ガスピタンのおならへの効果は?飲み方や副作用についてなど解説!

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

小林製薬のガスピタンを現役薬剤師監修のもとわかりやすく解説!ガスピタンのおならへの効果、飲むタイミング、飲み方や副作用についてなどを詳しく解説します。

ガスピタンとは?

ガスピタンは、CMでも馴染みのある小林製薬が販売する市販薬(第3類医薬品)です。正式な商品名は「ガスピタンa(アルファ)」で、18錠入り・36錠入りの2種類のパッケージが販売されています。

お腹のガスだまり(腹部膨満感)によって引き起こされる、お腹のハリや圧迫感、おならの出やすさといった症状の改善が期待される薬です。

ガスピタンa【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ガスピタンの効能・効果

ガスピタンの主な効果として、添付文書には以下のような記載があります。

整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘

ガスピタンa 添付文書

ガスピタンは整腸薬に分類され、主に消化器官である腸に作用します。整腸とは腸の状態(腸内環境)を整えることで、整腸作用により腹部膨満感だけでなく、軟便や便秘などの症状にも効果を発揮します。

有効成分と特徴

ガスピタンには、ジメチルポリシロキサンという消泡剤、乳酸菌、セルラーゼAP3という消化酵素が含まれています。

ジメチルポリシロキサンという消泡剤が、胃や腸内に発生したガスだまりをつぶし、膨満感をやわらげます。

善玉菌と呼ばれる3種類の乳酸菌(フェカリス菌、アシドフィリス菌、ビフィズス菌)が、お腹の調子を整えます。フェカリス菌は小腸で増えて腸内菌を整え、アシドフィリス菌は小腸で乳酸をつくり有害菌(悪玉菌)を抑えます。ビフィズス菌は、大腸で乳酸と酢酸をつくり整腸効果を高めます。

セルラーゼAP3という消化酵素が、食物繊維を分解し、悪玉菌によるガスの発生を抑えます。

ガスピタンのおならへの効果は?

ガスピタンを使用する際に最も気になるのが、おならへの効果についてではないでしょうか。

そもそもおならの原因とは?

おならは、食事の際に飲み込んだ空気や、胃や腸が食べ物を分解した際に発生するガスがもととなります。

腸内にガスだまりができると、おならが出やすくなるといった症状が起こります。

ガスだまりには、大きくわけて2つの原因があります。

・ガスが出にくくなってたまるため
・ガスの量が増えるため

ガスが出にくくなってたまるのは、長時間座っていることが多かったり、会社や外でおならを我慢する機会が多いことや、便やガスを排出する腸の動きが弱いことが原因として考えられます。

ガスの量が増えるのは、腸内の悪玉菌の増加が原因として考えられます。肉やケーキなどの高タンパク、高脂質の食事、また、芋類などの食物繊維を過剰に摂取しすぎると、悪玉菌が腸内で勢いを増します。

加えて、ストレスがたまることも腸に悪影響を与えます。自律神経の働きが乱れることから、悪玉菌が増加しやすい腸内環境となり、結果としてガスの量が増えます。

ガスピタンのおならへの効果

ガスピタンは、おならの原因であるガスだまりを抑え、ガスを腸から吸収・排泄しやすくする効果があります。しかし、おならを完全に止めると言い切ることは難しいでしょう。

ガスピタンの飲み始めには、しばらくおならが多くなる場合があります。お腹のハリ(腹部膨満感)を解消するため、腸内にたまって出にくくなっているガスを出しやすくする作用があるためです。

使用後2週間以内で、有効成分の整腸作用によりガスだまりが起きにくい腸内環境となります。その段階で、おならが過剰に出ることはなくなります。しかし、人の生理現象であるおならを完全に止めることはできません。

おならをすぐに止めることを目的にする使用では、効果は感じにくいこともあります。

ガスピタンの飲み方

通常、成人(15歳以上)は、1回1錠、食前または食間に3回にわけて使用します。

「食前」とは食事の30分くらい前のことです。「食間」とは、食事と食事の間のことで、食事をしてから約2~3時間後のことを指します。

ガスピタンの錠剤は、かみ砕くか口の中で溶かして使用できるチュアブルタイプです。水なしで使用できるので、飲む場所を選ばないことが大きな利点です。

また、ガスピタンは、ヨーグルト味で飲みやすいことも特徴の一つです。

噛み砕くか溶かして飲む

用法・用量に関する添付文書の注意書きとして、必ずかみ砕くか口の中で溶かして使用するようにとの記載があります。なお、水と一緒に使用しても問題ないとされています。

ただし、喉に詰まらせてしまう可能性があるため、錠剤のまま飲み込まないように注意しましょう。

ガスピタン使用上の注意

以下に該当する方は、ガスピタンを使用する前に医師・薬剤師に相談しましょう。

・医師の治療を受けている方
・使用する本人やご家族がアレルギー体質の方
・過去に薬などにより、アレルギー症状を起こしたことがある方

また次のような場合には、他に原因となる疾患がある可能性があります。すぐに使用を止めて、商品に付属している添付文書を持って医師・薬剤師に相談してください。

・2週間以上、使用しても症状が良くならない場合(ガスピタンの有効成分である乳酸菌が、腸内に定着するのが一般的に2週間程度であるため)

子どもへの使用について

ガスピタンは、15歳未満の子どもには使用できません。

成分は15歳以上の成人を対象として配合されているので、15歳未満の子どもは使用できないことに注意しましょう。

ガスピタンの副作用について

ガスピタンの有効成分は、副作用がほとんど起こることのない安全性の高いものです。

まれに起こる可能性がある副作用として、発疹、皮膚が赤くなる発赤(はっせき)、かゆみ、などがあります。

また、下痢が長く続いたり、症状が強まる場合があります。

これらの症状が現れた場合には、すぐに使用を止めて、商品付属の添付文書を持って医師・薬剤師に相談してください。

おわりに

ガスピタンは直接おならに効果がある薬ではありませんが、整腸作用により、おならの原因であるお腹のガスだまりを起きにくくすることが可能です。

整腸薬として腹部膨満感の改善をはじめ、便秘や軟便にも効果が期待できます。

副作用はほとんどない安全性の高い薬ですが、全く出ないわけではないので、用法・用量を守って正しく使用しましょう。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。