睡眠薬ルネスタとアモバンの違いは?効果の共通点や違いを紹介

更新日:

薬剤師監修日:

睡眠薬ルネスタはアモバンの後継薬といわれていますが、どのような違いがあるのでしょうか。効果の特徴や違いについて詳しく解説します。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

現在、よく使用されている睡眠薬はベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる分類のものです。

どちらも脳の活動をおさえる神経伝達物質GABAの働きを強めて眠りを導く働きがある薬で、中でも非ベンゾジアゼピン系はふらつきなどのリスクも軽減されています。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中でも効果が似ているのがルネスタとアモバンです。

先に開発されたアモバンの副作用の苦味を改良した後継薬がルネスタになります。

アモバンからルネスタに切り替えて処方されることもあるようですが、どのような違いがあるのでしょうか。

ルネスタとアモバンの効果など、違いを詳しくご紹介します。

ルネスタとアモバンの効果の特徴

日本で認可されている睡眠薬の中で主流になっているのがベンゾジアゼピン系と、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬。

ベンゾジアゼピン系は催眠鎮静作用がある受容体と筋弛緩作用がある受容体の両方に作用しますが、非ベンゾジアゼピン系は催眠鎮静作用がある受容体だけに作用するとされています。

そのため、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は不眠の改善作用に特化しており、筋肉を緩めるような作用が少なく、ふらつきや転倒の危険性が緩和されています。

ルネスタとアモバンは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴

・筋弛緩作用が弱いため、ふらついたり転倒したりという危険が少ない
・翌朝の眠気、頭痛、睡眠時の異常行動などのリスクが低い
・抗不安作用が少ない
・服用後にもうろうとしたり、記憶があいまいになることがある

ルネスタとアモバンの違い

ルネスタとアモバンの大きな違いは、味覚障害の強さ作用時間です。

特にアモバン服用後に強い苦味(味覚障害)を訴える人が多く、その改善策でルネスタに代えてもらうケースもあるようです。

また、薬の効果がどれだけ続くかは、不眠のタイプで薬を使い分ける上で重要なポイントといえるでしょう。

味覚障害について

先に開発されたアモバンの主要成分・ゾピクロンは、催眠作用が強い反面、苦味という副作用もあるのが特徴でした。

この苦味は薬の服用時だけではなく、数十分経ったあとから翌朝まで口の中が苦いということもあります。

苦味が出る理由としては薬の成分が体内へ吸収された後、唾液中に苦味のある成分が分泌されるためではないかと考えられていますが、詳細については明らかにはなっていません。

ルネスタは、この苦味の副作用が改良された成分・エスゾピクロンが主成分の薬で、アモバンの苦味が強すぎる場合の代替として使われることもあります。

しかし、人によってはルネスタでも苦味を感じることがあるので、耐えられないような場合は医師に相談してみましょう。

作用時間の違い

ルネスタとアモバンは、どちらも超短時間型グループの睡眠薬ですが、作用時間(効果の長さ)に違いがあります。

ルネスタ:
服薬してから30分〜2時間ほどで血中濃度が最高値になり、半減期(体内の薬の量が服用量の半分になる時間)は約5時間前後です。

アモバン:
服用してから1時間前後で血中濃度が最高値になり、半減期(体内の薬の量が服用量の半分になる時間)は約3~4時間です。

つまり、同じ超短時間型でも効果が長く続くのがルネスタ、というわけです。

このため、ルネスタは眠りに入りにくい入眠障害はもちろんのこと、途中で何度も目が覚める中途覚醒にも使われる薬です。

ルネスタとアモバンにジェネリックはある?

結論として、2021年12月現在、ルネスタにもアモバンにもジェネリック医薬品が存在します。

先発薬とジェネリック医薬品は、添加物や薬のコーティング、薬剤の溶け方などが製薬メーカーによって異なりますが、有効成分は同じです。ジェネリック医薬品は開発費用がかからない分先発薬より安く薬価が設定されています。

薬代を少しでも安くしたい方は、医師や薬剤師に相談し、ジェネリックを試してみると良いでしょう。

ただし、睡眠薬を選択する際は、薬価ではなく、医師と相談した上で自分に合っているかどうかで選択しましょう。

おわりに:睡眠薬の服用は医師の指示に従って

睡眠薬は眠れない時の強い味方ですが、間違った使い方や、体に合わない薬を服用すると不眠の症状が悪化したり、思わぬ副作用をもたらす可能性があります。

睡眠薬は、服用前に効果と副作用の両方について正しく理解しましょう。

また、服用に際しては必ず医師の診察をうけ、症状をしっかりと見極めたうえで、自分の不眠のタイプに合った睡眠薬を使用してください。

副作用は、体質などの個人差が大きく関わってきます。

服用後に違和感を感じたり、いつもと様子が変わってきた、苦味が耐えられない等がおこったら、我慢せずに担当医に相談しましょう。

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。