送料無料キャンペーン中!

ジフェンヒドラミンの作用と副作用|どんな薬に使われている?

更新日:

薬剤師監修日:

ジフェンヒドラミンの作用と副作用を薬剤師監修のもと解説。ジフェンヒドラミンが配合された市販薬も紹介します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶

ジフェンヒドラミンとは?

ジフェンヒドラミンは、アレルギーの原因物質であるヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミン成分です。

ジフェンヒドラミン塩酸塩やジフェンヒドラミンサリチル酸塩もジフェンヒドラミンを含んでおり、体内に入るとジフェンヒドラミンとして働きます。

ジフェンヒドラミンの作用

ジフェンヒドラミンは体内のヒスタミンの受容体をブロックすることで、アレルギー反応を抑えます。蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、アレルギー性鼻炎、虫さされなどに効果が期待できます。

また、ヒスタミンは集中力や判断力、作業能率や覚醒の維持などの中枢神経の働きにも関わっています。ジフェンヒドラミンは脳内のヒスタミン受容体もブロックするため、中枢神経が関係する乗り物酔いなどの動揺病やメニエール症候群にともなうめまいや吐き気をおさえる処方薬にも配合されています。

虫刺されに効く市販薬の選び方

虫さされに効く市販薬に関しては次の記事で詳しく解説しています。

ジフェンヒドラミンの副作用

内服のジフェンヒドラミンの主な副作用として発疹・発赤、かゆみ、胃痛、吐き気・嘔吐、食欲不振、めまい、頭痛、眠気、気分不快、神経過敏、一時的な意識障害、動悸、排尿困難、倦怠感などが報告されています。

ヒスタミン受容体と副交感神経の神経伝達物質であるアセチルコリンの受容体の構造は似ているため、口の渇きなどの抗コリン作用による副作用が起こることもあります。

眠気の副作用は中枢神経抑制作用によるもので、ジフェンヒドラミンはとくに中枢抑制作用が強い抗ヒスタミン成分といわれています。そのため薬を使用中は、車の運転などの危険をともなう作業はできません。

またジフェンヒドラミンは、乳汁を通じて乳児に移行して乳児に昏睡を起こすおそれがあります。授乳中の方は薬を使用しないか、薬を使用する場合は授乳を避けてください。

ジフェンヒドラミンの薬にはどんなものがある?

処方薬

医師の処方箋が必要な薬にはジフェンヒドラミンが単一成分として含まれるものがあり、飲み薬、塗り薬、注射薬などが治療に用いられます。

代表的な薬として、飲み薬はレスタミンコーワ錠、塗り薬はレスタミンコーワクリーム、ジフェンヒドラミンクリーム、注射薬はジフェンヒドラミン塩酸塩注などがあります。

市販薬

ジフェンヒドラミンは、風邪薬や鼻炎薬、かゆみ止めの塗り薬、乗り物酔いの薬など、さまざまな市販薬に含まれています。

ジフェンヒドラミンのみが有効成分として含まれている市販薬には、抗アレルギー薬であるレスタミンコーワ糖衣錠や新レスタミンコーワ軟膏などがあります。

睡眠改善薬であるドリエルは、ジフェンヒドラミンの眠気が出やすくなる作用を利用して、眠りが浅い、寝つきが悪いなどのストレスや心配事などによる一時的な不眠の症状を緩和する薬です。

レスタミンコーワ糖衣錠 80錠【第二類医薬品】

新レスタミンコーワ軟膏 30g【第三類医薬品】

ドリエル 6錠【指定第二類医薬品】

おわりに

ジフェンヒドラミンは第一世代の抗ヒスタミン成分であり、市販のさまざまな薬にも含まれている成分です。

飲み薬では眠気の副作用が現れることがあるため、生活に支障が出る場合は使用を中止するか医師に相談してください。

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。