エペリゾン塩酸塩錠の効果は?|副作用や飲み合わせの注意点を解説!

Date:

エペリゾン塩酸塩錠は筋緊張改善剤です。エペリゾン塩酸塩錠の肩こりや腰痛に対する効果や副作用、ほかの薬との飲み合わせに関する注意点などを解説します。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

山崎 亜主美

山崎 亜主美_プロフィール画像

エペリゾン塩酸塩錠の効果は?

エペリゾン塩酸塩錠は、肩こりや腰痛などへの効果が期待される筋緊張改善剤です。

エペリゾン塩酸塩錠の効能・効果は以下の通りです。

・下記疾患における筋緊張状態の改善

腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎

・下記疾患による痙性麻痺

脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患

エペリゾン塩酸塩錠50mg「日医工」添付文書2013年6月改訂(第1版) 効能・効果より引用

主に筋肉の緊張をほぐし、血管を拡張して血流を良くする作用があります。肩こりや首まわりの痛み、頭痛、腰痛、手足のつっぱりやこわばりなど筋肉の緊張による症状を改善します。

また脳や脊髄に関する障害から引き起こされる、痙性(けいせい)麻痺と呼ばれる筋肉がつっぱったまま動かない状態にも用いられます。

エペリゾン塩酸塩錠の用法・用量

エペリゾン塩酸塩は、通常、成人は1日3錠を3回に分けて食後に服用します。

年齢や症状の度合いにより医師が量を調整します。

妊娠中の方、また15歳未満の子どもに対する安全性はまだ確立されていません。医師により、使用した方が良いと判断された場合にのみ処方されます。

また授乳中の方は、エペリゾン塩酸塩錠の使用はできません。やむを得ず使用するときには授乳を中止してください。

使用上の注意

◎エペリゾン塩酸塩錠は次のような方は使用ができません。

エペリゾン塩酸塩の成分に対して、過去にアレルギー反応を起こしたことのある方

◎次のような方は、使用を慎重に行います。

・過去に薬物アレルギーを起こしたことのある方
・肝障害のある方(肝機能を悪化させる可能性があります)

生活上の注意

エペリゾン塩酸塩錠を使用すると、脱力感やふらつき、眠気などが現れることがあります。自動車の運転など危険のともなう機械の操作は行わないようにしてください。

また、これら症状が起こった場合には薬の量を減らすか、または薬の使用を一時的に止める必要があります。医師に相談して指示をあおぎましょう。

エペリゾン塩酸塩錠の副作用

添付文書によると、エペリゾン塩酸塩錠の副作用として以下の症状が報告されています。

・発疹
・眠気、不眠、頭痛、両手足のしびれ
・吐き気・嘔吐、食欲不振、胃の不快感、腹痛、下痢、便秘、口渇
・脱力感、ふらつき、全身のだるさ、ほてり

そのほかにも報告されている副作用はあるので、服用中に異常が現れた場合には担当の医師・薬剤師に相談してください。

重大な副作用

発生の頻度は非常にまれですが、重大な副作用として以下の症状が報告されています。

・ショック、アナフィラキシー様症状:かゆみ、顔面などのむくみ、じんましん、呼吸困難など
・中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群):発熱、紅斑(こうはん)、水ぶくれ、かゆみ、眼の充血、口内炎など

エペリゾン塩酸塩錠とほかの薬の飲み合わせ

併用に注意が必要な薬

添付文書に記載されている併用注意の薬として、「メトカルバモール」という骨格筋弛緩剤があります。メトカルバモールはエペリゾン塩酸塩と同じような作用をもつ薬との併用で眼の調節機能に障害が現れたという報告があがっています。

また市販薬である「ドキシン錠」も筋肉の緊張やこりを取り除き痛みをやわらげる作用がありますが、主成分にはメトカルバモールが含まれています。そのため、エペリゾン塩酸塩錠とドキシン錠の併用にも十分な注意が必要です。

おわりに

エペリゾン塩酸塩錠は、主に肩こりや腰痛などの症状を改善し、比較的安価であるために使い勝手の良い薬です。しかし、脱力感やふらつき、眠気などの副作用が現れることがあるので注意が必要です。

また、副作用については、報告されているすべてを記載したものではありません。その他にも異常が現れた場合には、担当の医師・薬剤師に相談してください。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

宅配で病院の薬を受け取れます!

ミナカラ薬局が提供するオンライン服薬指導は、病院で受け取った処方箋をもとに、病院で処方される薬をご自宅などで受け取ることができるサービスです。

子どもの世話や仕事で忙しく薬局での待ち時間を少しでも減らしたい方、薬局内での二次感染のリスクを減らしたい方におすすめです。

また、ミナカラ薬局のオンライン服薬指導は、各医療機関が行っているオンライン診療(自宅で医師の診察を受けられるサービス)とあわせて利用することが可能です。医師の診察から薬の受け取りまでの全てをご自宅で行うことができます。

感染症を予防するためにも、便利なオンライン服薬指導・オンライン診療を活用しましょう!

▼オンライン服薬指導の利用方法▼

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

山崎 亜主美

(経歴)
  • 明治薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 総合メディカル株式会社 調剤薬局
  • 株式会社EPファーマライン DIメディカルコミュニケーター
  • 株式会社ミナカラ/ミナカラ薬局
山崎 亜主美_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。