ピューラックス®の効果や使用方法を解説!

Date:

ピューラックス®は、病院や学校、福祉施設などで使われる殺菌消毒剤です。製品ごとの使用方法、使用上の注意を詳しく解説します。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

夏原 果穂

夏原 果穂_プロフィール画像

ピューラックスの特徴

ピューラックスは次亜塩素酸ナトリウムを主成分としている殺菌消毒剤です。

次亜塩素酸ナトリウムは多くの医療・福祉機関で利用されており、消毒薬としてはほとんどのウイルスや細菌、真菌に効果のあるとされる中水準のものに分類されます。

製品には第2類医薬品として次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%の「ピューラックス」、次亜塩素酸ナトリウム濃度が10%の「ピューラックス-10」があります。

製品名(どちらも第二類医薬品) 次亜塩素酸濃度

ピューラックス

6%

ピューラックス-10

10%

ピューラックスの効能・効果

医療器具、シーツ、トイレ、浴槽、食器類、まな板、ふきん、冷蔵庫内、プール水など日常での衛生管理が必要とされるものに使用できます。

細菌(グラム陽性菌、グラム陰性菌)、真菌(カビ菌)、ウイルスに対して効果があり、ノロウイルスやレジオネラ菌への殺菌消毒剤としてもよく使用されます。

ピューラックスの使用方法

ピューラックス(次亜塩素酸濃度6%)

用途 使用方法

飲食器具の消毒

食器や器具など消毒したい物を水洗いした後、ピューラックスを300倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約3.3mL)に数分間ひたして使用してください。

便所・便器の消毒

ピューラックスを25倍~300倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約40mL~約3.3mL)で洗浄、もしくは希釈液を雑巾などに含ませて拭いて使用してください。

浴槽・浴室等の消毒

ピューラックスを300倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約3.3mL)で使用します。

シーツ・包帯・白衣・おしめなどの漂白を兼ねた消毒

ピューラックスを100倍~200倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約10mL~約5mL)にひたして漂白、消毒殺菌してください。

ピューラックス-10(次亜塩素酸濃度10%)

用途 使用方法

飲食器具の消毒

食器や器具など消毒したい物を水洗いした後、ピューラックス-10を600倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約1.7mL)に数分間ひたして殺菌・消毒してください。

便所・便器の消毒

ピューラックス-10を50倍~600倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約20mL~約1.7mL)で洗浄、もしくは希釈液を雑巾などに含ませて拭いて消毒殺菌してください。

浴槽・浴室等の消毒

ピューラックス-10を600倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約1.7mL)で消毒殺菌します。

シーツ・包帯・白衣・おしめなどの漂白を兼ねた消毒

ピューラックス-10を200倍~400倍に薄めた希釈液(水1Lに対し約5mL~約2.5mL)にひたして漂白、消毒殺菌してください。

ピューラックスの使用上の注意

ピューラックスは十分に換気ができる環境で使用してください。

ピューラックスの希釈液はなるべく作り置きをせず、使用するときに作ってください。

皮膚が弱い方や、ピューラックスの原液や希釈液に長時間手を入れておく場合などは、ゴム手袋を着用してください。

ピューラックスの成分によって金属はサビてしまうので、金属への使用は避けてください。

漂白作用が強く、衣類などにつけると脱色することがあるため注意しましょう。

ナイロンなどの化学繊維や、皮製品、毛製品、絹製品への使用は避けてください。

してはいけないこと

人体への消毒目的には使用しないでください。

殺菌・消毒以外の目的には使用しないでください。

スプレーなど噴霧(ふんむ)では使用しないでください。噴霧では液体がまんべんなく行き渡らず、しっかりと消毒できない可能性があります。また、ミスト状になった希釈液を吸い込むと健康に影響するおそれがあります。

酸性の製品やほかの製品と混ぜたり、併用したりしないでください。

こんな時は病院へ

ピューラックスの原液や希釈液を飲んでしまった場合は、無理に吐かせることはせずに多量の水や牛乳、生卵などを飲み、すぐに医療機関を受診してください。

ピューラックスの原液や希釈液が眼に入ってしまった場合は、すぐに水道水などのきれいな水で洗い流し、医療機関を受診してください。

ピューラックスを使用中に発赤、腫れ、かゆみ、灼熱感、水ぶくれなどの皮膚の異常があらわれた場合はすぐに医療機関を受診してください。

保管の注意

直射日光を避けてキャップをしっかりと閉め、子どもの手が届かないなるべく涼しい所に保管してください。間違って使用したり、薬の効果が劣化することを防ぐためにも、ほかの容器に入れ替えないでください。

使用期限が過ぎたピューラックスは使用しないでください。また、開封後は少しずつ成分である次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄くなり、殺菌消毒の効果が弱くなる可能性があります。開封後はなるべく早く(開栓後およそ半年以内)使用してください。

おわりに

ピューラックスのように次亜塩素酸ナトリウムを成分とした商品にキッチンハイターがあります。

ピューラックスは医薬品ですが、キッチンハイターは台所用漂白剤として販売されており、次亜塩素酸ナトリウムの他に界面活性剤や水酸化ナトリウムを含んでいるため、消毒殺菌剤としての使用は推奨されていません。

ピューラックスはノロウイルスなど感染力の強い細菌・ウイルス対策に、ハイターはコップやお皿などの除菌・漂白に使うなど、目的に合わせて使い分けましょう。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

夏原 果穂

夏原 果穂_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。