カロナール(アセトアミノフェン)の頭痛や熱への効果は?ロキソニンとの違いは?

Date:

カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500はよく使用される解熱鎮痛剤です。使用中に関心が寄せられることの多い用法用量、頭痛や熱に対する効果、ロキソニンと比較した効き目の強さまで薬剤師が解説します。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

山崎 亜主美

山崎 亜主美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

ライター

安岡 歩

安岡 歩_プロフィール画像

カロナールはアセトアミノフェンを成分とする薬

カロナールは「アセトアミノフェン」を成分とする処方薬の解熱鎮痛剤です。

カロナール錠200/カロナール錠300/カロナール錠500といった錠剤のほか、坐薬や粉薬、シロップなど多くの種類があります。

15歳以上の方だけでなく、赤ちゃんや授乳中のママでも使用できる成分ということもあり幅広く使用されています。

カロナール(アセトアミノフェン)の頭痛や熱に対する効果

まずはカロナールの効能・効果について確認していきましょう。

薬の説明書に当たる添付文書には以下のとおり記載されています。

1.下記の疾患並びに症状の鎮痛
頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症

2.下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

3.小児科領域における解熱・鎮痛

カロナール錠200・カロナール錠300・カロナール錠500 添付文書 (製造販売元:あゆみ製薬株式会社)

2021年3月改訂(第14版) 効能または効果 より引用

カロナールは、頭痛を初めとしたさまざまな痛みに対して使用できます。また、いわゆる風邪の急性上気道炎に対しては、熱を下げるためにも使用されます。

カロナール(アセトアミノフェン)は頭痛や熱に対して7割以上の人に有効

では、実際カロナールは頭痛や熱に対してどの程度有効なのでしょうか。

カロナールの添付文書を見ると、実際の患者に投与した試験(臨床試験)を実施した時の結果が記載されています。

結果は、頭痛など痛みに対しては70.6%が有効、熱に対しては71.4%で有効であったとされています。7割以上の患者に有効といえます。

子供にはカロナール(アセトアミノフェン)が使用されることが多い

カロナールの特徴の一つは小児科領域でも比較的安全に使用できる点です。

カロナールはインフルエンザの時に使っても「インフルエンザ脳症」が起こる危険が少なく、幼い子供でも使用できる比較的安全な薬といえます。

そのため、子供にはカロナールが使用されることが多くなっています。

カロナールの用法用量

カロナールの用法用量は、症状や服用する人の年齢などによって異なります。

カロナールの添付文書には以下のように記載されています。

 

●頭痛や月経痛などの痛みの場合

通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~1000mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として4000mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール錠200・カロナール錠300・カロナール錠500 添付文書 (製造販売元:あゆみ製薬株式会社)

2021年3月改訂(第14版) 用法及び用量 より引用

 

●風邪の解熱や痛みの場合 

通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300~500mgを頓用する。なお,年齢,症状により適宜増減する。ただし,原則として1日2回までとし,1日最大1500mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール錠200・カロナール錠300・カロナール錠500 添付文書 (製造販売元:あゆみ製薬株式会社)

2021年3月改訂(第14版) 用法及び用量 より引用

 

●小児の解熱や痛みの場合 

通常,幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして,体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し,投与間隔は4~6時間以上とする。なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として60mg/kgを限度とする。ただし,成人の用量を超えない。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール錠200・カロナール錠300・カロナール錠500 添付文書 (製造販売元:あゆみ製薬株式会社)

2021年3月改訂(第14版) 用法及び用量 より引用

アセトアミノフェンとはカロナールの成分を指します。

カロナールは、1回で使用できる最大量は500mgだった時期もありましたが、上記の通り使える量が多くなり、以前よりも高い効果が期待できるようになっています。

カロナール200・カロナール300・カロナール500で使用できる錠数のまとめ

カロナールの最大で使用できる錠数をまとめると以下の通りです。

  頭痛などの痛み 風邪の解熱・痛み
  1回の最大 1日の最大 1回の最大 1日の最大
カロナール200 5錠 20錠 2錠 7錠
カロナール300 3錠 13錠 1錠 5錠
カロナール500 2錠 8錠 1錠 3錠


上記の表はあくまで最大量を使用した場合の量です。安全面から実際に上記の量を使用するかどうかは、処方医の先生と相談しましょう。

カロナール(アセトアミノフェン)の仕組み・メカニズム

カロナールが頭痛や熱に効果をもたらすメカニズムは、まだわかっていない部分もあります。

頭痛や熱によく使われるロキソニンなどのいわゆるNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)というグループに分類される解熱鎮痛薬などは、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し、痛みや熱の原因となるプロスタグランジンという物質が増えることをおさえることによって痛みや熱に効果があります。

カロナールもシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害しますが、作用のメカニズムは異なっており、脳の中枢などに作用することによって効果を発揮しているといわれています。

 

しかし、詳細な作用については明らかになっていません。そのため、 NSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)というグループには分類されていません。

メカニズムの違いからカロナールは他の解熱鎮痛剤が持っている抗炎症作用がほとんど期待できないという面もありますが、胃腸障害などの副作用が出にくいというメリットもあります。

カロナールとロキソニンは同程度の効果が得られる?

カロナールの特徴の一つは、他の解熱鎮痛剤と比較して副作用が少なく、安全性が高いという点があります。

カロナールの効果の強さを他の解熱鎮痛剤と比較している文献はいくつかありますが、ロキソニンとの比較をまとめたものによると、骨削除が必要となる程度の下顎埋伏智歯抜歯後の鎮痛効果をアセトアミノフェン(カロナールの成分)1000mgとロキソプロフェン(ロキソニンの成分)60mgとで比較した結果、カロナールの成分はロキソニンの成分に匹敵する効果があるという報告もあります

 

使える用量が違うため少し条件が異なってはいますが、カロナールの成分も用量を増やせばロキソニンと遜色ない鎮痛効果を得られる可能性もあると解釈できそうです。

同じ文献によると、日本ではもともと使われる用量が少なかったために十分な鎮痛効果が得られてなかったが、適切な用量で使用すればカロナールの成分でも十分な効果が期待できると考察しています。

結論として、効果の強さはロキソニンが勝るものの、適切な用量で使えばカロナールでも十分な効果は期待して良いでしょう。

カロナールの市販薬とロキソニンの市販薬

カロナールの市販薬

カロナールという名称の市販薬は存在しませんが、カロナールと同じく主成分がアセトアミノフェンのみの市販薬は販売されています。

薬によってアセトアミノフェンの含有量や対象年齢が異なりますので、参考にしてください。

市販薬 アセトアミノフェン含有量
(1錠中)
対象年齢

タイレノールA

300mg

15歳以上

ラックル

300mg

15歳以上

バファリンルナJ

100mg

7歳以上

小児用バファリンCⅡ

33mg

3~14歳

小児用バファリン
チュアブル

50mg

3~14歳

カロナールと同じアセトアミノフェンが主成分の市販薬について、詳しくは次の記事で解説しています。

 

ロキソニンの市販薬

2021年9月現在、市販のロキソニンSシリーズはロキソニンS・ロキソニンSプラス・ロキソニンSプレミアム・ロキソニンSクイックの4種類が販売されています。

商品名 商品画像
ロキソニンS
ロキソニンSプラス
ロキソニンSプレミアム
ロキソニンSクイック

市販されているロキソニンSシリーズの違いや特徴について、詳しくは次の記事で解説しています。

カロナールとロキソニンの効果時間・効き始めの時間、効果の持続時間の違いは?

カロナールを服用後に効果を感じられるスピードや、体内から排出されて消えていくスピードはロキソニンと似通っています。解熱鎮痛剤の中では比較的早く効いて、早く抜けていくタイプです。

カロナールもロキソニン も半数以上の方は30分程度で効果が出てくるというデータがあります。

血液中の濃度が最高値に達するまでの時間と血液中の濃度が半減するまでの時間についてまとめました。

  血液中の濃度が最高値に達するまでの時間 血液中の濃度が半減するまでの時間
ロキソニン

0.79時間(約47分)

1.31時間(約79分)

カロナール・アセトアミノフェン

0.46時間(約28分)

2.36時間(約142分)

 

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

山崎 亜主美

(経歴)
  • 明治薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 総合メディカル株式会社 調剤薬局
  • 株式会社EPファーマライン DIメディカルコミュニケーター
  • 株式会社ミナカラ/ミナカラ薬局
山崎 亜主美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

ライター

安岡 歩

安岡 歩_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。