ポララミンは妊娠中の花粉症にも処方される薬!効果と副作用の強さは?

更新日:

薬剤師監修日:

ポララミンの効果や眠気などの副作用について詳しく解説。妊娠中や授乳中に処方されることがある理由と安全性についても紹介。ジェネリックや市販薬に関する情報も掲載しています。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
Share

花粉症のシーズンに薬を飲んでいる方は少なくありません。しかしながら、むやみに薬を飲むことができないのが妊娠中です。

妊婦が自己判断で薬を使用することは危険がともないます。妊娠中は基本的に、病院を受診して医師の診断を受けましょう。

妊娠中にポララミンを飲んでもいい?

ポララミンの主成分はd-クロルフェニラミンマレイン酸塩です。

ポララミンは蕁麻疹などの皮膚疾患に伴う皮膚の痒み、風邪やアレルギー性鼻炎によるくしゃみ・鼻みずなどに処方される第1世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬は、発売された時期などによって第1世代と第2世代にわけられます。第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代の効果はそのままに副作用の眠気が出にくくなるように改良されているため、花粉症などには第2世代の抗ヒスタミン薬が選択されることが多くあります。

アレグラ・クラリチン・ザイザル・ジルテックなどが、代表的な第2世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬は妊娠中の胎児への安全性は確立されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると医師が判断した場合にのみ投与することとの記載になっています。

ただし、ポララミン(クロルフェニラミン)は抗ヒスタミン薬の中でも使用実績が豊富であり、服用することによって奇形の頻度や胎児に対する有害作用の頻度が増すというデータは出ていません。

そのため、妊娠中の花粉症の治療薬として選択されることが多いのです。

授乳中にポララミンを飲んでもいい?

授乳中のポララミンの処方は医師の判断によって変わってきます。

ポララミンの成分は母乳に移行するため処方できないといわれる場合もありますが、母乳に移行するのは微量であり、ポララミンは古くから使用されている安全な薬のため問題ないという判断のもと処方される場合もあります。

万が一、授乳中にポララミンを使用して、赤ちゃんがいつもより極端に眠るなど赤ちゃんの変化に不安がある場合はすぐに医師に相談しましょう。

ポララミンは眠気などの副作用が出やすい薬

ポララミンなどの第1世代の抗ヒスタミン薬は、眠気や口の渇きなどの副作用が出やすいのが難点です。

眠気や口の渇きの他に、発疹、頭痛・めまい・吐き気・便秘・動悸などの副作用が出る場合もあります。

薬を服用していて何か気になることがあればすぐに、医師または薬剤師に相談しましょう。

ポララミンの使用上の注意

ポララミンの用法用量

ポララミンは、通常、成人はd-クロルフェニラミンマレイン酸塩として1回2mgを1日1〜4回使用します。

ただし、症状や年齢によって用量は増減されるので、必ず医師に指示された通りに使用してください。

ポララミンとの飲み合わせで注意が必要な薬

妊娠中の方はもともと飲酒を控える必要がありますが、ポララミンの添付文書にもアルコールとの併用には注意が必要であると記載されています。

ポララミンとアルコールを併用すると、副作用の眠気などが強まる可能性があるためです。

また、ポララミンを次のような薬と同時に使用する場合には注意が必要です。

他に日常的に飲んでいる薬がある場合は必ず医師に申告してください。

【併用に注意が必要な薬】
・中枢神経抑制剤
・MAO阻害剤
・抗コリン作用を有する薬剤
・ドロキシドパ
・ノルアドレナリン

ポララミンにジェネリックや市販薬はある?

ポララミンのジェネリック医薬品はある

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許が切れたあとに販売される薬のことで、先発薬と同じ成分で同じ効能があると国に認められている薬です。開発にかかる費用が必要ないため、先発薬より安価で販売することが可能です。

ポララミンの成分と同じ「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を配合するジェネリックには「ネオマレルミン錠」や「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩錠」として様々なメーカーより発売されています。

ポララミンと全く同じ市販薬はない

現時点ではポララミンと同じ成分のみを同じ量だけ配合した、全く同じ市販薬は販売されていません。

ポララミンの成分である「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」が含まれる市販薬はいくつかありますが、別の成分が配合されていたり、配合量が異なります。

特に妊娠中は自己判断による市販薬の使用は控えましょう。

おわりに

ポララミンは、妊婦に処方されることの多い花粉症の薬です。

眠気の副作用がでやすいですが、長年の使用実績があり症状をおさえる効果が期待できます。

使用回数や使用量などは症状に応じて変わるので、医師の指示に従いましょう。

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。