喘息にシムビコート!使い方や副作用などを解説

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

気管支の拡げたり炎症を抑えるシムビコートについて現役薬剤師監修のもと詳しく解説。気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、咳喘息などへの効果、シムビコートの使い方、副作用などを掲載。

シムビコートの効果

シムビコートは気管支の炎症を抑えたり気管支を拡げる薬です。気管支喘息や慢性気管支炎などに効果が期待できます。

効能・効果
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解
(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

シムビコートタービュヘイラー30吸入/シムビコートタービュヘイラー60吸入 添付文書

咳喘息の治療にも使用される

シムビコートの添付文書には咳喘息への効果に関する記載がありません。

しかし、日本呼吸器学会が発表している咳嗽に関するガイドラインによると、シムビコートが咳喘息の治療薬として有効であることが発表されています。

咳喘息の症状を緩和させたり咳喘息から喘息へ移行させるのを防ぐために、シムビコートが処方される場合もあります。

シムビコートが効かないと感じた場合

シムビコートを使用しても効果がないと感じたら医師に相談してください。症状が改善しない場合は、シムビコートが効果がない病気にかかっている可能性があります。

また、使用者と薬の相性などもあるため、薬を切り替えたい場合も医師の指示を仰いでください。

シムビコートの成分と特徴

シムビコートは、炎症を抑える薬と気管支を拡げる2つの薬が配合されています。

炎症を抑える薬(抗炎症剤)

ブテソニドというステロイド剤です。ステロイド剤は比較的効果の強い薬ですが、ブテソニドは安全性が高いことが特徴です。

気管支を拡げる薬(気管支拡張剤)

ホルモテロールフマル酸塩水和物という成分で、β2受容体を刺激して気管支を拡げるβ2刺激薬です。

気管支を拡げるのにかかる時間も比較的早く、ゼーゼー・ヒューヒューするような気管支症状にも速やかに働きます。

シムビコートの使い方

シムビコートの用法用量は使用する病気によって異なります。医師の指示を正しく守って使用しましょう。

【気管支喘息に使用する場合】
通常、1回1吸入を1日2回使用します。症状によって使用量は調整されますが、1回4吸入を1日2回、合計8吸入を使用限度とします。

治療のため、継続的にシムビコートを使用している方は喘息などの発作が突然あらわれた時に使用することが可能です。発作があらわれた時は1吸入し、数分経過してもさらに発作が続く場合はさらに1吸入します。

発作がひどい場合にはこれを繰り返しますが、1回の発作につき、6吸入を使用限度とします。

継続的に治療している方が発作をおこした場合、1日の使用量は最大8吸入となりますが、一時的であれば1日に12吸入まで使用することも可能です。

【慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解に使用する場合】
通常、1回2吸入を1日2回使用します。

シムビコートの吸入方法

シムビコートはタービュヘイラー(吸入器具)を用いて薬を口から吸入し、以下の手順で使用します。

なお、新しい吸入器を使用するときに限り、赤色の回転グリップを左右に回し、 3回「カチッ」と鳴らしてから【1】へ進んでください。 

【1】吸入器をまっすぐたてます。本体を固定したら、赤色の回転グリップが確実に止まるまで右側へまわします。

【2】右側に回した赤色の回転グリップを、今度は「カチッ」という音がするまで左側へまわします。

【3】吸入器の準備ができたら、吸入する前に息を吐き出します。

【4】吸入器のマウスピースを口でくわえ、早く・深く息を吸い込みます。吸入回数は使用する病気によって異なるため、用法用量を確かめた上で吸入するようにしてください。

【5】吸入が終わったら、うがい、または口をすすいで完了です。

シムビコートの副作用

国内における薬の試験時におよそ20%の方に副作用があらわれています。

最も多いのが声枯れ(嗄声)です。声枯れは、吸入後のうがいで防止できる場合も多いとされています。副作用として声枯れがあらわれやすい方は吸入後のうがいを実践してください。

それでも声枯れがあらわれようであれば、薬の系統をかえてみたり、薬の使用量が自分に合う薬に切り替えるなどの方法があります。

自己判断での薬の中止は、病気を悪化させるなどの影響を及ぼすことがあるため、副作用の悩みや薬変更については、必ず医師に相談してください。

その他の副作用は、筋肉がけいれんする・つる、動悸、喉の痛み(咽喉頭疼痛)などです。

なお、シムビコートは、体の全身症状というよりは局所的にあらわれる副作用が多い傾向があります。

シムビコートの授乳中・妊娠中の使用

妊婦中の方・妊娠している可能性のある方、または授乳中の方は必ず医師に妊娠中、授乳中であることを告げ、使用する場合は医師の指示に従い用法・用量を守って使用してください。 

シムビコートの使用上の注意

シムビコートは、基本的に15歳以上の方に使用される薬です。

しかし、症状・年齢・体重などを考慮した上で、医師の判断で15歳未満の子どもへも使用される場合があります。

シムビコートの使用に注意が必要な方

有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の方はシムビコートを使用しできません。シムビコートに含まれるステロイドの作用により、症状を悪化させるおそれがあります。

結核性の病気を患っている方もステロイドの作用により症状を悪化させるおそれがあるため、原則使用しないでください。

また、シムビコートの成分であるブデソニド、ホルモテロールフマル酸塩水和物に対してアレルギー反応・過敏症をおこしたことのある方もシムビコートを使用してはいけません。

他にもシムビコートを慎重に使用すべき方がさまざまいます。詳しくはこちらのページをごらんください。

シムビコートの飲み合わせ

テオフィリン、アミノフィリンなどのキサンチン誘導体を持つ薬をシムビコートと同時に使用する場合は注意が必要です。低カリウム血症による不整脈を起こすおそれがあります。

なお、テオフィリンやアミノフィリンはシムビコートと同じ喘息の治療薬です。シムビコートの効果が不十分な場合、これらの薬が追加処方されることもあり、同時に使用することもある得る薬です。

使用については医師・薬剤師の指示をまもり、同時使用によって万が一、体に不調をきたした場合は医師に相談するようにしてください。

この他にも、シムビコートとの同時使用に注意すべき薬がさまざまあります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

シムビコートの薬価

シムビコートの薬価はシムビコートタービュヘイラー30吸入が2996.3円、シムビコートタービュヘイラー60吸入が5877.7円です。

シムビコートの購入は、保険が適応される場合、上記薬価の3割がシムビコートの値段になります。70歳以上の方は2割、もしくは1割負担である場合もあります。

なお、シムビコートは病院を受診しなければ購入ができない薬です。そのため、病院の受診料も必要になります。

シムビコートと同成分が含まれる先発薬、ジェネリック医薬品、市販薬は今の所販売されておりません。

※薬価、同成分が含まれる先発薬・ジェネリック医薬品・市販薬の販売状況は2017年8月時点のもの

おわりに

シムビコートは吸入タイプの薬で、喘息などの発作がおきた時にも対応できるほど、比較的速やかに効果を発揮する薬です。

ただし、使用回数をあやまると、副作用があらわれやすくなるなど、体に悪影響を及ぼしかねません。

薬の使用は医師・薬剤師の指示をまもり、有効な治療につなげられるといいですね。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。