天候の急変により出荷・配送が通常より大幅に遅延する可能性があります。あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。

カロナールと同じ成分の市販薬|アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛薬

更新日:

薬剤師監修日:

カロナールは頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などの痛みや発熱に対して処方される薬です。この記事では、子どもや妊娠中・授乳中の方でも使えるアセトアミノフェンの市販薬を紹介します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
朝比奈 裕介 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 朝比奈 裕介
Share

カロナール(アセトアミノフェン)とは|代わりになる市販薬はある?

カロナールは風邪をひいたときなどに医師から処方される薬で、アセトアミノフェンという解熱鎮痛成分が配合されています。

カロナール錠の種類|200・300・500

カロナール錠には、カロナール錠200・カロナール錠300・カロナール錠500といった種類があり、それぞれアセトアミノフェンの含有量が異なります。

アセトアミノフェン含有量
(1錠中)
カロナール錠200

200mg

カロナール錠300

300mg

カロナール錠500

500mg

カロナールの効能・効果|頭痛や腰痛、生理痛など

カロナールには、頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などの痛みを緩和する効果や、風邪による悪寒・発熱時の解熱作用などがあります。

カロナールとアセトアミノフェンの違いは?

薬は成分名で伝えられることも多いですが、カロナールもアセトアミノフェンも同じ成分の薬のことを指しているため、大きな違いはありません。

カロナールは商品名、アセトアミノフェンは成分の名称です。

カロナールの代わりになる市販薬はある?

カロナールの代わりになる市販薬には、ラックルやタイレノールA、小児用バファリンチュアブルなどがあり、頭痛などの痛みや発熱時の解熱などに効果をあらわします。

カロナールと同じ成分の市販薬一覧|アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤

カロナールと同じく主成分がアセトアミノフェンのみの市販薬を紹介します。

薬によってアセトアミノフェンの含有量や対象年齢が異なりますので、参考にしてください。

市販薬 アセトアミノフェン含有量
(1錠中)
対象年齢

ラックル

300mg

15歳以上

タイレノールA

300mg

15歳以上

バファリンルナJ

100mg

7歳以上

小児用バファリンCⅡ

33mg

3~14歳

小児用バファリン
チュアブル

50mg

3~14歳

アセトアミノフェンの他に、新型コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に使える市販薬や、新型コロナワクチンの感染疑いがある時に使える市販薬については、以下の記事で詳しく解説しています。

■新型コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に使える市販薬

■新型コロナワクチンの感染疑いがある時に使える市販薬

ラックル|カロナール錠300と同じ成分量

ラックル 12錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

対象年齢 主な成分 含有量(1錠中)

15歳以上

アセトアミノフェン

300mg

ラックルは、1錠中にアセトアミノフェンを300mg配合しています。水にすぐ溶けるタイプの速溶錠です。口の中でかみくだくか、軽く口の中で溶かしてから水と一緒に服用してください。

パッケージには「腰痛 神経痛に早く効く」と記載されていますが、腰痛や神経痛のみならず、発熱や頭痛などの症状にもお使いいただけます。

■用法・用量
・1回1錠、1日3回を限度として使用してください。
・服用間隔は4時間以上あけてください。
・なるべく空腹時を避けて服用してください。
・ラックルを服用中は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬を服用しないでください。

タイレノールA|カロナール錠300と同じ成分量

タイレノールA 10錠【第二類医薬品】

対象年齢 主な成分 含有量(1錠中)

15歳以上

アセトアミノフェン

300mg

タイレノールAは、1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれており、カロナール錠300と同じ含有量の市販薬です。

■用法・用量
・1回1錠、1日3回を限度として使用してください。
・服用間隔は4時間以上あけてください。
・風邪による発熱時は、なるべく空腹時を避けて服用してください。
・タイレノールAを服用中は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬を服用しないでください。

バファリンルナJ

バファリンルナJ【第二類医薬品】

対象年齢 主な成分 含有量(1錠中)

7歳以上

アセトアミノフェン

100mg

バファリンルナJは7歳以上から服用でき、子どもや授乳中の方でも服用できることが最大の特徴です。妊娠中の方は、時期や状況によって服用の可否が異なるため、服用前に主治医に相談してください。

眠くなる成分が含まれておらず、水なしでも飲めるチュアブル錠のため、学校に通っていて授業がある日でも服用できます。

子どもに持たせる場合は、間違って多く飲まないように服用量やタイミングを一緒に確認しておきましょう。万が一多く飲んでしまった場合は、水をたくさん飲ませてから病院を受診しましょう。

■用法・用量
・服用間隔は4時間以上あけてください。
・なるべく空腹時を避け、かみくだくか口の中で溶かして服用してください。
・バファリンルナJを服用中は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬を服用しないでください。
・以下の服用量、服用回数を必ずお守りください。

年齢 1回量 1日の服用回数

15歳以上

3錠

3回まで

11~14歳

2錠

7~10歳

1錠

小児用バファリンCⅡ

小児用バファリンC2 16錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

対象年齢 主な成分 含有量(1錠中)

3~14歳

アセトアミノフェン

33mg

小児用バファリンCⅡは3歳から15歳未満の子ども専用の解熱鎮痛薬です。
眠くなる成分も含まれていないため、就学中の子どもでも服用できます。
フルーツ味で比較的飲みやすい小粒の錠剤です。

■用法・用量
・服用間隔は4時間以上あけてください。
・なるべく空腹時を避けて服用してください。
・小児用バファリンCⅡを服用中は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬を服用しないでください。
・以下の服用量、服用回数を必ずお守りください。

年齢 1回量 1日の服用回数

11~14歳

6錠

3回まで

7~10歳

4錠

3~6歳

3錠

小児用バファリンチュアブル

小児用バファリンチュアブル 12錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

対象年齢 主な成分 含有量(1錠中)

3~14歳

アセトアミノフェン

50mg

小児用バファリンチュアブルは、錠剤を飲み込むのが苦手な子どもでも比較的服用しやすいオレンジ味のチュアブル錠です。
かみくだくか、口の中で溶かして服用するため、水なしで服用できます。
眠くなる成分も含まれていないため、就学中の子どもでも服用できます。

■用法・用量
・服用間隔は4時間以上あけてください。
・なるべく空腹時を避けて服用してください。
・小児用バファリンチュアブルを服用中は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬を服用しないでください。
・以下の服用量、服用回数を必ずお守りください。

年齢 1回量 1日の服用回数

11~14歳

4錠

3回まで

7~10歳

3錠

3~6歳

2錠

アセトアミノフェンの効果時間・副作用

カロナールの主成分であるアセトアミノフェンには、頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などの痛みを鎮める効果や、発熱時の解熱作用があります。

アセトアミノフェンの効果時間

カロナールのデータによると、健康な成人が錠剤(アセトアミノフェン400mg)を服用すると、血中のアセトアミノフェン濃度が最高値になるのが服用からおよそ30分後になっています。

薬によってアセトアミノフェンの含有量は異なり、この時間も体質や環境差によりずれはありますが、多くの方では15〜30分以内に解熱鎮痛効果が出てくると考えられます。

アセトアミノフェンの副作用

アセトアミノフェンは他の解熱鎮痛成分と比べ胃痛などの副作用は出にくい成分です。ただし、使用中に副作用と思われる症状や、いつもと違うと感じることがあった場合は使用を中止し、医師に相談してください。

使用上の注意|他の薬との併用、授乳中・妊娠中の使用について

薬は添付文書に記載された用法・用量を守ってお使いください。症状がおさまらないからといって、用量を超えて使用しても症状は良くならず、副作用が出る可能性も高くなってしまいます。

他の薬との飲み合わせ

アセトアミノフェンが含まれる薬は、市販薬や処方薬に限らず、以下のような薬との併用はお控えください。成分が重複すると、薬の作用や副作用が強く出てしまう可能性があります。薬を併用する場合は必ず医師や薬剤師に確認しましょう。

・他の解熱鎮痛薬
・かぜ薬
・鎮静薬

授乳中・妊娠中の方の使用について

アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛成分は授乳中・妊娠中の方の使用はできない場合があります。授乳中の方や妊娠中の方が解熱鎮痛薬を使用する場合は、解熱鎮痛成分がアセトアミノフェンのみの薬がおすすめです。

ただし、妊娠中の方は、時期や状況によって服用の可否が異なるため、服用前に主治医に相談してください。

他の解熱鎮痛成分との違い|カロナール、ロキソニンなど

解熱鎮痛成分は、カロナールの有効成分であるアセトアミノフェンと、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるグループの2つに大きくわけられます。

NSAIDsには、ロキソニンの有効成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物の他に、アスピリンやイブプロフェンなどがあります。

解熱鎮痛成分

NSAIDs

・アスピリン(アセチルサリチル酸)

・イブプロフェン

・ロキソプロフェンナトリウム水和物 など

-

・アセトアミノフェン

ロキソニンの有効成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物が配合された市販薬については、以下の記事で紹介しています。

NSAIDsはアセトアミノフェンに比べて解熱鎮痛効果が強い

NSAIDsはアセトアミノフェンと比較して薬の効き目が強い傾向にあることが特徴です。ただし、NSAIDsが含まれる市販薬は15歳未満の方の服用はできません。

アセトアミノフェンはNSAIDsより胃に優しい

アセトアミノフェンはNSAIDsと比較して胃腸障害が起こりにくいため空腹時でも服用でき、15歳未満の方も服用できる市販薬もあることが特徴です。

アセトアミノフェンは胃に優しい分、痛みを和らげる効果もNSAIDsに比べておだやかです。

タイレノールAとカロナールの違い

カロナールと市販薬のタイレノールAはどちらも同じアセトアミノフェンを配合した解熱鎮痛薬です。

タイレノールAは錠剤ですが、カロナールには、粉末・細粒・坐薬・シロップなどの剤形もあります。

また、1日の最大服用量も異なります。カロナールは年齢、症状に合わせて医師が服用量を調整します。一方タイレノールAは医師の診察を受けなくとも自己判断で服用できるようにという考慮がなされているため、処方薬と異なり1日の最大使用量が決まっています。

PCR検査キット 唾液検査|新型コロナウイルス対応

厚生労働省は「症状発症から9日以内の者については唾液PCR検査を可能」と報告しているため、感染疑いで市販の唾液PCR検査キットを使用する場合は、新型コロナウイルスの症状に類似する症状が発症してから9日以内の使用をおすすめします。

医療法人ひつじ会 ACクリニック監修 COVID-19 PCR検査キット

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

厚生労働省と経済産業省が運営するTeCOT認定医療機関であるクリニックが監修した、信頼性の高いPCR検査キットです。

唾液検査で痛みをともなわずに検査でき、検査精度が97.45%と大変高い点が特徴です。

また、検査結果も検体を送ってから最短24時間でわかるうえ、追加費用を支払えばオンライン診療のうえで陰性証明書を発行できる点も特徴のひとつです。

※外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOTサービスは令和4年9月末で終了)

PCR検査キットの詳細は以下の記事をごらんください。

PCR検査キット

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター朝比奈 裕介

看護師歴10年の経験をいかして、『正確でわかりやすい』医療情報の発信をおこないます。ミナカラのライターとして、ヘルスケアがもっと身近で感動的になる世界をつくっていきます。

編集者ページへ
朝比奈 裕介 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】

コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に対して、厚生労働省では市販薬で対処できると公表しています。3回目の追加接種時にも副反応対策として市販薬を準備しておくと安心です。ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ、どの製薬会社のワクチンでも市販薬の選び方に違いはありません。この記事では、痛みや発熱に使用できる解熱鎮痛薬(解熱剤)と、モデルナアームに使える塗り薬について解説しています。

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど

アセトアミノフェンには、頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などのさまざまな痛みを鎮める鎮痛作用や、発熱時の解熱作用があります。アセトアミノフェンが配合された市販薬には、アセトアミノフェンのみが配合されたものと、アセトアミノフェン+NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)など他の成分も配合されている配合剤があります。この記事では、アセトアミノフェン配合の市販薬やアセトアミノフェンなど解熱鎮痛剤に関するQ&Aなどについてをご紹介ています。

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。