ユンケルの効果・特徴の違いが一目でわかる!ドリンクタイプのユンケル大特集!

更新日:

薬剤師監修日:

栄養ドリンクの代表「ユンケル」の効果・特徴を紹介します。ライフスタイルや体質、疲れのタイプから自分に合った1本を選びましょう。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
押切 隼 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 押切 隼
Share

疲れたときの栄養ドリンクといえば「ユンケル」です。

在販売されているドリンクタイプのユンケルは、病気の治療・予防を目的とする「医薬品」と、元々は医薬品だったものが規制緩和で医薬部外品となった「指定医薬部外品」の二種類にわけられます。

薬局やインターネットのサイトでは医薬品と指定医薬部外品の両方を、コンビニエンスストアでは指定医薬部外品のユンケルのみを購入できます。

ユンケルは商品ごとに生薬などの成分配合が違います。また、含まれている生薬数などによって商品の価格も異なります。

目的や疲れのタイプに合った商品を選びましょう。

毎日のベースケアにおすすめのユンケル

30~50mlのミニドリンク剤のユンケルは、生薬にビタミンを加えて「滋養強壮作用」が中心となっています。

全てのユンケルに配合されている各成分は成人(15才以上)が「1日に飲んでもよい上限の量」が配合されているので、1日1本なら毎日飲んでも問題ありません。

・ユンケル黄帝液をベースに生薬の組み合わせやバランスを強化。休んでも疲れが取れない、風邪などの際の栄養補給に。

・オウギ、ショウキョウ、タイソウ、トウキ、ビャクジュツなど11種類の生薬が配合されています。
・アクティブな毎日に導く生薬を配合した栄養ドリンクです。

 

・辛みを抑えたマイルドな味が特徴。マイルドな味を好む方や、妊娠授乳期や風邪などの際の栄養補給に。
・ローヤルゼリーやニンジンなど6種類の生薬にビタミンを配合。

 

・活力が欲しいときにおすすめのユンケル。

・ニンジン、トウチュウカソウ、ハンピ、シベットなど9種類の生薬にビタミンを配合した栄養ドリンクです。

 

 

・全身の倦怠感が抜けず、元気が続かない方や、いつも以上に元気が欲しいときに。
・動物性生薬としてハンピ、シベット、ローヤルゼリー、植物性生薬としてニンジン、ジオウ、セイヨウサンザシといった6種類の生薬に、ビタミンを配合しています。

 

・比較的飲みやすい味で、ユンケル初心者におすすめ。
・イカリソウ、オウセイ、タイソウの3種類の強壮生薬にビタミンとタウリンを配合。

カフェインゼロ(DCF)タイプのユンケル

カフェインが入っていないユンケルは、寝る前や妊娠中など、カフェインを控えたいときにおすすめです。

活力が欲しい、疲れやストレスが胃腸にきている、体力を補いたいなど、生薬の特徴から自分に合ったものを選びましょう。

・生薬の配合ではユンケル黄帝液40に近く、活力を高めたい方や、眠りを妨げずに元気を取り戻したい方におすすめ。
・動物性生薬としてハンピ、シベット、ローヤルゼリー、植物性生薬としてニンジン、セイヨウサンザシ、ジオウといった6種類の生薬にビタミンを配合。

 

・マイルドな味が特徴。疲れやストレスが溜まり胃腸の働きが乱れている、食欲が落ちている方に。
・ニンジンやジオウなど7種類の生薬にビタミンを配合。

・滋養をメインにしたスパークユンケルのカフェインレス版。甘さを抑えたすっきり味で栄養ドリンクが苦手な方にもおすすめ。
・イカリソウ、オウセイ、タイソウといった3種類の生薬にビタミンを配合しています。

体質や生活習慣で選ぶユンケル

次の3種類のユンケルに共通して使われている生薬が「イカリソウ」です。

「イカリソウ」は強精作用や強壮作用から腰膝の悩み、疲れて思うように体が動かないような場合に用いられています。

もともとの体質や生活習慣は「疲れ」に大きな影響を与えます。特に虚弱体質や胃腸の弱い方は、無理せずにゆっくりと体調を整えることも考えながらユンケルを活用しましょう。

・イカリソウ、ニンジン、ゴミシ、サンジュユなどの6種類の生薬にビタミンを配合しています。
・ニンジン流エキスが1000mg配合されており、胃腸が弱い人や食欲がない人におすすめです。

 

・疲れで体が重く感じる方や、運動不足と生活習慣が気になる方におすすめ。
・オウセイ、イカリソウ、ニンジンなど4種類の生薬にビタミンを配合。

ここぞ!というときのユンケル

溜まり続けた疲れを何とかしたい、フルパワーで頑張りたい方に人気なのが、生薬がの組み合わせにこだわったシリーズです。

じっくりと見比べて選びたいものですが、気をつけたいのは「値段が高い」イコール「効果が高い」わけではないということです。

効果を感じられるかどうかは、人によって違います。自分の体質や疲れの質に合わせて「特別な1本」を選んでください。

・ハードワークが続き疲れが溜まっている方の滋養強壮に。
・養強壮効果の高いエレウテロコックを500mg、さらにオウセイ、イカリソウ、シベットなど合計6種類の生薬にビタミンを配合しています。

 

・かぜで熱がある時などの栄養補給に。
・エレウテロコック、ゴオウ、オウセイ、イカリソウなどの6種類の生薬にビタミンを配合しています。

 

 

・ハードワークが続く方に。
・エレウテロコックやオウセイ、ハンピ、ローヤルゼリーなど8種類の生薬にビタミンを配合しています。

 

・いざという時やここぞという時に全力でがんばる人におすすめです。
・体を酷使する人の疲れや激しい運動・スポーツで体力を消耗した時の疲れなどに。

・動物性生薬としてハンピ、シベット、ローヤルゼリーを、植物性生薬としてニンジン、イカリソウ、トウチュウカソウ、タイソウなど合計15種類の生薬にビタミンを配合。

 

・勝負したい人や疲れが溜まってとれない人に。

・16種類の生薬が配合されています。
・ニンジン、イカリソウ、ジャショウシなどの植物性生薬と、ハンピ、ローヤルゼリー、シベットなどの動物性生薬にビタミンを配合しています。

 

・ユンケルのなかで生薬配合数が最も多い栄養ドリンク。コウジンは高麗ニンジンの名でも知られる生薬です。
・18種類の植物性生薬と2種類の動物性生薬の合計20種類の生薬にビタミンを配合しています。

ビタミンを補給したいときのユンケル

100mLのドリンク剤のユンケルにはビタミン中心の配合で、肩こりや腰痛の緩和などに効果があるファンテユンケル3Bドリンクや、疲れたときの栄養補給ができるファンテユンケルがあります。

 

・ビタミンB群を中心に配合し、ノンカフェインで飲みやすい味。神経痛や筋肉痛、目の疲れにおすすめです。

・生薬は含まれていません。

 

・比較的飲みやすい、すっきりとしたピーチ味です。仕事が忙しく疲れている人におすすめです。

・エレウテロコック、オウギ、サンヤクの3種類の生薬にビタミンを配合しています。

ユンケルと一緒に飲んでも大丈夫?気になる組み合わせ

ユンケルと薬の飲み合わせ

製薬会社からの情報では「ユンケルと一緒に飲んではいけない薬は特にない」となっており、風邪薬や胃腸薬などと一緒に飲んでも問題はないと考えていいでしょう。

ただし、ユンケルと同じ成分が含まれている薬を一緒に飲むと効き目が強く現れることがあるので、薬を併用している場合は医師や薬剤師に相談してください。

ユンケルと飲食物の組み合わせに注意!

ユンケルにはカフェインが含まれている商品が多数あります。

カフェインは眠気や倦怠感を抑える効果がありますが、過剰に摂取すると中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠、下痢、吐き気などが現れる場合があります。

ユンケルを飲むときは、コーヒーやお茶、エナジードリンク、ココア、コーラタイプのドリンク、またミントガムやチョコレートなどカフェインを含む飲食物を摂取しすぎないよう注意してください。

カフェインを控えたい方はカフェインが含まれていないカフェインゼロタイプ(DCF)のユンケルを選びましょう。

またユンケルには血流改善効果が期待される成分が含まれている商品があるので、アルコール類と一緒に飲むのは控えてください。

おわりに

ユンケルは生活習慣が乱れがちな人や疲れがたまっている人、かぜなどで体力を消耗した人の活力となる栄養ドリンクです。さまざまなタイプのユンケルがありますが、成分や特徴をよく見て、体調の悩みや体質に合わせて選びましょう。

記事で紹介されている商品一覧

    監修薬剤師

    ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

    (経歴)
    • 福岡大学薬学部薬学科卒業
    • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
    • 株式会社大賀薬局
    • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
    編集者ページへ
    小寺 瑶 プロフィール画像
    編集者

    株式会社ミナカラライター押切 隼

    食や健康への興味から、フードマネジメント協会が認定するヘルシー&ビューティー フードアドバイザー3級 を取得しています。薬剤師と二人三脚で、医療と健康に関する情報を正しくお届けします。

    編集者ページへ
    押切 隼 プロフィール画像

    この記事は参考になりましたか?

    • リンクをコピー
    • Twitterでシェアする Twitter
    • Facebookでシェアする Facebook
    • LINEでシェアする LINE
    • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

    関連記事

    ビタミンEは肌にどんな効果がある?シミや色素沈着への効果も解説

    ビタミンEは肌にどんな効果があるのか、肌に塗ることでも効果を発揮できるのかといった疑問への答えを詳しく解説しています。また、ビタミンEがシミやそばかす、色素沈着に対して効果があるのかについても解説。あわせて、ビタミンEを配合した、肩こりや手足の冷えに効く市販薬と、シミや色素沈着に効く市販薬も紹介しています。

    ビタミンEは肌にどんな効果がある?シミや色素沈着への効果も解説
    ご利用に当たっての注意事項
    • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
    • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
    • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
    • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
    掲載情報について

    掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

    使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。