マイスリー(ゾルピデム)が効かない原因・理由と対処方法について

更新日:

薬剤師監修日:

睡眠薬マイスリー(成分名:ゾルピデム)は不眠症の人に多く処方されている薬です。薬を飲んでも眠れない、薬が効かないときの対処法や注意点を解説します。あわせて不眠に効果のある市販薬も紹介します。

Edit
山田 真理子 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 山田 真理子
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

マイスリー(ゾルピデム)を飲んでも眠れない時はどうすればいい?

日本人の成人の5人に1人が悩んでいるといわれる不眠。

多くの人が抱えている身近な悩みですが、一口に不眠といってもさまざまな原因やタイプがあるため、医師にきちんと診断してもらうことが大切です。

不眠治療のひとつに睡眠薬が処方されることあります。症状によってどの薬が良いか判断してもらえるのですが、中には医師の指示通りに服用しても、薬が効かない場合もあります。

もし処方された薬が効かないと感じた時は、どうすればよいのでしょうか。

今回は睡眠薬の代表的なお薬であるマイスリーが効かない理由と、その対処方法について解説します。

なお、マイスリーの成分は「ゾルピデム」という名前のもので、最近はマイスリーのジェネリック医薬品としてゾルピデム錠などが登場しており、こういった名称のものをご利用されている方も多いかもしれません。

ゾルピデム錠などのジェネリック医薬品も使用方法や気をつけるべきポイントや効き方・副作用などもマイスリーと同様になりますので、ゾルピデムを使用されている方も同じようにこちらの情報をご参考いただけます。

マイスリーは入眠障害に効果的な睡眠薬

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、脳内の興奮を抑えて入眠をサポートします。

「超短時間型」と呼ばれる薬で、なかなか寝付けない入眠障害のタイプによく効く薬です。

体からの排出が比較的早いので、翌朝まで眠気が残るなどの副作用が少ないのも特徴です。

また、マイスリーは、入眠障害のみならず、作用持続時間が短いにもかかわらず途中覚醒、早朝覚醒にも効果を示し、翌朝までの持ち越し効果が少ないことも特徴です。

マイスリーが効かない原因・理由

服用しても、なかなか寝付けずマイスリーが効かないという人もいます。

マイスリーを飲んでも眠れない理由には、以下があげられています。

イライラや不安などの精神的要素が起因している

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系の薬と非ベンゾジアゼピン系の薬があり、マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の薬です。

ベンゾジアゼピン系は、睡眠作用の他に、抗不安作用や筋弛緩作用などもあるため、精神的な不安や緊張による不眠やうつ病などの治療にも使われることがあります。

対して非ベンゾジアゼピン系は、睡眠作用に特化した薬で、抗不安作用と筋弛緩作用は抑えられた、比較的新しい睡眠薬です。

不眠は精神的要素が関係していることがありますが、マイスリーはあくまでも入眠をサポートする睡眠薬のため、不安を抑えてくれるわけではありません。

精神的ストレスや不安などが原因で眠れない場合は、抗不安作用があるベンゾジアゼピン系の睡眠薬の方がよい場合があります。不眠の原因によって処方される薬も異なってくるため、マイスリーが効かないと感じたら、必ず医師に相談しましょう。

薬が体質に合っていない

同じ薬を服用しても、全ての人が同じ効果的を得られるとは限りません。薬の効果や副作用の出方は、それぞれ体質により異なることがあります。

効果がないのに漫然と飲むことはせず、主治医によく相談し、自分に合っているかどうか判断してもらいましょう。

薬が効かないからといってやってはいけないこと

薬が効かないからといって、以下のことはしないようにしましょう。

服用量を増やす

医師からの指示ではなく服用量を勝手に増やすと副作用も出やすくなります。効かないからといって勝手に服用量を増やすことは避けましょう。

薬と一緒にアルコールを飲む

睡眠薬とアルコールとの併用は避けましょう。

薬の副作用リスクを高めてしまう他、アルコールは不眠の原因にもなります。

マイスリーとアルコールの関係性については、こちらの記事で詳しく解説しています。

不眠症に効く市販薬|心身が疲れて眠れない人に

不眠症の症状に悩んでいる方は市販薬を使用するのも選択肢のひとつです。

心身が疲れ、精神不安、不眠などがある場合の不眠症には酸棗仁湯(さんそうにんとう)という市販の漢方薬が適しています。

ここでは不眠症を改善する酸棗仁湯の市販薬を紹介します。

ペネロッピー錠 270錠【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ペネロッピー錠は、体力中等度もしくはどちらかといえば体力がなく、心身が疲れて眠れない方に適した漢方薬です。

漢方の酸棗仁湯処方のお薬であるペネロッピー錠は、疲れや不安をやわらげることで不眠の原因を取り除きます。

疲れがなかなか抜けない方におすすめです。

錠剤のため、漢方独特の苦味が苦手な方でも飲みやすくなっており、5歳から服用できます。

ペネロッピー錠は、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師の無料LINE相談が利用できます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談ができるため、安心して薬を使用することができます。

市販薬を使用する上での注意点

マイスリーを始めとした医師から処方された睡眠薬を使用している場合は、市販薬を使用する前に医師に相談してください。

また、市販薬は医師から処方された薬の代替となる薬ではないため、睡眠薬と置き換えての使用はやめましょう。

さいごに:他の薬を併用する時は医師に相談を

睡眠薬を服用している時は、他の薬との飲み合わせには十分な注意が必要です。

市販薬にも眠気を起こす作用の薬があり、併用すると、副作用が出ることがあります。

睡眠薬を飲んでいる時に、医師から指示されたお薬以外のものを一緒に飲むときは医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師山田 真理子

(経歴)
  • 同志社女子大学薬学部医療薬学科卒業
  • 医療法人徳洲会岸和田徳洲会病院
  • 有限会社わかば薬局
  • 株式会社杏林堂薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
山田 真理子 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。