口内炎に効く市販薬8選|おすすめの選び方!子供が使える薬も紹介

更新日:

薬剤師監修日:

口内炎の種類ごとに市販薬が使えるかどうかを解説。口内炎に効く市販薬のおすすめの選び方と適切な成分を詳しく解説するとともに、口内炎に効く市販薬を8つピックアップして紹介します。塗り薬・貼る薬・スプレー・飲み薬の4つの剤形ごとに紹介。また、子供が使える薬も紹介。剤形ごとの口内炎の薬の使い方もイラスト付きで解説します。

Edit
山田 真理子 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 山田 真理子
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

口内炎の種類|市販薬が使える口内炎

代表的な口内炎は大きく分けて次の4種類に大別されます。

  • アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)
  • カタル性口内炎(外傷性口内炎)
  • ヘルペス性口内炎
  • カンジダ性口内炎

上記の中でも、アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)とカタル性口内炎(外傷性口内炎)には市販薬を使用することができます。

アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)

アフタ性口内炎は円形または楕円形の、赤く縁取られた白っぽい潰瘍ができる口内炎です。最も一般的な口内炎の症状です。

免疫力の低下や疲労、栄養不足、睡眠不足、ストレスなどが原因で発症します。

カタル性口内炎(外傷性口内炎)

カタル性口内炎は、歯で頰を噛むなどの物理的な刺激や、やけどなど刺激によって起こる口内炎です。

口の粘膜が赤く腫れたり、水ぶくれができたりするのが特徴です。

ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎は、高熱が続いた後、歯茎や舌、唇の裏の粘膜などに多数の小さな水ぶくれができるのが特徴です。

ヘルペス性口内炎は市販薬で治療することができないため、発症の疑いがある場合は病院を受診してください。

カンジダ性口内炎

カンジダ性口内炎は、口の中でカンジダというカビが増殖して、白い苔(こけ)のような斑点ができ、赤くただれるのが特徴の口内炎です。頬の内側や口蓋(口の中の天井部分)にも症状が現れます。

カンジダ性口内炎は市販薬で治療することができないため、発症の疑いがある場合は病院を受診してください。

口内炎の薬の選び方|おすすめの成分は?

口内炎の市販薬は、ざっくり分けて炎症や痛みを緩和させる薬とビタミン不足を改善する薬の2種類に大別できます。

症状をできるだけ早く改善したい場合は、ビタミン剤ではなく炎症をおさえる成分を配合した薬を使用することをおすすめします。なお、炎症をおさえる薬とビタミン剤を併用することは可能です。

口内炎の薬の選び方|剤形で選ぶ

基本的に、口内炎を治したい場合は塗り薬か貼り薬を使用することをおすすめします。

その他、痛みがひどくて食事がしにくい場合は貼り薬を、口内炎の患部を直接触りたくなかったり手が届かなかったりする場合はスプレーを使用する、といった選択肢も良いでしょう。

どんなときにどのような剤形の薬を選ぶのが良いかについて、次の表にまとめました。自分の状態に合った薬を選びましょう。

どんなときに どんな薬
基本的な対処法として

▶︎塗り薬
▶︎貼り薬

傷があって保護したいとき、痛みがひどいとき ▶︎貼り薬
直接触りたくない、あるいは手が届きにくいとき ▶︎スプレータイプ
塗り薬を使用したくないとき ▶︎飲み薬

口内炎におすすめの成分は?

口内炎におすすめの成分はステロイドまたはアズレンスルホン酸ナトリウムです。

いずれも抗炎症成分のため、炎症性の疾患である口内炎に効果を発揮します。

口内炎に効く市販薬8選|おすすめの成分配合

口内炎に効く市販薬のうち、おすすめの成分を配合した薬を8つピックアップしました。

塗り薬・貼り薬・スプレー・飲み薬の4つの剤形に分けて紹介します。

塗り薬

口内炎に効く市販薬のうち、塗り薬タイプの薬を紹介します。

トラフル軟膏PROクイック 5g【指定第二類医薬品】

特徴
  • ステロイド成分「トリアムシノロンアセトニド」配合

ステロイドの抗炎症成分トリアムシノロンアセトニドを配合した軟膏タイプの塗り薬です。口内炎の患部に直接作用して、炎症や痛み、腫れを鎮めます。

円形または楕円形の、赤く縁取られた白っぽい潰瘍ができるアフタ性の口内炎に使用できます。

サトウ口内軟膏 8g【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • 塗るとゼリー状に固まり、患部を保護

抗炎症成分のアズレンスルホン酸ナトリウムを配合した軟膏タイプの塗り薬です。

唾液と接触することで固まる成分を使用しているため、塗ることで口内炎の患部を保護することができます。

貼る薬

口内炎に効く市販薬のうち、貼り薬(パッチ)タイプの薬を紹介します。

口内炎パッチ大正クイックケア 10枚【指定第二類医薬品】

特徴
  • ステロイド成分「トリアムシノロンアセトニド」配合
  • 強い付着力で患部を刺激からしっかり保護する

ステロイドの抗炎症成分トリアムシノロンアセトニドを配合した貼り薬タイプの薬です。

円形または楕円形の、赤く縁取られた白っぽい潰瘍ができるアフタ性の口内炎に使用できます。

貼ると患部にしっかりとくっ付くため、患部を刺激からブロックすることができます。

口内炎パッチ大正A【第三類医薬品】

特徴
  • 非ステロイド性の抗炎症成分「グリチルレチン酸」「シコンエキス」配合

抗炎症成分のグリチルレチン酸とシコンエキスを配合した貼り薬タイプの薬です。

貼ると患部にしっかりとくっ付くため、患部を刺激からブロックすることができます。炎症をおさえるとともに、傷口の治りを早めます。

スプレータイプ

口内炎に効く市販薬のうち、スプレータイプの薬を紹介します。

【第3類医薬品】アズレンのどスプレーグーバ 30mL【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • QRコードから薬剤師に無料相談ができる

痛みや腫れの元になる炎症を鎮める有効成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」を配合。

炎症部位へ直接噴射できる長いノズルを採用しているため、口内炎を直接触りたくなかったり、手が届きづらい場所に口内炎がある場合におすすめです。

服用後もQRコードから薬剤師に無料相談ができる市販薬です。

チョコラBB口内炎リペアショット 30ML(第3類医薬品)【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • 殺菌成分「セチルピリジニウム塩化物」配合
  • スーッとするとする使用感

抗炎症成分のアズレンスルホン酸ナトリウムと、殺菌成分のセチルピリジニウム塩化物を配合したスプレータイプの薬です。

手が汚れにくいキャップ付きのスプレータイプのため、口内炎を直接触りたくなかったり、手が届きづらい場所に口内炎がある場合におすすめです。

飲み薬

口内炎に効く市販薬のうち、飲み薬タイプの薬を紹介します。

トラフル錠 24錠【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「トラネキサム酸」配合

抗炎症成分のトラネキサム酸を配合した、飲み薬タイプの薬です。

その他、炎症をおさえるカンゾウ乾燥エキス、皮膚や粘膜の機能を正常に働かせるビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを配合。

チョコラBBプラス【第三類医薬品】

特徴
  • ビタミンB群を配合したビタミン剤

ビタミンB群(B1・B2・B6)を配合した飲み薬タイプの薬です。小粒で飲みやすい錠剤です。

子供が使える口内炎に効く市販薬6選

上記で紹介した口内炎の市販薬の中でも、子供が使用できる薬をピックアップしました。

塗り薬|ステロイド配合

トラフル軟膏PROクイック 5g【指定第二類医薬品】

特徴
  • ステロイド成分「トリアムシノロンアセトニド」配合

ステロイドの抗炎症成分トリアムシノロンアセトニドを配合した軟膏タイプの塗り薬です。口内炎の患部に直接作用して、炎症や痛み、腫れを鎮めます。

塗り薬|ノンステロイドの抗炎症成分配合

サトウ口内軟膏 8g【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • 塗るとゼリー状に固まり、患部を保護

抗炎症成分のアズレンスルホン酸ナトリウムを配合した軟膏タイプの塗り薬です。

唾液と接触することで固まる成分を使用しているため、塗ることで口内炎の患部を保護することができます。

貼る薬|ステロイド配合

口内炎パッチ大正クイックケア 10枚【指定第二類医薬品】

特徴
  • ステロイド成分「トリアムシノロンアセトニド」配合
  • 強い付着力で患部を刺激からしっかり保護する
  • 5歳から使用できる

ステロイドの抗炎症成分トリアムシノロンアセトニドを配合した貼り薬タイプの薬です。

円形または楕円形の、赤く縁取られた白っぽい潰瘍ができるアフタ性の口内炎に使用できます。

貼ると患部にしっかりとくっ付くため、患部を刺激からブロックすることができます。

貼る薬|ノンステロイドの抗炎症成分配合

口内炎パッチ大正A【第三類医薬品】

特徴
  • 非ステロイド性の抗炎症成分「グリチルレチン酸」「シコンエキス」配合
  • 5歳から使用できる

抗炎症成分のグリチルレチン酸とシコンエキスを配合した貼り薬タイプの薬です。

貼ると患部にしっかりとくっ付くため、患部を刺激からブロックすることができます。炎症をおさえるとともに、傷口の治りを早めます。

スプレータイプ|抗炎症成分

【第3類医薬品】アズレンのどスプレーグーバ 30mL【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • QRコードから薬剤師に無料相談ができる

痛みや腫れの元になる炎症を鎮める有効成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」を配合。

炎症部位へ直接噴射できる長いノズルを採用しているため、口内炎を直接触りたくなかったり、手が届きづらい場所に口内炎がある場合におすすめです。

服用後もQRコードから薬剤師に無料相談ができる市販薬です。

チョコラBB口内炎リペアショット 30ML(第3類医薬品)【第三類医薬品】

特徴
  • 抗炎症成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」配合
  • 殺菌成分「セチルピリジニウム塩化物」配合
  • スーッとするとする使用感

抗炎症成分のアズレンスルホン酸ナトリウムと、殺菌成分のセチルピリジニウム塩化物を配合したスプレータイプの薬です。

手が汚れにくいキャップ付きのスプレータイプのため、口内炎を直接触りたくなかったり、手が届きづらい場所に口内炎がある場合におすすめです。

口内炎の薬の使い方

口内炎の薬は使い方にコツが必要な場合もあります。正しい使い方を確認しましょう。

原則としては、それぞれの薬に書かれている用法用量を守って使用してください。

ここでは剤形ごとの薬の使い方を紹介します。

塗り薬の使い方

口内炎の薬の使い方|塗り薬

1.うがい(可能であれば歯磨き)をする

2.患部の水分をガーゼなどでとる

3.清潔な手または綿棒に薬を少量とって、患部を覆うように塗る

塗り薬を使用した後は飲食を控えた方が成分が浸透しやすいため、なるべく食後に使用することをおすすめします。

貼り薬(パッチ)の使い方

貼り薬(パッチ・貼付け錠)の使い方

1.うがい(可能であれば歯磨き)をする

2.患部の水分をガーゼなどでとる

3.清潔な手でパッチを1枚とり、患部を覆うように貼る

4.指で数秒間おさえ、そっと指を離す

理想は食後に使用することが望ましいですが、痛くて食事ができないなどで口内炎の患部を保護したい場合は、食前に使用するのも良いでしょう。

食前に貼る場合は、しっかりと患部に吸着したのを確認してから飲食を始めてください。

スプレー

1.患部に噴射する

息を吸いながら使用すると薬液が気管支や肺に入ることがあるため、のどの奥に使用する場合には、声を出しながら噴射してください。

こんなときは病院へ

口内炎は市販薬で改善できることもありますが、症状によっては別の病気が原因となっているおそれがあります。

次のいずれかに当てはまる場合は、一度病院を受診することを推奨します。

  • 市販薬を使用しても改善がみられない
  • 患部がだんだん大きくなっている
  • 再発を繰り返す
  • 口内炎が同時に多数できる
  • 多数の小さな水ぶくれができている
  • 口内に全体的にこけ状の斑点ができている

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師山田 真理子

(経歴)
  • 同志社女子大学薬学部医療薬学科卒業
  • 医療法人徳洲会岸和田徳洲会病院
  • 有限会社わかば薬局
  • 株式会社杏林堂薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
山田 真理子 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

編集者ページへ
島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

ミナカラの5つの特徴

オンラインで安心して薬が買える

現在、800種類の薬が買えます。取り扱い数は拡大予定です。

薬の正しい情報が5000件以上蓄積

薬剤師がコンテンツを精査し、信頼性の高い“正しい情報”をお届け

薬を購入する前に薬剤師に相談できる

薬剤師にLINEで相談。薬を買った後もしっかりフォロー。

送料無料最短翌日配送

14時までのご注文で翌日配送が可能です。

えらべるお支払い方法

クレジットカード・Amazon PayApple Pay ...

ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。