バンコマイシンの効果と副作用は?耐性菌の注意点とは?

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

バンコマイシンの効果や副作用、耐性菌について現役薬剤師監修のもと解説。バンコマイシンのメチシリン耐性菌感染症の治療に使われる効果、用法用量、先発品とジェネリックの薬価も掲載しています。

バンコマイシンの効能・効果:適応症と適応菌種について

バンコマイシンはグリコペプチド系の抗生物質で、人体に有害な細菌を殺す作用をもつ薬です。

バンコマイシンには飲み薬である「バンコマイシン塩酸塩散」、目の塗り薬である「バンコマイシン眼軟膏」、注射剤である「バンコマイシン塩酸塩注射用」があります。

飲み薬は食中毒などの腸管感染症に使用されます。また、有効成分は胃腸から吸収されないので、目の感染症には外用薬(眼軟膏)を、消化管内をのぞく体内の炎症・感染症には注射・点滴が使用されます。

抗菌スペクトル(スペクトラム)はグラム陽性菌のみですが、ほとんどのグラム陽性菌をカバーしており、MRSAなどの耐性菌に対しても効果があります。

バンコマイシン塩酸塩散

主に偽膜性大腸炎を含む感染性の腸炎に使用されます。

感染性腸炎での適応菌種は、バンコマイシンに感性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、クロストリジウム・ディフィシルです。

また、骨髄移植時の消化管内の殺菌を目的にも使用されます。

バンコマイシン塩酸塩軟膏

ほかの抗菌薬を使用しても治療効果が得られない場合の結膜炎、眼けん炎、けん板腺炎、涙のう炎に使用されます。

適応菌種は、バンコマイシンに感性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、MRSE(メチシリン耐性表皮ブドウ球菌)です。

バンコマイシン塩酸塩注射用

MRSA、MRCNS、PRSPが原因と考えられる敗血症や肺炎・関節炎などの各種炎症、発熱性好中球減少症などに使用されます。

1. <適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)

<適応症>
敗血症,感染性心内膜炎,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,骨髄炎,関節炎,肺炎,肺膿瘍,膿胸,腹膜炎,化膿性髄膜炎

2. <適応菌種>
バンコマイシンに感性のメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(MRCNS)

<適応症>
敗血症,感染性心内膜炎,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,骨髄炎,関節炎,腹膜炎,化膿性髄膜炎

3. <適応菌種>
バンコマイシンに感性のペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)

<適応症>
敗血症,肺炎,化膿性髄膜炎

4. MRSA又はMRCNS感染が疑われる発熱性好中球減少症

塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g 添付文書

作用機序

バンコマイシンは細菌の細胞壁合成を阻害し、殺菌的な抗菌作用を示します。

細菌は細胞膜のまわりに細胞壁という防御壁を作ります。この細胞壁がなくなると、細菌は自分の形状を維持できなくなり死んでしまいます。細胞壁は人間の細胞には存在しないため、バンコマイシンは細胞壁に対してのみ作用するように作られています。

バンコマイシンの用法用量:散剤・眼軟膏の使い方

バンコマイシン塩酸塩散

バンコマイシン散は粉末状の飲み薬ですが、そのままでは服用しません。服用するときには水に溶かして服用します。

【感染性腸炎の場合】

15歳以上の成人の場合は1回0.125~0.5gを、1日4回服用します。なお、用量は年齢・体重・症状から医師が必要量を判断し調節します。

【骨髄移植後の消化管内殺菌の場合】

15歳以上の成人の場合は消化管から吸収されないほかの抗菌薬・抗真菌薬と一緒に、バンコマイシン1回0.5gを1日4~6回服用します。なお、用量は年齢・体重・症状から医師が必要量を判断し調節します。

バンコマイシン眼軟膏

1日4回、適量を患部などに塗ります。

バンコマイシン塩酸塩注射用

年齢に応じて下記の量を点滴静注します。いずれの場合も60分以上かけて点滴を行います。

年齢 1日量 1回量 分割回数
15歳以上の成人 2g(適宜増減) 0.5g 6時間ごと
1g 12時間ごと
65歳以上の高齢者 適宜増減 0.5g 12時間ごと
1g 24時間ごと
生後1か月~15歳未満 40mg/kg - 2~4回に分割
生後28日未満 - 10~15mg/kg 生後1週まで:12時間ごと
生後1か月まで:8時間ごと

バンコマイシンの副作用

バンコマイシン塩酸塩散

下痢、吐き気、嘔吐が起こりやすいと報告されています。ほかにも、口内炎や舌炎などが報告されています。

また、めったに起こるものではありませんが、ショックやアナフィラキシーといった重大な副作用を起こすおそれがあります。

体調の変化には十分に気をつけ、何か変化があった場合は医師に報告してください。

バンコマイシン眼軟膏

眼けん浮腫(まぶたのむくみ)や結膜充血(まぶたの裏の充血)が起こりやすいと報告されています。

また、めったに起こるものではありませんが、ショックやアナフィラキシー、眼の表面がただれるといった重大な副作用を起こすおそれがあります。

体調の変化には十分に気をつけ、何か変化があった場合は医師に報告してください。

バンコマイシン塩酸塩注射用

発疹やかゆみなどの過敏症状、発熱、貧血、発疹、発赤、かゆみなどが起こりやすいと報告されています。

また、めったに起こるものではありませんが、ショックやアナフィラキシー、急性腎不全などさまざまな重大な副作用が報告されています。

過量投与時には、急性腎不全などの腎障害、難聴などの第8脳神経障害を起こすおそれがあるため、投与量・点滴速度には十分に注意してください。

体調の変化には十分に気をつけ、何か変化があった場合は医師に報告してください。

レッドネックとは?

バンコマイシン特有の副作用にレッドネックがあります。点滴のみで起こる副作用で、首や顔の赤み・かゆみなどの症状が現れます。原因はバンコマイシンのヒスタミン遊離作用によるもので、投与速度を調節することで発生を防ぐことができます。

一般的には、1時間に1.0g(1.0g/hr)程度の点滴速度であれば起こらないといわれています。また、1回の投与量が1.5g以上になると2時間以上かけての点滴が望ましいといわれています。

バンコマイシンの使用上の注意:剤形ごとの注意

散剤(内服薬)の注意

バンコマイシン塩酸塩散に対してショックを起こしたことがある方は使用できません。

妊娠中の方、妊娠している可能性のある方は、治療する上でバンコマイシンが必要であると判断された場合にのみ使用されます。

授乳中の方は使用しないことが望ましいとされていますが、どうしても使用しなければならなくなった場合は授乳を中止してください。

眼軟膏の注意

バンコマイシン塩酸塩散に対してショックを起こしたことがある方は使用できません。

妊娠中の方、妊娠している可能性のある方は、治療する上でバンコマイシンが必要であると判断された場合にのみ使用されます。

授乳中の方は使用しないことが望ましいとされていますが、どうしても使用しなければならなくなった場合は授乳を中止してください。

15歳未満の小児、低出生体重児に対しては使用した経験が少ないため、安全性が確立されていません。それでも治療に必要であると医師が判断した場合には、使用されるケースがあります。

眼の症状にのみ使用し、ほかの部位には使用しないでください。

注射用の注意

バンコマイシン塩酸塩散に対してショックを起こしたことがある方は使用できません。

バンコマイシン塩酸塩注射用やテイコプラニン、ペプチド系抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質に対して過敏症の既往歴のある方は原則として使用できません。

また、プチド系抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質、テイコプラニンによる難聴、またはその他の難聴のある方は、難聴が発現・憎悪するおそれがあるため、原則として使用できません。

妊娠中の方、妊娠している可能性のある方は、治療する上でバンコマイシンが必要であると判断された場合にのみ使用されます。

授乳中の方は使用しないことが望ましいとされていますが、どうしても使用しなければならなくなった場合は授乳を中止してください。

高齢者では腎機能が低下しているケースが多く、また腎臓の発達段階にある15歳未満の小児(とくに生後4週未満や低出生体重児)では、高い血中濃度が長時間持続するおそれがあるため、血中濃度をモニタリングするなど慎重に使用する必要があります。

ほかにも注意すべき事項があるので、使用前には必ず添付文書を確認してください。

バンコマイシンの耐性菌:VRE・VRSAについて

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)

腸球菌は人間や動物の腸や外生殖器に常在している細菌であり、全ての人が持っています。通常、健康な人の腸内などに腸球菌が生息していても、病原性は非常に弱いため感染症を起こすことはありません。

しかし、抗生物質に対して耐性を持ってしまった腸球菌、とくにバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)は除菌することが難しく、手術後や栄養失調など、細菌に対する防御機能が弱くなっている人では腹膜炎や敗血症などの重症の感染症を引き起こしてしまいます。

そのため、院内感染には細心の注意が払われ、VREを持つ人だけでなく、VREによる疾患が発症しやすいハイリスク患者を隔離するような対策が取られます。

VREは欧米に多く見られますが日本国内では報告数が少ないため、日本国内でVREの感染・発症が確認された場合は保健所への届出が義務付けられています。

バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)

黄色ブドウ球菌は人間や動物の皮ふ・消化管内などに常在している細菌です。通常は無害な細菌ですが、傷口を化膿させたり、肺炎や腹膜炎、敗血症などの重症感染症の原因となります。また、食品などで増殖すると「エンテロトキシン」という毒素を作り出し、食中毒の原因にもなります。

黄色ブドウ球菌感染症の治療には、以前はペニシリンやメチシリンが使用されていましたが、やがてメチシリンに耐性を持ったメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が出現しました。MRSAの治療にはバンコマイシンが使用されますが、欧米ではバンコマイシンに耐性を持ったバンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)が確認され、問題となっています。

日本国内でのVRSAは確認されていませんが、VRSAが出現・増加した場合はバンコマイシンによる治療が困難であり、治療期間の延長や重大な感染症のきっかけとなるため、MRSAの治療にバンコマイシンを使用するケースでは細心の注意が払われています。

バンコマイシンの薬価と市販薬

バンコマイシンの先発品は、塩野義製薬から「塩酸バンコマイシン散0.5g」、「バンコマイシン眼軟膏1%」、「塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g」という商品名で販売されています。薬価はいずれも2000円以上と高価な医薬品です。

商品名 薬価
塩酸バンコマイシン散0.5g 2710.7円
バンコマイシン眼軟膏1% 4887.0円
塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g 2561.0円

※薬価は 2017/08 現在のものです。

ジェネリック

バンコマイシンのジェネリック医薬品は、散剤と注射薬が販売されています。薬価は先発品の半額以下と低めに設定されているものが多いので、ジェネリック医薬品を希望する場合は医師・薬剤師に相談しましょう。

商品名 薬価
バンコマイシン塩酸塩散0.5g「タイヨー」 1278.3円
バンコマイシン塩酸塩散0.5g「MEEK」
バンコマイシン塩酸塩散0.5g「サワイ」
バンコマイシン塩酸塩散0.5g「ファイザー」
塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g「TX」 971.0円
塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5g「HK」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「タイヨー」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「MEEK」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「サワイ」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「サンド」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「ファイザー」
バンコマイシン点滴静注用0.5g「トーワ」
バンコマイシン塩酸塩点滴静注用0.5g「日医工」 1316.0円

※薬価は 2017/08 現在のものです。

市販薬

バンコマイシンなど、抗生物質に市販薬はありません。感染症は医療機関での治療が必要となるので、感染症が疑われる場合にはすぐに医療機関を受診してください。

おわりに

抗生物質は感染症の治療に使用されている薬ですが、近年、抗生物質への耐性をもつ細菌が現れはじめ問題となっています。耐性菌の出現には、抗生物質の乱用や使用期間を守らないことが原因として考えられています。

症状が良くなっても、体内には悪さをしていた細菌が残っているケースがあり、原因となった細菌を完全に死滅させないまま薬の使用を中断してしまうことで、耐性菌が出現するおそれがあります。

医師は耐性菌が出現しない最低限の量の抗生物質を処方しているため、自己判断で薬の使用を中断せず、処方されたものはしっかりと使い切りましょう。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。