イソジンうがい薬を傷口の消毒薬として使用できるのか解説します

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

市販薬のイソジンうがい薬をケガや手・指の消毒に使えるかを説明します!市販薬のイソジンうがい薬はイソジンきず薬と何が違うのかをわかりやすく解説!

イソジンうがい薬は傷口に使用できない

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL

市販薬のイソジンうがい薬を傷口や手指の消毒に使うことはできません。

イソジン(ポビドンヨード)は用途・使用目的に分けて濃度が異なり、それ以外の用途では消毒効果が上手く発揮されません。

医療現場では手指や皮膚の消毒には7.5%のポビドンヨードを使用し、傷口の消毒には10%のポビドンヨードを使用します。対してイソジンうがい液の濃度はうすめない状態で7%となっています。

イソジンうがい薬とイソジンきず薬ではポビドンヨードの濃度の違いがあり、イソジンうがい薬では傷口や手指に対する消毒の効果を十分に発揮できません。

市販のイソジン ポビドンヨードの濃度 用途(効能・効果)
イソジンうがい薬 7%(使用時に15〜30倍に希釈) 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去
イソジンウォッシュ 7.5% 手指・皮膚の殺菌・消毒
イソジンきず薬 10% ・きり傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけどなどの患部の殺菌・消毒
・とびひ、おできなどの感染皮膚面の殺菌・消毒

イソジンうがい薬に含まれる添加物

イソジンうがい薬には傷口の消毒薬には通常入っていない添加物が入っています。

口に含んだ時の清涼感や整った味のために、エタノールやl-メントール、サッカリンナトリウムが使用されています。

口の中であれば問題のない成分ですが、傷口には刺激となり悪化の原因となるおそれがあります。

また、サッカリンナトリウムは人工甘味料であり、傷口には本来使うものではないので悪影響が考えられます。

なお、傷口に使える「イソジンきず薬」はポビドンヨードの濃度も濃く、エタノールやl-メントール、サッカリンなどの余計な添加物は入っていません。

イソジンうがい液を手洗い消毒に使えるの?

イソジンうがい薬は手洗い消毒に適した濃度ではありません。また、そもそも手洗い用に作られていないため、使用感にも大きな問題があります。

イソジンうがい薬は石けんのように泡立ちません。また、手に色がつき水で洗ってもなかなか落ちません。

イソジンうがい薬でついた色はよく洗えば落ちますが、本来の効能以外の使用用途で使うことにメリットはありません。

なお、イソジンウォッシュのような手洗い専用の消毒薬はイソジンうがい薬より濃い濃度のポビドンヨードを含んでいますが、水で洗うことでポビドンヨード独特の色が残らないように作られています。

おわりに

イソジンうがい薬は傷口にも手洗い消毒にも不向きで使用できません。

イソジンは名前や色が似ていても用途・使用目的によって中身には違いがあるため、きちんと使い分けることが大切です。

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。