天候の急変により出荷・配送が通常より大幅に遅延する可能性があります。あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。

メイアクトMS小児用細粒の飲み合わせで味が最もよいものは?! ~子どもが嫌がらない粉薬の飲ませ方~

更新日:

薬剤師監修日:

子どもに抵抗なく、メイアクトMS小児用細粒10%を飲んでもらえる飲ませ方、薬の副作用などについて紹介していきます。

Share

この記事は1年以上前に医療従事者により監修されたものです。情報が古い可能性があります。

子どもに身近な病気の治療薬や予防薬として、メイアクトMS小児用細粒10%という薬を処方されることがあります。

病気になったら薬の服用はかかせませんが、苦い・飲みにくいなどの理由から薬を飲むのを嫌がる子どももおり、メイアクトMS小児用細粒10%についても例外ではありません。

この記事では子どもに抵抗なく、メイアクトMS小児用細粒10%を飲んでもらえる飲ませ方、薬の副作用などについて紹介していきます。

メイアクトMS小児用細粒はバニラアイスクリ-ム・牛乳・お茶類と飲むと味の相性がよい

メイアクトMS小児用細粒の味は、バナナ風味で甘味があり、わずかに苦味があります。
味はバナナの味ですが、粉の色はオレンジです。

一緒に飲むと飲みやすくなる食品はバニラアイスクリ-ム牛乳お茶類などです。

バニラアイスクリームは薬と混ぜるよりも、アイスクリームで薬をサンドし、コーティングして飲ませると、薬が舌に触れずに飲むことができるので苦味を感じづらいとされています。

牛乳やお茶類などの液体と飲ませる時は、液体に混ぜるよりも薬をそのままいったん口にふくみ、すぐに流し込んだほうが苦味を感じづらい傾向があります。

また、細粒はドライシロップとは違い、液体にとかしても、コップの底に沈んで残ってしまうことがあるので、液体に混ぜる場合は注意が必要です。

メイアクトMS小児用細粒はスポーツドリンク・乳酸菌飲料と一緒に飲むと味の相性が悪い

メイアクトMS小児用細粒はスポーツドリンク乳酸菌飲料と一緒に飲むと味の相性が悪く、子どもに嫌がられる傾向があります。

家庭の冷蔵庫にあるもので飲み合わせを工夫することもできますが、近年、子どもに薬を飲みやすくするため、ゼリー状のオブラートなどの商品も増えてきました。

子どもに安心して薬を飲んでもらうために、このような商品に頼るのもひとつの方法です。

龍角散 おくすり飲めたね チョコレート味

メイアクトMS小児用細粒の副作用

メイアクトMS小児用細粒を飲んだ時にあらわれる可能性のある主な副作用には次のようなものがあります。

【主な副作用】
下痢、軟便、吐き気、胃不快感、発疹、じん麻疹、紅斑、かゆみ、発熱、リンパ節腫脹、関節痛など

このような症状がでたら使用を中止し、医療機関に相談するようにしてください。

めったに起こるものではありませんが息苦しい、目の充血、ショック症状などの重篤な副作用がでる場合もあります。
このような症状があらわれたらただちに使用を中止し、医療機関で医師の診察を受けるようにしてください。

また、副作用は薬を飲んでから割と早い段階であらわれる傾向が強いとされています。
初期症状に気をつけるようにしましょう。

重篤な副作用についてはこちらに記載があるので参考にしてみてください。

参考:メイアクトMS小児用細粒10%(処方薬)

メイアクトMS小児用細粒は風邪症状がでた時に子どもに処方されることが多い

メイアクトMS小児用細粒は主に細菌が原因の感染症に対して使われる薬です。

【適応菌種】
セフジトレンピボキシルに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、百日咳菌、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、アクネ菌

【適応症】
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、顎炎、猩紅熱、百日咳

子どもに身近な病気では風邪症状があらわれた時に処方されることがあります。

本来、風邪とはウイルスによって引き起こされるものですが、細菌による二次感染の予防目的や、咳や鼻水などの症状が細菌によって引き起こされていると診断された場合、処方されることがあります。

メイアクトMS小児用細粒は処方された量を飲みきることが大事

メイアクトMS小児用細粒は、抗生剤といわれる高い効果が期待できる薬です。

そのため一度薬を飲みはじめると、数日で病気の症状が劇的に改善され、まるで完治したかのような状態になる場合もあります。
しかし、それは体内の細菌の量が減ったことにより症状が改善しただけであって病気が完治したわけではありません。

症状をぶりかえさず完治させるためには、処方された分の薬を飲みきることが大切です。

薬の使用方法や飲み合わせなど、あとから不安や疑問がでてくることもあるのではないでしょうか。
そんな時は、ミナカラ薬辞典からミナカラ薬局・薬剤師に直接質問をすることができます。

スマートフォンから当記事を読まれている方は、画面右下に表示される「薬剤師に質問する」アイコンから、パソコンから当記事を読まれている方は各薬のページに設置されている「薬剤師に質問する」のボタンから質問を送ってください。

リンク:【ミナカラ薬辞典】メイアクトMS小児用細粒10%について質問する

メイアクトMS小児用細粒は医師・薬剤師の指示のもと正しく使いましょう

薬の処方は患者の体重や症状によって変わってきます。用法・用量、服用回数や服用期間など、医師・薬剤師の指示をまもり、ただしく使用しましょう。

また、メイアクトMS小児用細粒以外の粉薬の飲み合わせ対策については、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:苦い薬もへっちゃら!粉薬をおいしく飲みやすくする食べ物や飲み物リスト

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。