比奈 裕介

看護師歴10年の経験をいかして、『正確でわかりやすい』医療情報の発信をおこないます。ミナカラのライターとして、ヘルスケアがもっと身近で感動的になる世界をつくっていきます。

編集者ページへ
朝比奈 裕介 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。