デルモゾールの効果|薬の種類・使える症状・代用の市販薬を解説

更新日:

薬剤師監修日:

デルモゾールは湿疹やじんましん、皮膚炎等に効く薬です。デルモゾールはG・DPの2種類あり、成分や使える症状が異なります。この記事ではデルモゾールがニキビ・虫刺され、顔・陰部、頭皮に使えるか?といった疑問や代用できる市販薬について解説します。

Edit
山田 真理子 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 山田 真理子
都筑 亜希 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 都筑 亜希
Share

デルモゾールとは?

デルモゾールとは、湿疹やじんましん、皮膚炎などの治療に用いられる処方薬です。

デルモゾールの種類

デルモゾールは、デルモゾールGとデルモゾールDPの2種類あります。GとDPは含まれている成分とステロイドの強さに違いがあります。

  成分 ステロイドの強さ
デルモゾールG ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)
ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)
ストロング
デルモゾールDP ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(ステロイド) ベリーストロング

また、デルモゾールはステロイド外用薬リンデロンの後発薬(ジェネリック医薬品)です。リンデロンにも様々な種類があり、デルモゾールGはリンデロンVG、デルモゾールDPはリンデロンDPの後発薬です。

ステロイドとは、炎症をおさえる成分の1つです。ステロイド薬は作用の強さによって5段階にランク分けされており、症状や部位などに応じて適した強さが異なります。5段階のうち、ストロンゲストとベリーストロングは処方薬のみで、市販薬は、ストロング、ミディアム、ウィークの3段階に限られています。

デルモゾールGの成分

デルモゾールGの成分『ベタメタゾン吉草酸エステル』は、赤み・腫れなどの炎症をおさえ、抗生物質『ゲンタマイシン硫酸塩』は細菌の発育や増殖を防ぎ、局所の感染症を治します。

ステロイドの強さは5段階中3番目に位置しています。

デルモゾールDPの成分

デルモゾールDPは、デルモゾールGと異なり抗生物質が含まれておらず、ステロイド成分はデルモゾールGより強さが1段階上の『ベタメタゾンジプロピオン酸エステル』が含まれています。

ステロイドの強さは5段階中上から2番目です。

 

デルモゾールの剤形

デルモゾールにはG・DPともに軟膏、クリーム、ローションがあります。それぞれの特徴は以下の通りで、患部の状態、場所、広さなどによって使い分けられます。

  特徴
軟膏

・べたつきがある油性の基剤

・皮膚を保護する作用が強く刺激性が少ないため、あらゆる症状に使える

・かきこわしてジュクジュクと化膿しているような皮膚炎にも使用でき、特に乾燥してカサカサしている状態の皮膚に適している

クリーム

・水と油を混ぜてつくられる乳剤性の基剤

・軟膏に比べてのびが良く、さらっとしている

・軟膏より少し刺激が強いため、ひどく悪化している症状には適さない

ローション

・水と油を混ぜてつくられ、クリームよりさらっとしている

・頭皮などの軟膏やクリームが塗りにくい部位に使用される

 

デルモゾールの効能・効果

デルモゾールの効能・効果は、ステロイド成分と抗生物質を含むGと、Gより強いステロイド成分のみを含むDPで以下のように異なります。

また、デルモゾールGは軟膏・クリームのみ外傷・熱傷および手術創(手術による傷)等の二次感染に適応がありますが、デルモゾールDPは軟膏・クリーム・ローションで効能・効果に違いはありません。

  効能・効果
デルモゾールG

・ 湿潤、びらん、結痂を伴うか、または二次感染を併発している次の
疾患:湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症

・ 外傷・熱傷および手術創等の二次感染 (※ただし軟膏・クリームのみ)

デルモゾールDP ・湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、紅皮症、薬疹・中毒疹、虫刺され、痒疹群、ケロイド、肉芽腫症、悪性リンパ腫、円形脱毛症など

にきびに使える?

デルモゾールの中でもデルモゾールGに含まれる抗生物質の『ゲンタマイシン硫酸塩』は、ニキビの原因となるアクネ菌に適応はありません。

ただしステロイドには炎症をおさえる作用があるため、ニキビの中でも赤く炎症を起こしている赤ニキビに一時的に効果を感じられるケースもあります。しかし、ステロイドの作用によって免疫低下を引き起こし、ニキビの原因菌であるアクネ菌などをかえって増やしてしまい、悪化を招く恐れがあります。

ステロイド剤のニキビに対しての使用は基本的には推奨されていないため、家にあるからといって自己判断での使用はしないようにしましょう。

虫刺されに使える?

虫刺されはかゆみが出ることが多く、皮膚を掻きむしって症状が悪化するケースが多いです。

デルモゾールは強い炎症やかゆみに効果を発揮するため、虫刺されに使うことができます。

また、虫刺されは強いかゆみが原因で皮膚をかき壊して悪化するケースが多いため、そのような時には抗生物質が一緒に配合されているデルモゾールGがよく処方されます。

顔や陰部にも使える?

デルモゾールは、顔や陰部の皮膚の炎症に処方されることもあります。ただし、顔や陰部は皮膚が薄くデリケートな部位であるため、多く塗ってしまうとステロイドをたくさん吸収してしまい、副作用が起こる可能性が高まってしまいます。薬を塗る時は多く塗りこまず、狭く薄く伸ばすように塗りますが、正しい用法・用量は医師の指示を守りましょう。

頭皮のかゆみ・炎症に使える?

デルモゾールは頭皮のかゆみや炎症にも使用できます。ただし、頭皮には軟膏やクリームタイプよりもローションタイプが処方されることが多いです。

 

デルモゾールの使い方・使用上の注意点

デルモゾールの基本的な使い方は、1日1〜数回適量を患部に塗ります。ただし症状により使用方法が異なる場合があるため、医師の指示に従いましょう。

塗布するときは薬を多く塗りこまず、狭く薄く伸ばすように塗りましょう。

また、ステロイドは治療途中で使用をやめると、症状が悪化する可能性があります。症状が良くなってきたからといって自己判断で使用を中止せず、医師から指示された用法・用量を守ることが大切です。

 

デルモゾールの副作用

デルモゾールの主な副作用として、皮膚の刺激感や感染症、かぶれ(接触性皮膚炎)、発疹などが起こることがあります。

副作用が疑われるような症状が出た場合は、すぐに医療機関を受診し医師に相談しましょう。

 

デルモゾールは市販されている?

デルモゾールGと全く同じ成分の市販薬はありませんが、デルモゾールGと同じステロイド成分とデルモゾールGとは別の抗生物質が配合された市販薬はあります。

一方デルモゾールDPは処方薬のみの強さのステロイドであるため、同じ成分の市販薬はありませんが、強さがワンランク下のステロイド成分のみが配合された市販薬はあります。

また、ステロイドと抗生物質が含まれている市販薬は軟膏のみですが、ステロイドのみの市販薬は軟膏とクリームなどがあります。

ベトネベートN軟膏AS|デルモゾールG軟膏の代わりに

ベトネベートN軟膏AS 10G(指定第2類医薬品)【指定第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
有効成分

ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)
フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質)

デルモゾールG軟膏と同じ『ベタメタゾン吉草酸エステル』と、抗生物質の『フラジオマイシン硫酸塩』が配合された薬です。

化膿は傷口に細菌が感染することで起こるため、細菌の発育・増殖をおさえる抗生物質が効果を発揮します。ベトネベートN軟膏ASが使える症状は以下の通りです。

●化膿をともなう次の症状:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、じんましん
●化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

フルコートf|デルモゾールG軟膏と同じランクのステロイド

フルコートf 10G(指定第2類医薬品)【指定第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
有効成分

フルオシノロンアセトニド(ステロイド)
フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質)

デルモゾールG軟膏と同じストロングに分類されるステロイド成分の『フルオシノロンアセトニド』と、抗生物質の『フラジオマイシン硫酸塩』が配合された薬です。

ベトネベートN軟膏ASと同じく以下の症状に使えます。

● 化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、じんましん
● 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

リンデロンVs軟膏|ステロイド成分のみの軟膏

リンデロンVs軟膏 10g【指定第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
有効成分

ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)

デルモゾールG軟膏と同じ『ベタメタゾン吉草酸エステル』が配合されています。

湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫刺され、じんましんに効果があります。抗生物質は配合されていないため、化膿した部位には使用しないでください。

リンデロンVsクリーム|ステロイド成分のみのクリーム

リンデロンVsクリーム 10g【指定第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
有効成分

ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)

デルモゾールGクリームと同じ『ベタメタゾン吉草酸エステル』が配合されています。抗生物質は配合されていないため、化膿した部位には使用できません。

湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫刺され、じんましんに効果があります。

 

市販薬の使用上の注意点|治らない場合は病院へ

医師から処方された薬の代用として市販薬を使用する場合は、使用しても問題ないか医師や薬剤師に相談しましょう。

また市販薬を使用する際は、薬の説明書(添付文書)に記載された使用期間や用法・用量を守り、症状がよくならない場合や他にも気になる症状がある場合には早めに医療機関を受診しましょう。

 

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことや、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

 

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師山田 真理子

(経歴)
  • 同志社女子大学薬学部医療薬学科卒業
  • 医療法人徳洲会岸和田徳洲会病院
  • 有限会社わかば薬局
  • 株式会社杏林堂薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
山田 真理子 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター都筑 亜希

2016年より2年間タイを中心に約50の病院を擁する東南アジアの病院グループにて医療通訳他事業企画等の実務に従事。皆さまの暮らしに寄り添った健康づくりを応援していきます。

都筑 亜希 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。