ジルテックドライシロップはお子様も使える!気になる味や飲ませ方は?

更新日:

薬剤師監修日:

花粉症の薬・ジルテックは錠剤だけでなくドライシロップがあります。錠剤が苦手な小児には飲みやすいドライシロップがおすすめです。この記事では、ジルテックドライシロップの効果や副作用、用法用量などについて詳しく解説します!

Share

この記事は1年以上前に医療従事者により監修されたものです。情報が古い可能性があります。

近年、子どもの花粉症が増加しています。

花粉症は一度花粉が飛散するシーズンを経験すると、2シーズン目で発症する可能性があります。そのため、2歳前後で花粉へのアレルギー反応がみられたり、3歳を過ぎると花粉症の発症も珍しいことではなくなります。

子どもの花粉症の症状を緩和するために花粉症の薬は役立ちますが、小さなお子様が使用できる薬は多くはありません。

その中でも、ジルテックドライシロップは2歳以上から使用可能な花粉症の薬です。

この記事では、ジルテックドライシロップについて解説します。

お子様も飲めるジルテックドライシロップとは?

ジルテックは花粉症などのアレルギー症状を緩和させる第2世代抗ヒスタミン薬です。花粉症の症状や、湿疹、皮膚炎にも効果を発揮します。

ジルテックは病院で処方される花粉症の薬の中でも比較的効果が強めの分類になります。花粉症にはよく処方される薬で、効果が強い反面、副作用の眠気もやや出やすくなっています。

ジルテックは、ジルテック錠とジルテックドライシロップの2種類があります。

ドライシロップとは粉薬の一種で、水に溶かして液体にして飲むことも、そのまま粉薬として飲むことも可能です。通常は糖類などで甘みがつけられているため、錠剤が苦手なお子様も飲みやすいのが特徴です。

成分や効き目は同じであるため、対象年齢や使い勝手によって患者に合わせて処方されます。

ジルテック錠は7歳以上から、ジルテックドライシロップは2歳以上からの処方です。

ジルテックドライシロップの用法用量

通常、15歳未満のお子様は1日2回朝食後と就寝前に使用します。

2歳以上7歳未満と、7歳以上15歳未満では1回に使用する量が異なります。必ず医師から処方される用法・用量を守って使用してください。

なお、大人の場合は1日1回就寝前の使用など、子どもとは使用量やタイミングが異なるため注意してください。

なお、年齢や症状に応じて、用量は調整されます。

2歳以上7歳未満 1回0.2gを1日2回、朝食後及び就寝前に使用
7歳以上15歳未満 1回0.4gを1日2回、朝食後および就寝前に使用
15歳以上 1回0.8gを1日1回、就寝前に使用

ジルテックドライシロップの飲ませ方

ジルテックドライシロップの特徴のひとつは、お子様も飲みやすいイチゴ風味ということです。

ドライシロップは苦いものが多いため、ジュース、アイクスリーム、服薬補助ゼリーなどと合わせて飲ませることもありますが、製薬会社の公式情報では、ジルテックドライシロップは水以外で飲むことを推奨していません。

粉末のまま飲むことは避け、必ず水に溶かしてから飲ませてあげましょう。

1gあたり10mlの水に溶かすのが最適です。

ジルテックドライシロップの小児への副作用

小児のジルテックドライシロップの副作用として、成人と同じく眠気を引き起こす可能性があると報告されています。

薬を使用中は、副作用の眠気が生活の中で危険に及ばないように気をつけてあげることが大切です。

また、頻度はまれですが重篤な副作用として、アナフィラキシー症状、痙攣(けいれん)、黄疸(おうだん)などもあげられます。

ジルテックドライシロップを使用して体調の変化などがみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

お子様が使える花粉症の市販薬について

子どもの花粉症の対策としては、まずは医療機関を受診して適切な薬を処方してもらうことが一番です。

市販の花粉症薬を使用する場合は、あくまで夜間や休日など病院にすぐに行けないときの応急処置として使用しましょう。

ただし、市販の花粉症の薬にはお子様には適さないものも多くあるため、必ず使用前に対象年齢をご確認ください。

おわりに

ジルテックドライシロップは2歳以上から使用できる花粉症の薬です。

飲みやすいドライシロップなので、薬を飲むのを嫌がるお子様にもおすすめです。

ジルテックは医師の処方箋が必要な薬のため、まずは病院を受診しましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。